検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. [ガーミン][プロトレック][スント]3大アウトドアウォッチ 登山ガチ比較レポート③「独自機能&アプリ対決」

[ガーミン][プロトレック][スント]3大アウトドアウォッチ 登山ガチ比較レポート③「独自機能&アプリ対決」

NEWS

2021.01.14

日本中でブームになっている登山。どんどん増え続けるクライマーの中で今注目を集めているのが、GPSでナビしてくれたり、心拍やペースを計測してくれたりする高性能なスマートウォッチなんです。そこで、『Garmin』『CASIO PROTREK』『SUUNTO』の3大アウトドアブランドから、フラッグシップモデルを実際に登山に持ち込みガチ比較を決行。第3回は「独自機能&アプリ」を比較検証します。一番使えるモデルは果たしてどれだ!

ガチ対決エントリーモデルはこの3本!

それではガチ対決に入る前に、今回エントリーした3モデルを紹介していきましょう。
エントリー
GARMIN
Fenix 6 Pro Dual Power
ガーミン フェニックス6 プロ デュアル パワー

最上位シリーズのマルチスポーツGPSウォッチ
複数の衛星システムを活用した正確なナビシステム、高精度な光学式心拍計、ソーラー充電機能など、アウトドアで役立つ機能が満載。チタン合金も使った重厚感あふれるデザインで、Suicaにも対応と、ビジネスシーンでも機能美と洗練されたスタイルが映える1本です。
Fenix 6 Pro Dual Power Slate Gray DLC / Black

Amazonで詳細を見る

エントリー
CASIO PRO TREK
PRO TREK SMART
カシオ プロトレック スマート


Wear OS搭載! カラー地図表示のGPSウォッチ
CASIOの本格アウトドア腕時計シリーズ「PRO TREK」から登場した、GPS搭載スマートアウトドアウオッチ。Wear OS by Googleを搭載しており、多彩なアプリを追加可能。電波圏外でも現在地が表示されるカラー地図など、アウトドアで役立つ機能を多く備えています。
PRO TREK Smart WSD-F30
Amazonで詳細を見る

エントリー
SUUNTO
SUUNTO 9 Baro
スント スント 9 バロ

最大120時間の運動追跡!タフネスGPSウォッチ
SUUNTOのマルチスポーツ対応GPSウォッチのフラッグシップ機。強靭なボディには気圧高度計測機能や、GPS記録オンの状態でも120時間までエクササイズを記録できるロングバッテリーを搭載。長時間の過酷な屋外トレーニングやレースでも抜群の力を発揮します。
SUUNTO 9 BARO Titanium
Amazonで詳細を見る

Round3

独自機能&アプリ対決

音声入力、ソーラー充電、Suica搭載、圧巻のロングバッテリー……。この3モデルのスマートウォッチは、それ1つで購入の決め手になるような独自機能をそれぞれが備えています。今回はそんな独自機能をモデルごとに徹底比較。また、登山の詳細なログを記録でき、アプリで確認したりアプリで登山前にルート作成もできたりするのもスマートウォッチの魅力ですが、独自機能と並行してアプリの使い勝手も対決していきます!

GARMIN
Suica搭載にソーラー充電魅惑の独自機能が揃う
マルチスポーツGPSウォッチの最上位モデルの本機には、2020年からGarminが対応をスタートしたSuicaをはじめ、うれしい独自機能が複数。バッテリーの持ちもよくビジネスシーンの使用にも向いています。また、登山のログはGarminのアプリ「Garmin Connect」で確認可能。時間、距離、消費カロリー、平均心拍数などのデータも表示されます。ブラウザ版のアプリは事前のルート作成に便利です。

(左)ソーラー充電機能も搭載している本機。太陽光と電池とのデュアルパワーによって、最大80時間のロングバッテリーを実現しています。(右)Suicaの支払いに対応しており、荷物の多い登山の前後の買物も楽に済ませられます。スマホのアプリで設定すればすぐに使用が可能です。
(左)登山中にトラッキングを行うと、アプリ上には歩いたルートと時間、距離、消費カロリーなどの詳細な記録が残されます。(中)歩いたスピードや心拍数はグラフでも確認可能。高度や当日の気温などのデータまでグラフで見られるのがとても楽しいです。(右)登山前のルート作成はブラウザ版の「Garmin Connect」で簡単に行えます。gpxデータの形で取り込むことも可能です。

CASIO PRO TREK
Wear OS by Google搭載で拡張性の大きさが強みに
Wear OS by Googleを搭載している本モデルは、サードパーティのアプリを追加可能なのが大きな魅力。登山以外のシーンで活躍する機能も多いので、普段使いを想定している人も注目です。Googleのサービスやサードパーティのアプリとの連携がいいのが本モデルの特徴。移動した経路をGoogle Earthで振り返れる機能は特に楽しいです。

(左)「OK Google」と話しかけて操作するGoogleアシスタントを搭載。簡単なウェブ検索なども可能です。(右)手元の操作でも多様なアプリを追加可能。ランニングなどほかの運動で使えるアプリも多いです。
(左)トラッキングしたデータをGoogle Earthに取り込めるのも魅力。左の画像のような形で当日の経路を見ることが可能です。(中)登山をした時間はGoogleカレンダーにも記録として取り込めます。移動した距離などのデータもそこに残せるのが便利です。(右)登山者向けアプリ「YAMAP」からは登山地図を取り込むことが可能。事前に取り込んでおくとオフラインでも使えます。

SUUNTO
GPSをオンにした状態でもバッテリーは120時間稼働!
アウトドアのアクティビティに使える機能を豊富に揃えつつも、バッテリーの持ちが非常にいいのがこのモデルの特徴。過酷な環境下にも耐えうる強度と耐久性も大きな魅力といえます。時計のディスプレイ上の表示はシンプルなSUUNTO 9ですが、登山後にログを見ると、残されたデータの詳細さに驚くはず。アプリ上でのルート作成や取り込みも慣れればとても簡単です。

(左)3種類のバッテリーモードがあり、GPSトラッキングをオンにしても最大120時間稼働します。(右)レンズは高強度でキズがつきにくいサファイアクリスタル。ベゼル部にチタン採用のモデルも。
(左)スマホのSUUNTOアプリ上のマップ画面。山の多いエリアでは「人気のルート」が表示され、そのルートも取り込めます。(中)登山中に歩いたルートも正確に記録されています。距離、消費カロリー、平均ペース、累積上昇/下降高度などのデータも分かります。(右)登山中の速度、心拍数、高度などのデータは上記の画像のようにグラフでも表示可能。登山を振り返るのが楽しくなります。

登山の実力は伯仲するもそれぞれ個性豊か

今回エントリーした3モデルは、各ブランドのフラッグシップだけあって、登山のパートナーとしてどれもおすすめできるもの。どれを買うか迷ったら独自機能が決め手になるかもしれません。『Garmin』はなんと言ってもソーラー充電がウリ。常に充電切れが気になるスマートウォッチですが、最大80時間のバッテリーライフは非常に心強い存在です。さらにSuicaによるキャッシュレス決済ができるのも『Garmin』の強みでしょう。登山だけではなく普段でも使えるようなスタイリッシュなルックスですが、キャッシュレス決済の搭載で、ますますデイリーユースで役立つ1本となっています。アプリの出来も秀逸で登山の準備や登山後のデータ管理もまったくストレスを感じさせません。カスタマイズ好きや新しもの好きには『PRO TREK』がおすすめです。『PRO TREK』は「Wear OS」を搭載しているので、好きなアプリをダウンロードできますし、音声アシスタントも使用できます。インストールしたアプリによって、登山ウォッチとはまったく別の用途でも使えるのです。OSを開発したGoogleのサービスと綿密に連携できるのもストロングポイント。Google Earthにルートをルートをオーバーレイしたり、登山のスケジュールがGoogleカレンダーに自動登録されたりと便利に使うことが可能です。『SUUNTO』はこの中では最も登山に特化したストイックな存在と言ってもいいでしょう。地図上の登山ルートをたどりながら、高度と心拍数、速度が分かるアプリの機能は、登山家が自分の実力を測るのに大いに役立ちます。また、事前のルート登録では世界中の山好き『SUUNTO』ユーザーが作成したルートが多数アップデートされており、それをダウンロードすることも可能。登山愛好家のコミュニティーが活用できるのも強みです。機能性ばかりではなく、北欧スタイルのシンプルなデザインも人気で、まさに才色兼備なモデルと言えるのが『SUUNTO』なのです。

Photo/HIROAKI KAWATA
Text/SEIICHIRO FURUSAWA
Model/YUTO TSUJIMOTO

●Round1「登山データ対決」はこちら

[ガーミン][プロトレック][スント]3大アウトドアウォッチ 登山ガチ比較レポート①「登山データ対決」

●Round2「ナビゲーション対決」はこちら

[ガーミン][プロトレック][スント]3大アウトドアウォッチ 登山ガチ比較レポート②「ナビゲーション対決」

『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』なら、登山、ゴルフ特集など全21ブランド200以上の最新モデルが一気に見られます!

 

 

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SmartWatchLifeでは「LINE公式アカウント」を開設しました!

スマートウォッチライフではLINE公式アカウントの運用を開始しました!
スマートウォッチライフでは、スマートウォッチに関する最新ニュースをはじめ、レビュー記事や製品情報など、みなさまのお役に立つ情報をLINE公式アカウントよりお届けします。

以下の友だち追加ボタンをタップしてください。
「友だち登録」で、最新記事をタイムリーに受け取ることが可能になります。ぜひ「友だち登録」をお願いします!

友だち追加

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  3. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  4. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  5. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2021年 最新版】

  6. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  7. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  8. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

NEW CONTENTS

  1. ワコムの5000円台で買えるペンタブ「One by Wacom」がChromebook対応製品として認定

  2. 「LINE」がレシート撮影で簡単に支出管理ができる「LINEレシート」をリリース

  3. 「SUUNTO 7」「SUUNTO9」 で使えるスタイリッシュなストラップが2月1日より発売開始

  4. 丸洗いも可能! 販売数No.1ポータブルスピーカー「JBL CLIP」の最新モデルが登場

  5. 2021年版 スマートウォッチ完全ブランドガイド『SUUNTO』編

  6. プロキャディ杉澤伸章が語る『Garmin』「Approach Z82」動画が公開

  7. ジャンク品も売却可能!フリマアプリ「ラクマ」がスマートフォンの買取サービス開始

  8. 女性にオススメのスマートウォッチ10選

  9. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  10. 昔からのSUUNTOユーザーは要注意!「Movescount」が1月26日に終了

TAG

タグをさらに表示