検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 富士山に挑戦する相棒、SUUNTO9を使ってみる。
    【準備編】

富士山に挑戦する相棒、SUUNTO9を使ってみる。
【準備編】

NEWS

2019.07.18

日常の生活でも役に立つSUUNTO9。でも、その真骨頂は登山などのアクティビティにあります。スント社の社名の由来になった言葉はフィンランド語で「方向」という意味だそうで、元々は熱心なアウトドア愛好家であった創始者がコンパスのメーカーを立ち上げたところからスタートしています。
3回の連載で「富士山に挑戦する相棒としてSUUNTO9を使ってみる」体験レポートをお届けします。

「Movescount」でルートを登録。

まずはSUUNTOデバイス(ウォッチ)に今回の登頂/下山ルートを登録するところから準備が始まります。
すでにSUUNTO製品を使っている方は使用していると思いますが、PCで「Movescount」に接続し「SUUNTO LINK」をインストールしておきます。


Movescount


SUUNTO LINK

MOvescountで詳細なルートを登録して、SUUNTO LINKでデバイスに転送するイメージです。
今回はMovescountの他のユーザーのMOVE(ログデータ)からルートを自分用に加工して保存するやり方です。

Movescountでまずは他の人が作った富士山のルートを探します。

MOVESCOUNT
1.MOVESCOUNTのトップページから「マップ」をクリックし

MOVESCOUNT
2. ルートを探したいエリアにズーム。

MOVESCOUNT
3. 自分が計画するルート(今回の計画は吉田ルートです)と同様のものを探す。
今回の行程は
1)富士吉田のスバルライン5合目バス停からスタートする「吉田ルート」を使う。
2)頂上に着いたらお鉢まわりはせずに下山ルートに進む。
3)吉田ルートの下山ルートで出発点に戻る
という要素を満たしているルートを探しました。

MOVESCOUNT
4. クリックすると他のユーザーのログデータが表示されるので、そのデータを一度エクスポートします。

その後、データをインポートして自分で加工できるようにします。(非公開にしておいた方がいいでしょう)

MOVESCOUNT
5.編集ボタンを押して自分だけのウェイポイントを作ります。

MOVESCOUNT
6.今回は行程が長いので、途中の山小屋や山頂など5箇所を登録します。中間ポイントがあった方が登山にもメリハリができるので。

MOVESCOUNT
7.中間ポイントにマークをつけて保存し、「以下を使用」の部分をオンにしておきます。
この状態でSUUNTO LINKでデバイスと接続すると、自動的にデバイスにこのルートが登録されます。

「SUUNTO LINK」でデバイスに転送。

SUUNTO LINK
8.PCでSUUNTO LINKを起動します。(USB接続すると自動的に立ち上がります)

SUUNTO LINK
9.SUUNTO LINKがデバイスを認識すると自動的に同期が始まります。この同期をすることによって先ほどMovescountで登録したルートがデバイスに転送されることになります。

SUUNTO LINK
10.「時計は最新の状態です」と表示されればもうOK。これでルートはデバイスに入りましたので後は当日に向けて体調を整えるのみです。

<登山編に続く>

関連商品

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  10. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEW CONTENTS

  1. SUUNTOがアウトドア新機能のアップデートを発表。オフラインでのルートナビ、バッテリーセーブGPSモードなどを新搭載!

  2. 暖かさをまとうブランド「ONVEIL」がモバイル電熱ヒーター内蔵のヒートマフラーやヒートブランケット」を発売

  3. Apple Watch購入検討者も注目! iPhoneを月額860円から借りられる、ソフマップの「レンタルスマホ・スーパープレミアム」

  4. 最新Apple Watchにも対応! カラバリ豊富なGRAMASのApple Watchバンドでコーディネートを楽しもう

  5. Apple Watch Series 6の選び方を約1万字で解説! カラー、サイズ、シリーズ、セルラー or GPS……すべて教えます

  6. 世界初の布製ヒーター「HOTOPIA」内蔵のブルゾンも!バッテリーの力で「冷え」を解決する『Doヒート』の新シリーズ

  7. 処理速度20%アップの触れ込みはホントだった! Apple Watch Series 6のサクサクな操作感が分かる動画を紹介

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  10. Apple Eventで発表されたApple Watch Series 6 と Apple Watch SEの情報まとめ

TAG

タグをさらに表示