検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 『FOSSIL Sport Smartwatch』長期レビュー Vol.4 「ジョギング・ウォーキングの使い勝手は?」

『FOSSIL Sport Smartwatch』長期レビュー Vol.4 「ジョギング・ウォーキングの使い勝手は?」

NEWS

2019.07.16

ランニングやウォーキングに便利なGPS内蔵

『FOSSIL Sport Smartwatch』の着用インプレッションをお伝えする長期連載4回目は、「ジョギング・ウォーキング」での使用レポートをお届けしたい。

結果から言うとハードにトレーニングをこなすアスリートでもない限り、『FOSSIL Sport Smartwatch』で十分だと感じられた。
『FOSSIL Sport Smartwatch』ではショートカットボタンに「Google Fit』がデフォルトで適応されているため、右下のプッシュボタンを押しワークアウトの種類を選べばすぐにトラッキングが開始される。もっともポピュラーなワークアウトである「ジョギング」「ウォーキング」は、もちろんプリセットメニューに入っている。

トレーニング中に見られる表示はほぼ同じで、「運動時間」「走行(歩行)距離」「1kmのラップタイム」「心拍数」「消費カロリー」「強めの運動ポイント(Google Fitで設定可能)」は共通、「ウォーキング」のみ歩数も表示される。機能自体は極めてオーソドックスだが、『FOSSIL Sport Smartwatch』の大きな強みはGPSを内蔵しているところだ。つまり、位置情報を補足するのにスマホを持ち歩く必要がない。基本、ジョギング時には少しでも身軽でいたいので、本機だけ着けていれば位置情報を記録できるGPS内蔵は非常にうれしい。
スマホのGPSを使用した場合と、時計本体のGPSを使用した場合の精度を比較してみたが、走行距離はスマホの方が若干正しく出たものの、それほど大きな誤差でもなく(130m)、厳密な計測でなければ十分使えるはずだ。

ワークアウトの記録はスマホアプリ「Google Fit」に自動転送されてグラフ化されるので、運動内容を分析するのに役立つ。GPS搭載のメリットとして、腕時計さえ持っていけば走行ルートも当然マップ上に記録される。ランニングコースを振り返るのに便利だろう。

この『FOSSIL Sport Smartwatch』はWearOSのワークアウトアプリ『Google Fit』の機能をフルに活用でき、先に述べたように、アスリートでもない限り日々のワークアウト用途なら十分に使える。アルミと樹脂のコンビケースは超軽量で、41mmサイズは25g、43mmサイズでもわずか28gだ。ベルトも細型なのでランニング中、手首に違和感を感じることはなかった。この時計を腕にするだけでGPS情報まで取得できるという便利さは、体感してしまうともうGPSなしのモデルには満足できないだろう。

ジョギング・ウォーキング中のメイン画面は、「運動時間」「走行(歩行)距離」「1分のラップタイム」。下からスワイプすると、「心拍数」「消費カロリー」「強めの運動」「歩数」(ウォーキング時のみ)を見ることが可能だ。
スマホとリンク状態にあれば、GPS情報はスマホから取得。
スマホがなければ、時計本体のGPSが位置情報を捕捉。
気になる精度だが、スマホのGPSを使うと2.14kmのコース1周を2.12kmと表示。
時計本体のGPSはコース一周2.14kmのところ2.27kmと記録した。
スマホの「Google Fit」アプリ内では走行ルートを確認可能だ。
「心拍数」「ペース」「高度」はグラフで表示される。

製品情報はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  3. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年 最新版】

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchを抑えたのはあのブランド!「これから欲しいスマートウォッチブランド」ランキング

  6. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  7. スマートウォッチのブランド人気ランキング! 回答者424人が選んだ1位は?

  8. 見た目はアナログ時計が好き、でもスマートウォッチの機能が欲しい人へおすすめ!今話題のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

  9. 1万円以下も多数! 格安なのに高性能なバンド型スマートウォッチ10選

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. 30g以下限定!「軽さは正義」 着けていることを忘れるほど軽量で着け心地のいいスマートウォッチ特集

  2. URBAN ARMOR GEARのiPad Pro用スリーブ、新色のミッドナイトカモが超カッコいい!!

  3. 高額商品含む全製品が10%OFF!「Anker Store ららぽーと横浜」4月20日オープン

  4. 【Galaxy】のスマートウォッチにも来た!疲労度の目安になる血中酸素濃度測定機能を追加!!【Galaxy Watch3】にアップデート

  5. 話題沸騰!イヤホン内蔵スマートウォッチ「wearbuds Pro」予約開始記念プレゼントキャンペーン実施

  6. 【Apple Watch】や【Garmin】を猛追! 勢いに乗る中国・韓国ブランドのスマートウォッチのおすすめ10本はこれ!!

  7. 見た目はアナログ時計が好き、でもスマートウォッチの機能が欲しい人へおすすめ!今話題のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

  8. 【自転車NAVITIME】クルマ通りの多い道を避けてナビすることが可能に!

  9. 血中酸素レベルが測定できるコスパスマートウォッチ『realme Watch S』日本上陸

  10. 自分のためじゃなく人のため。コロナ禍で“私は安心”を知らせる画期的なアイテム「リアサモ」って何?

TAG

タグをさらに表示