検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. 機械式時計至上主義のパパの休日が『ファーウェイ』のスマートウォッチでどう変わったか?第2回「はじめての着用」編

機械式時計至上主義のパパの休日が『ファーウェイ』のスマートウォッチでどう変わったか?第2回「はじめての着用」編

REVIEW

2021.04.28

本記事はまったくデジモノに興味のなく、機械式時計と息子をこよなく愛するアナログ人間によるはじめてのスマートウォッチ体験記。前回は、腕時計型スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」とバンド型「HUAWEI Band 4e」が編集部から送られてきた顛末と開封編をお届け。今回、第2回目は、アナログ人間がいよいよスマートウォッチのセットアップに挑みます。

●連載第1回「スマートウォッチとの出会いは突然に」はこちらから
huawei

お出かけ当日朝のセットアップ。果たして、ノー知識で乗り切れるのか?

「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」と「HUAWEI Band 4e」が我が家にやってきたのは金曜日。その日にスマートウォッチを2本も開封して正直お腹いっぱいでしたが、決戦の日となる明日の土曜に向け、前日の準備を抜かりなく済ませておきます。

デジモノは、千里の道も充電から。「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」と「HUAWEI Band 4e」はUSB接続での充電が可能なので、ア〇プラで見逃していた「呪術〇戦」を一気見している間にPCに接続しておきました。個人的には、充電アタッチメントもケーブルもお互い干渉しないサイズ感なので、隣同士のポートでも充電できてしまうのがポイント高めでした。

ご覧のように隣同士のポートでも難なく充電可能でした。

 

しかし、ア〇プラ完走後、なんと寝落ち。翌朝早く息子たちが起きてくる前にセッティングを開始することになりました。結果から言うと、スマホとのペアリングは、時計とスマホアプリの指示通りに操作するだけで、アナログ派の私にも非常に簡単でした。デジタルアレルギーの方も安心していいと思います。

何はともあれ、アプリのダウンロード。これがなければ、何も始まりません。

 

huawei年齢や体重、取得するデータ、使用する機種など順に登録。改めて肥満体だなぁ……、と自覚させられます。しかし誰にも見せるもんじゃなし、フルフルで入力していきます。

 

ただ、ここからが長かった。ペアリング後にアップデートが開始されたのですが、スマホでダウンロード後、スマートウォッチ上で更新が反映されるまでの時間が実に1時間半。自宅のWi-Fiが弱いのかな……? と思って手持ちのモバイルルーターでも試してみましたが、何も変わらず。
家族の朝食を作り、着替え、昼御飯用の米を炊き、起きてきた子供たちにご飯を食べさせ……、と出かけるまでの全工程を終えてなお終わらない更新にやきもきしました。セットアップは余裕があるときに終わらせておくべきかもしれません。
ソフトウェアアップデートが長かった。。。アナログ時計派の私には想定外の時間です。

デュアル接続の注意点。自転車ユーザー感涙(?)のメリットとは

「パパ、何やってるの? 早く公園に行こうよ」という息子の不満をたしなめながら、無事アップデート完了。愛用の『プーマ』の「スエード」に「HUAWEI Band 4e」を装着しつつ、いよいよお出かけです。もちろん、腕には「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」が光り輝きます。果たして、これで何が起こるのか。

 

ちなみに余談ですが、「HUAWEI Band 4e」は換装する際に注意が必要。写真のように2つの突起が合致するようにセットしないと、“リストバンド”モードから“フット”モードにうまく切り替わってくれません。

そして、いよいよウリである“デュアル接続”を試します。このデュアル接続は「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」と「HUAWEI Band 4e」の両方が手元のスマートフォンに接続されている状態。これにより、手元で情報を確認しつつ足元で情報を取得できるワケです。

しかし、ここで落とし穴が。 実はこのデュアル接続、iPhone、つまりiOSには対応していないことが判明。「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」と「HUAWEI Band 4e」を同時に登録はできるものの、同時に接続ができないんです(アプリ上で両モデルが取得したデータは合算可能でした)。

妻のスマホがAndroidだったので、一時的に拝借してこの機能を体験できましたが、デュアル接続したい人はご注意ください。また、Androidスマホでも「HUAWEI Band 4e」を“フット”モードにしないとデュアル接続できないので、つながらない! と焦る前にまず確認を。

デュアルモードで繋がるとご覧の通り、2本とも接続済みの表示が。iPhoneではできませんのでご注意を。

いよいよサイクリング開始。『ファーウェイ』の力で、いつもの道がどう変わる?

前回の商品到着に続きセットアップでも紆余曲折がありましたが準備は万全。いよいよ、長男を後ろに乗せて“サイクリング”モードによる計測開始です。デュアル接続したまま、「サイクリングモード」をスタートします。開始時の“3、2、1”のカウントダウンに緊張が高まる……こともなく、何十回と通い慣れたいつもの道をゆるゆると走り出しました。

 

しばらく漕いでからデータを見てみると、ちゃんとケイデンスが測れてる、とちょっと感動。スマートウォッチを使い慣れている人からすると当たり前なのかもしれませんが、こんな小さな機械で結構正確に測れるもんなんですね。

さてこのケイデンスとは1分間にペダルを何回転しているか、という数値。サイクリングにおいてはこのケイデンスがペースを把握する上で重要な役割を果たすそうです。私の愛機はママチャリなので参考になるか分かりませんが、平坦な道をロードバイクで走る際の目安が90~100回/分程度とのこと。もちろんそんなスピードで飛ばせば事故を起こすこと請け合いなので、このまま走り続けます。

huaweiバンドによるデュアル接続による恩恵がこちら、ちゃんとケイデンスが表示されました。

 

huawei赤信号でデータを確認すると、並道にもかかわらずケイデンスに少々の低下が。思わずペダルを漕ぐ足に力が入ります。なるほど、こうやってペースを維持するんだなとケイデンス表示の大切さを実感しました。

 

ママチャリを漕ぎこぎして約11分半、ようやくお目当ての公園に到着! 駐輪し、サイクリングモードを終了すると今回の“成果”がデータとなって表示されます。約2kmもあったのか、やっぱりスピードは遅いな、消費したのはたったの47キロカロリーか……、もう少し走ろうかな……と、この画面だけでも、いつもは気にも留めていなかったさまざまな思いが交錯しました。その他、速度、詳細……と計3つのタブが並びますが、この日は短めのライドだったのであまり意味をなしませんでした。(翌日、どうしてもこの数値を上げたくて長距離ライドをすることに。その様子は後日レポートします。)

huawei近所の公園じゃぬるすぎる! いつもは電車のあの公園まで行ってみよう!!と思わせるのがスマートウォッチを着ける意味かもしれません。

息子が公園で遊び回る中、パパはスマートウォッチをあれやこれやいじり倒す

 

公園まで自転車を漕いだから、今日はもうおしまい! ……とならないのがパパの難しいところ。息子が公園のペダルカーにいそしむ中、声を掛けつつ見守ります。しかし、そんなパパにも今日は新しいオモチャが。手元のスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」で、何が出来るのか、いじり倒すことにしました。

まずは、本日の活動について確認。スマートフォンからアプリを立ち上げれば、これまでのアクティビティの結果が数字で確認できます。血中濃度、睡眠など現状取得していない項目もありますが、カロリー含め自分の頑張りが一目瞭然。真の空く数は表示しなくて良い、ストレスは見たくない……、というときには「カード管理」から表示内容を設定することも可能です。

 

 

 

 

 

自分的にヒットだったのがウォッチフェイスが自由に切り替えられるところ。アナログウォッチ派としては、文字盤がコロコロ変えられるのが実に楽しかったです。既存のモノに加え、アプリから文字盤をダウンロードすれば何十何百という顔に変化が可能。個人的に好みなレトロデジタル調のデザインも多く、息子そっちのけでダウンロードしてはあれやこれやと試していました。

ちなみに、各フェイス上で表示される情報も、微妙に異なります。時刻は当たり前として、歩数、カロリー、心拍数に、バッテリー。移動距離やストレスまで表示してくれるものもあります。
huawei

やっぱり私はアナログチックなウォッチフェイスが好み。ちなみに、この「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」はムーンフェイズ表示がウリのひとつなんだそう。

 

帰り道もいそいそキコキコとサイクリングにいそしみ、仕上がりとしてはこちらのような感じに。時間ごとの活動量なども棒グラフで細かく算出してくれます。まだ1日だけのデータなのでこれを見てどう、ということはありませんが、これが1週間、1か月と積み重なることで見えてくることもありそうです。

 

huawei

疲れ切って、就寝。睡眠の質も、『ファーウェイ』で丸わかり

せっかくなので、睡眠時のデータも取得しておこう……、ということで、「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」を腕に装着して就寝準備。しかし、腕に巻いて時が経てば経つだけ気になるのが、左腕の違和感です。当たり前と言えば当たり前ですが、ケース径も含めそもそも重厚感がある作り。着け慣れている方からすると気にならないのでしょうが、正直、重みが気になって寝付けません。

そこではたと気が付いたのが、「HUAWEI Band 4e」の存在。調べてみると、このバンドだけでも睡眠時のデータが取得可能とのこと。試しにバンドを装着し腕に着けてみると、くらべものにならないほど軽い! デュアル接続に限らず、腕時計型とバンド型、両方持つメリットはこんなところにもあるのかもと実感しましたね。

huawei

huaweiちなみに、翌朝キャプチャした私の睡眠データも掲載します。睡眠時間は元より、レム睡眠ノンレム睡眠のペース、その配分まで把握できます。

ということで、デュアル接続を試してみた初日はこれで終了。スマートウォッチ、なかなか楽しいじゃんというのが素直な感想。何より、初心者でも説明書を読まずここまで扱えたというのは間違いなく『ファーウェイ』の力でしょう。『Apple』製品がマニュアルいらずで操作できるとはよく聞きますが、『ファーウェイ』の限りなくシンプルでストレスのない操作性もなかなか。細かいところでは気になる箇所もあるものの、腕時計型「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」とバンド型「HUAWEI Band 4e」の両持ちによる新鮮な体験で帳消しに。スマートウォッチに染まりつつある自分にドキドキしつつ、この日は眠りについたのでした。

次回は『ファーウェイ』と一緒に、(私にしては)長距離ライディングしてきた結果をレポートします。

「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」の詳細をAmazonで見る

「HUAWEI Band 4e」の詳細をAmazonで見る

●関連記事

ファーウェイ大躍進!スマートウォッチのブランド人気ランキング!!

HUAWEIスマートウォッチ 完全ブランドガイド【2021年版】

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. 【ヤマレコ】の中の人に聞いた登山用スマートウォッチのすすめ!! 第1回「登山にこそスマートウォッチが必要な理由」

  4. Apple Watch Series 5は2万9800円~! 『ビックロ ビックカメラ新宿東口店』でApple Watchの旧モデルがセール中(5月16日時点)

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  6. ヤマレコの中の人に聞いた登山用スマートウォッチのすすめ!! 第2回「スマートウォッチと一緒に買ってよかったモノBEST3」

  7. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年春夏 最新版】

  8. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  9. 公式動画で解説! Apple Watchの便利な機能や使い方18選

  10. スマートウォッチのブランド人気ランキング! 回答者424人が選んだ1位は?

NEW CONTENTS

  1. 月額700円で3つのモバイル端末を永続保証! 「モバイル保険」加入のススメ

  2. つら〜い疲労がふっ飛ぶ!オフィスでできるすっきり1分エクササイズを動画で紹介!【かかと上げ編】

  3. AC充電器とモバイルバッテリーの一体型!急速充電対応のAUKEYのモバイルバッテリー「PowerDuo 5000」5月19日に販売開始

  4. スマートロック設置物件では最短30分で内見も!セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」iOS版アプリを提供開始

  5. 人間工学に基づいたデザインでタイピング作業の疲労を軽減!GOTEK VOYAGEの「エルゴノミック ワイヤレスキーボード」

  6. Apple Watchの医療機器承認でヘルスケアビジネスの何が変わる? 有識者によるオンラインセミナーが5月25日(火)開催

  7. Apple Watch Series 5は2万9800円~! 『ビックロ ビックカメラ新宿東口店』でApple Watchの旧モデルがセール中(5月16日時点)

  8. Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

  9. 自転車を30分のんびり漕ぐと何キロカロリー?Apple Watchで計測!

  10. Apple Watchでも現在地の湿度が分かる「湿度計」アプリ。梅雨~夏にとっても便利!

TAG

タグをさらに表示