検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. 【ついに出たG-SHOCK,Huawei,polar etc】今年は当たり年!第1四半期に発売されたスマートウォッチ総まとめ Part2

【ついに出たG-SHOCK,Huawei,polar etc】今年は当たり年!第1四半期に発売されたスマートウォッチ総まとめ Part2

REVIEW

2021.04.17

待望のG-SHOCKも登場!スマートウォッチ大豊作だった第1四半期を振り返り!!

ますます盛り上がりを見せるスマートウォッチ。2021年も早いもので1/4が過ぎましたが、この第1四半期は話題のスマートウォッチが驚くほど沢山登場しました。
そこで、本記事ではそんなニューカマーたちを2回に分けてダイジェストでご紹介。きっと気になるモデルが見つかるはずです。

PART.1はこちら
【Garmin、Fitbit、SUUNTO】今年は大豊作!2021年第1四半期に発表されたスマートウォッチ総まとめ Part.1

G-SHOCK G-SQUAD PRO


待ちに待ったG-SHOCK版スマートウォッチ。精密機器たるスマートウォッチをアウトドアに持ち出すのはやや気が引けるもの。G-SHOCKにスマートウォッチがあればと、何度思ったことでしょう。ようやくその夢が叶いました。

今回発表された『G-SHOCK』初のWear OS by Google搭載スマートウォッチは、『G-SHOCK』のスポーツライン“G-SQUAD”からマルチスポーツ対応の『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」。発売日は5月15日です。

この『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」は、もちろんG-SHOCKならではの耐衝撃構造を備え、防水性もなんと20気圧防水とスマートウォッチとしては圧倒的なタフさを誇ります。さらに、GPSや光学式心拍センサー、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーなどを搭載することで、ランニングなどの日々のワークアウトから、サーフィン、スノボといったエクストリームスポーツまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。

『CASIO』のプロ用登山スマートウォッチ「PRO TREK Smart」でも採用された「二層構造ディスプレイ」も本機の特徴。この「二層構造ディスプレイ」は、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを表示するリッチなカラー液晶を重ねたもの。用途によって表示するディスプレイを分けることで、最大1ヶ月のバッテリーライフを実現しています。

もちろん、手元でスマホの通知を受けたり、音声アシスタント「Googleアシスタント」を使って操作したり、Gmailの返信をしたりと、Wear OSのスマート機能を使うことが可能。また、無数のサードパーティ製アプリをダウンロードすることで、機能の拡張もできます。G-SHOCKのように丈夫でガンガン使えるスマートウォッチがほしい、というのはスマートウォッチユーザーなら誰もが一度は思うこと。ついに実現したG-SHOCK版スマートウォッチ、今季最大の話題作と言っても過言ではありません。

製品概要

・型番
GSW-H1000-1 ブラック×ブルー
G-SHOCK
GSW-H1000-1A ブラック

GSW-H1000-1A4 レッド
G-SHOCK
・価格:8万8000円(税込)
・発売日:5月15日
・防水:20気圧防水
・サイズ:約65.6×56.3×19.5mm
・重さ:約 103g(バンド含む)
・ディスプレイ:1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
・GPS:搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
・センサー:光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
・バッテリー持続時間:通常使用(カラー表示)約1.5日 時計とセンサーのみ(タイムピースモード)約1ヶ月 ※使用環境によって変動
・マイク:搭載

●公式サイト
『G-SQUAD PRO』「GSW-H1000」

●問い合わせ
カシオ計算機 お客様相談室 TEL.03-5334-4869(時計専用)

polar Vantage M2/Ignite2(ポラール ヴァンテージM2/イグナイト2)

1982年に世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発し、以来プロアスリート御用達となっているフィンランドブランド『Polar』。そんな『Polar』から、ブランドを代表するモデルであるGPSマルチスポーツウォッチ「Polar Vantage M2」と、GPSフィットネスウォッチ「Polar Ignite 2」が発表されました。「Polar Vantage M2」は4月15日に発売、「Polar Ignite 2」は5月中旬発売を予定しています。

今回2世代モデルが登場したのは『Polar』の人気機種「Polar Vantage M2」(ポラール ヴァンテージ エム ツー)と「Polar Ignite 2」(ポラール イグナイト ツー)。「Polar Vantage M2」は『Polar』のフラッグシップ、「Polar Ignite 2」はミドルレンジモデルに相当するもの。いずれのモデルも、心拍、カロリー消費、移動距離、歩数など、ユーザーのアクティビティを24時間モニタリングしトレーニングの質の向上や、健康管理を行うことができます。
「Vantage M2」と「Ignite 2」に追加された新機能として最初に紹介したいのが、「使用エネルギーの分析」。この機能はトレーニングセッション中に消費されたエネルギー源の内訳を、三大栄養素別(脂肪、炭水化物、タンパク質)に表示。この内訳は、トレーニング時の心拍数や身長、体重、最大酸素摂取量(VO2max)などのユーザの身体情報を基に算出できます。
また、省電力設定によるウルトラロングバッテリーも特徴。トレーニング時にGPSの高精度記録と心拍計測を行う場合は最大30時間、心拍計測をオフ・GPSの記録間隔を変更できる省電力設定にした場合は最大100時間、デイリーユースで24時間活動量記録、心拍計測を行った場合は最大7日間の連続使用が可能です。

「Polar Vantage M2」製品概要

polar
・発売日:2021年4月15日
・サイズ:直径46mm×厚さ12.5mm
・重さ:45.5g(リストバンド含む)
・防水:30m防水(WR30)
・カラー:ブラック・グレー、ゴールド・シャンパン、カッパー・ブラウン、グレー・イエロー(限定色)(全てS&M/Lサイズ)
・価格:4万3780円(税込)
●公式サイト
https://www.polar.com/ja/vantage/m2

「Polar Ignite 2」製品概要

polar
・発売日:2021年5月中旬予定
・サイズ:直径43mm×厚さ8.5mm
・重さ:35g(リストバンド含む)
・防水:30m防水(WR30)
・カラー:ブラックパール、ゴールド・シャンパン、ローズゴールド・ピンク、ストームブルー(限定色)(S&M/Lサイズ、ローズゴールド・ピンクはSサイズのみ)
・価格:3万2780円(税込)
●公式サイト
https://www.polar.com/ja/ignite2

HUAWEI Band 4e


ファーウェイ
ファーウェイから画期的な新製品として2月5日に発売されたのが「HUAWEI Band 4e」。なんと、付属のバックルにより靴に装着し、足元での計測を可能としたスマートバンドなんです。

腕元では高耐久なストラップによりスマートバンドとして活躍してくれる『HUAWEI Band 4e』。しかし、ひとたび靴に装着してフットモードに切り替えれば、バスケットボールとランニング、サイクリングにおいてより詳細なデータを計測してくれる心強い相棒となってくれます。なお、フットモードでは、HUAWEI WATCH GT 2シリーズ(『HUAWEI WATCH GT 2 Pro』、『HUAWEI WATCH GT 2』、『HUAWEI WATCH GT 2e』)と組み合わせることでより詳細な計測を行うことも可能です。ランニングにおいては9つのランニングフォーム測定基準に基づいたデータを提供し、パフォーマンス効率の改善に貢献。サイクリングではより効果的なケイデンス(1分間にペダルが回転する数)を導き出すのに役立ってくれますし、バスケットボールではジャンプデータを含めた動きの総合的な統計データをスマートフォンやタブレットにインストールしたHUAWEI Healthアプリから確認することができるんです。しかもバッテリーは最大2週間持続するというロングライフ。こんな多機能なスマートバンドが2980円とはかなりお買い得と言えるでしょう。

・モデル名:HUAWEI Band 4e
・バッテリー:約 14日
・サイズ:40.5 × 14.8mm / 厚さ:11.2 mm
・重さ:約6g
・防水:5気圧
・センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー
・対応OS:Android4.4以上、iOS9.0以上
・通信規格Bluetooth4.2
・価格:2980円(税抜)
Amazonで詳細を見る
●公式製品ページ
ファーウェイ

Amazfit T-Rex Pro

1万円を切る価格ながら驚きの高性能で話題を呼んだ『Amazfit band 5』など、コスパ抜群のスマートウォッチで人気を呼んできた『Amazfit』。2020年上半期の世界スマートウォッチ市場ではシェア6位(前年比51%増)と、急成長を遂げたスマートウォッチブランドです。
同ブランドの新作『Amazfit T-Rex Pro』が日本でも発売開始。GPSを含む4種の測位衛星システムに対応し、15種類の軍事グレードテストに合格したアウトドア向けのタフネスモデルで、公式オンラインショップの価格は2万8800円。スマホの通知等の基本機能はもちろんのこと、最長18日間のロングバッテリー、睡眠モニタリング、血中酸素飽和度測定などの機能も備えており、そのコストパフォーマンスは圧巻。アウトドアアクティビティで使用するスマートウォッチの新定番になりそうです。
常時オンの1.3インチHD AMOLEDカラーディスプレイは表示も鮮明。見たい情報にすぐにアクセスすることができます。本体はバンド部込みで約60gと軽量で、メタリックな質感のアウターベゼルは硬質な輝きを放ちます。なお本モデルは15種類の軍事グレードテストに合格しており、灼熱の砂漠や湿気の多い熱帯雨林、極寒の極地などの環境下においても使用できる性能を備えたもの。アウトドアシーンでの使用には最適なスマートウォッチといえます。

スペック詳細と公式サイトはこちら!

Amazfit T-Rex Pro – Amazfit Japan オフィシャルサイト

realme Watch S

『realme』はここ日本では聞き慣れない名前ですが、現在グローバル市場では急速な成長を続けている企業。Counterpointが発表した2020年第3四半期の世界スマートフォン出荷統計では、『realme』の世界スマートフォン販売台数は5000万台を突破、世界最速で5000万台を達成したスマートフォンブランドとなっているなど、若者を中心に今人気急上昇中なんです。
そんな『realme』がついに日本上陸。1万円台の低価格ながら高機能を実現した「realme Watch S」でも手に入るようになりました。

『Garmin』をはじめとする高級スマートウォッチメーカーが続々と対応を発表している「血中酸素レベル計測」機能。この「血中酸素レベル計測」とは、文字通り血液中に取り込まれた酸素のレベルを測るもので、体調やトレーニングでの有効な指標になります。
先述の通りこの「血中酸素レベル計測」は『Apple Watch』『Garmin』など、高級スマートウォッチが搭載する機能ですが、「realme Watch S」はなんとお値段約1万円。かなりのコストパフォーマンスと言えます。
また、16種のスポーツモードに対応し、屋内外のワークアウトの成果を専用アプリに記録できるため、運動日記をつける必要はもうありません。
また、防水は1.5mの水深に耐えられるIP68防水・防塵仕様、風防にはコーニングのゴリラガラスを採用。タフさにも妥協はありません。スマホアプリの通知や100を超えるウォッチフェイス、ミュージックコントロール、最長15日間使用可能なバッテリーライフなど、魅力的な機能性を備えています。スマートウォッチのニューカマー「realme Watch S」は、ここ日本でも人気を集めそうです。

製品概要


・モデル名:realme Watch S
・発売日:2021年4月15日
・メーカー希望小売価格:1万727円(税別)、1万1800円(税込)
・サイズ:ケース径約47mm×厚さ約12mm
・重さ:約48g
・ディスプレイ:1.3inch、360×360ピクセル、TFT方式
・防水:IP68
・電池持続:最大約15日
・フィットネスメニュー:16種類
・センサー:3軸加速センサー、光学式心拍センサー、光学式SpO2センサー
・主な機能:心拍計測、血中酸素レベル計測、睡眠測定、歩数、消費カロリー、移動距離、水分補給リマインダー、スマホ通知、ミュージックコントロール、天気、カメラコントロール、ディスプレイ輝度自動調整

公式サイト

realme Watch S

●関連記事

CASIOも登場!「これから欲しいスマートウォッチブランド」ランキング

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 【ヤマレコ】の中の人に聞いた登山用スマートウォッチのすすめ!! 第1回「登山にこそスマートウォッチが必要な理由」

  3. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  4. ヤマレコの中の人に聞いた登山用スマートウォッチのすすめ!! 第2回「スマートウォッチと一緒に買ってよかったモノBEST3」

  5. Apple Watch Series 5は2万9800円~! 『ビックロ ビックカメラ新宿東口店』でApple Watchの旧モデルがセール中(5月16日時点)

  6. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  7. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年 最新版】

  8. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  9. 公式動画で解説! Apple Watchの便利な機能や使い方18選

  10. スマートウォッチのブランド人気ランキング! 回答者424人が選んだ1位は?

NEW CONTENTS

  1. つら〜い疲労がふっ飛ぶ!オフィスでできるすっきり1分エクササイズを動画で紹介!【かかと上げ編】

  2. AC充電器とモバイルバッテリーの一体型!急速充電対応のAUKEYのモバイルバッテリー「PowerDuo 5000」5月19日に販売開始

  3. スマートロック設置物件では最短30分で内見も!セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」iOS版アプリを提供開始

  4. 人間工学に基づいたデザインでタイピング作業の疲労を軽減!GOTEK VOYAGEの「エルゴノミック ワイヤレスキーボード」

  5. Apple Watchの医療機器承認でヘルスケアビジネスの何が変わる? 有識者によるオンラインセミナーが5月25日(火)開催

  6. Apple Watch Series 5は2万9800円~! 『ビックロ ビックカメラ新宿東口店』でApple Watchの旧モデルがセール中(5月16日時点)

  7. Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

  8. 自転車を30分のんびり漕ぐと何キロカロリー?Apple Watchで計測!

  9. Apple Watchでも現在地の湿度が分かる「湿度計」アプリ。梅雨~夏にとっても便利!

  10. 「Zeeny Lights HD × シティーハンター」のコラボイヤフォンが85台限定で再受注販売開始!

TAG

タグをさらに表示