検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. smartnews
  3. デキるビジネスパーソンはなぜスマートウォッチを使うのか? 最高の時短アイテムの使い方

デキるビジネスパーソンはなぜスマートウォッチを使うのか? 最高の時短アイテムの使い方

smartnews

2021.02.04

すべてのビジネスパーソンはスマートウォッチを使うべきだ

分刻みのスケジュールで動くビジネスパーソンにとって時間はまさに金。一分一秒も時間も無駄にしたくない、もっと効率を高めたい、そんな人にこそ絶対に必要なアイテムがスマートウォッチなんです。通知でリマインドしてくれたり、音声の質問に答えてくれたりと、ますます高機能化するスマートウォッチはまるであなた専属の秘書。さあスマートウォッチをあなたの仕事の相棒にしませんか?

スマートウォッチは“即レス”の強い味方

スマートウォッチのもっとも基本的な機能が「通知」です。メールの着信やスケジュールのアラートなど、スマホと同じ通知が腕元の時計にも届くという至極単純な機能ですが、これが実にビジネス効率化に役立つのです。

腕元に通知が来ることで電話やメールの着信をうっかり見逃すことが少なくなります。さらにスマートウォッチはビジネスの基本となる“即レス”にも強い効果を発揮するのです。それは電話着信やメールに、スマートウォッチ本体で返信することができるモデルが増えたため。スマホに持ち替えたりPCを開いたりするひと手間がなくなるだけで、返信を後回しにしようというマインドが吹き飛ぶというわけです。
メールの着信が腕元に来たら、即返信。とくにWear OSを搭載するモデルは腕元で日本語のソフトウェアキーボードが使え、フリック入力も可能。比較的長い文字量の返信でも、短時間で入力が完了します。着用時計/FOSSIL THE CARLYLE HR 4万2000円(問フォッシル ジャパン)

スマートウォッチを活用して時間を節約しよう

スマートウォッチに慣れると、スマホを取り出す機会が減り、確実に時短を達成できます。スケジュール管理をデジタル化しているビジネスパーソンは多いですが、アラートを腕元で受け取れば見逃すこともなくなるので、いちいち自らスマホで確認する手間がなくなります。今や仕事のコミュニケーションツールにもなっている「LINE」も腕元でメッセージを確認できるモデルがあります。スマートウォッチに届く通知は任意で選べることが多く、通知が多くて煩わしければ、必要な通知だけチョイスしましょう。

メジャーなスケジュール管理アプリならほとんどのスマートウォッチで予定の通知を受け取れます。写真の「Apple Watch」のように予定一覧を表示できる機種もあります。着用時計/Apple Watch Series 6 レザーループ(44mm)8万2800円 (問アップル)

 

使用率の多いラインもスマートウォッチで着信通知が受けられます。ただ、メッセージまで見られるか、返信ができるかはモデルによって異なるのでよく使う人は購入前に確認が必要です。

ほとんどのスマートウォッチは、スマホ側で、スマートウォッチへ通知するアプリを選択することができます。必要のないアプリはオフにしておきましょう。

ハンズフリー通話でさらに効率的に!


最近スマートフォンとワイヤレスイヤホンを繋いでハンズフリー通話をする人が増えてきました。ビジネスマンでも活用している方が多いのではないでしょうか。その際もスマートウォッチがあれば、ワイヤレスイヤホンより一歩進んだハンズフリー通話が実現できます。まず、腕元に誰が電話を掛けてきたのか表示できるのは、ワイヤレスイヤホン単体ではできない芸当。発信主をスマートウォッチで確認してから応答/拒否の選択が時計上で可能になります。ワイヤレスイヤホンでハンズフリー通話をしていると、忙しいときに営業や勧誘電話に出てしまうこともありましたが、スマートウォッチなら応答する相手を選べるわけです。もちろんウォッチ本体からの発信ができるなど、スマホレスで電話を使えます。

WearOS端末ならダイヤルで発信可能。住所録や音声からも発信できます。

 

応答できない場合はメッセージを送ることもできます。

完全スマホレスでの運用を目指すなら、スマートウォッチのみで通話ができるApple Watchのセルラーモデル一択となります。セルラーモデルで通話するためには、携帯キャリアとの契約が必要。すでにApple Watchに対応しているキャリアと契約中なら、月額数百円の追加料金で済みます。

Googleサービスに“どっぷり”ならWear OS×Android一択!

ビジネスパーソンでGoogleのサービスを使っている人は非常に多いのではないでしょうか。Wear OSはGoogleが開発したこともあり、やはり同社のサービスと相性がいいのは事実。さらにWearOSはiPhoneともペアリングできますが、Android端末とペアリングすると本領を発揮します。例えばGmailの時計本体からの返信は、WearOS×Androidの組み合わせが必須など、iPhoneでは機能が制限されていることも多々あるのです。Googleサービスを多様しているなら、WearOS×Androidという選択が最強でしょう。
「Apple Watch」ではGmailの本文は読めますが返信はできません。

 

WearOS×Androidケータイならソフトウェアキーボードで返信可能。

Model:TAKASHI
Photo:HIROAKI KAWATA
Styling:KAZUKI KOMAGO

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年 最新版】

  3. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  4. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  6. 『ねこあつめ』が実はApple Watchに対応している件。腕元で見るだけで癒やされる!

  7. iPadをPC替わりに! タッチパッド付き薄型軽量キーボード 3000円台でサンワサプライから発売

  8. Apple Watch危うし! 所有スマートウォッチランキングが意外な結果に 読者アンケート結果発表

  9. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. 最大酸素摂取量や疲労計測まで!スマートウォッチの最新機能がすごい!②

  2. 早め早めの行動に役立つ! AppleWatchの時間を進めて表示する方法

  3. 専門サイトが選定! 睡眠追跡機能に優れたスマートウォッチのブランド&モデルはコレだ

  4. 絶対に喜ばれる! ホワイトデーにオススメのスマートウォッチを厳選

  5. 1000円戻ってくる!Apple Watchでも使える「PASMO」の「Apple Pay」キャンペーン

  6. 覚えると超便利!Apple Watchでスクリーンショットをとる方法

  7. Apple Watch,Garmin,wena,Fitbit キャッシュレス対応スマートウォッチと使えるサービス総まとめ

  8. 中村桜、湯浅かえで、森田涼花ら人気声優が時報や天気を読み上げ! Zeenyのバーチャルアシスタントアプリが面白い

  9. 時計があなたの専属コーチに!スマートウォッチの先端健康機能がすごい!①

  10. コンパクトスマートウォッチの決定版 Suica対応『Fitbit』 Charge4発売開始

TAG

タグをさらに表示