検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 富士山に挑戦する相棒、SUUNTO9を使ってみる。
    【結果編】

富士山に挑戦する相棒、SUUNTO9を使ってみる。
【結果編】

NEWS

2019.07.19

日常の生活でも役に立つSUUNTO9。でも、その真骨頂は登山などのアクティビティにあります。スント社の社名の由来になった言葉はフィンランド語で「方向」という意味だそうで、元々は熱心なアウトドア愛好家であった創始者がコンパスのメーカーを立ち上げたところからスタートしています。
3回の連載で「富士山に挑戦する相棒としてSUUNTO9を使ってみる」体験レポートをお届けします。

詳細なログデータを見ることが可能

登山から帰ってきて少し時間が経ちますが、SUUNTOアプリにアクティビティを読み込めば、スマートフォンで様々なログを見ることができます。
ウォッチの「ロブブック」でも見ることができますし、Movescountに同期してPCから確認することも可能。

SUUNTO9は精度の高いGPS(みちびき)、高度計、加速度センサー、心拍計、温度計などが搭載され、時計と連動させることによってエクササイズを時系列で確認することができます。
登山当日に「カーナビ」のように道案内をしてくれるだけでも大助かりですが、高度な行動分析をしてくれるので、今後の行動の参考にすることができます。
更に言えば、登山前日の睡眠や登山後の睡眠なども記録できますので、体調管理までしてくれます。

それではログデータを見てみましょう。

まずは全体。今回のアクティビティをタップします。

 


時系列で1kmごとのログを一覧で見ることができます。

 


また、時間の部分をスライドさせながらどのようなペースで登ったのかを操作させながら見ることもできます。

 

 

ログデータを個別に解説


●距離(17.93km)
17.93kmと表示されていますので、これが実際に移動した距離になります。
事前にMovescountで登録したのは13.38kmですし、様々なガイドに書いてある吉田ルートの距離は「上り7.5km、下り7.6km、合計で15.1km」となっています。
ただ実際に山登りしていると、道の最短距離を歩くことはできませんし、むしろ少し大回りで歩いた方が傾斜が楽です。こういった数10センチのわずかな動きも正確なGPSで計測してくれるSUUNTOでは、「本当に歩いた距離」を知ることができます。

●継続時間(8時間31分14秒)
こちらはスタートからゴールまでの単純な経過時間ではなく、休憩時間を除いたエクササイズ本編の時間になります。山小屋で休んだ時は「一時停止」にしていたので、実際は4時にスタート、13時過ぎにゴールですから9時間ちょっとかかっています。逆にいうと30分ほど一時停止にして休んでいたことになります。ただし、この一時停止は自分でボタンを押さないと停止にならないので、実際にちょっと立ち止まったり、ちょっと岩場に座った時などは「継続時間」のなかに入っていることになります。しっかりと後でログを確認するつもりならばこまめに一時停止する必要があるでしょう。

●最高高度(3,720m)・最低高度(2,247m)

吉田ルートの富士山頂は3707mだそうですから10メートルほどずれていることになります。
ただし、これは実感としては大した誤差ではありません。リアルタイムで上昇と下降を正確にカウントしてくれるのが一番ありがたいです。

 

●上昇距離(1,487m)と上昇時間(3時間55分31秒)、下降距離(1,509m)と下降時間(2時間31分9秒)

これは平らな道ではカウントしないようです。ですのでほんのわずかな傾斜は平らな道と判断するので上昇距離と下降距離が微妙にずれることになります。
逆にこの数値を見ると富士山にいかに平坦な道がないかがよくわかります。全行程8時間半のうち6時間半は登っている時間か降っている時間かのどちらかになるということで、富士山の特徴をよく表していると思います。

●温度(17℃)

平均気温が17℃となっていますが、当日の天気予報サイトで見ると山頂は8℃くらいでしたし、全体的に高めに出ています。こちらは身につけているものなので少し実際とは誤差がありそうですね。
ただ、時系列で見ていくと、気温が山頂に近づいていくにつれて下がっていくのがよくわかります。たまに突然上昇しているのは、山小屋の室内に入っている時です。
山頂などは強風も吹くので体感温度はかなり低かったですね。

 

 


●平均速度(2.1km/h)と最高速度(9.4km/h)

これを見るとやはり登りはゆっくり、特に山頂に近づくにつれて速度が下がっていくのがわかります。逆に下りはかなりの速度が出ているのがわかります。
下りの時に立ち止まったのは3回だけだったな、などということも思い出すことができます。
下山ルートには山小屋がないので7合目のトイレで少し休んだくらいでした。

 

●フィーリング(最高に良い)
こちらは自己申告で、アクティビティを終了するときに登録します。
5段階のうち「最高に良い」にチェックをつけましたが、初めての富士登山だったのでものすごく甘めにつけたのと、終了した時の達成感があったので思わず「最高」にしてしまいました。
後から振り返ってみると、実際には5段階のうちせいぜい真ん中の「普通」くらいの快適さだったと思います。複数回登ることを考えればここは正直につけていればよかったかもしれません。

 

●カロリー(3210kcal)
これが今回の消費カロリーです。一般的には1日300kcalが消費カロリーの目標だそうで、「10分間のなわとび」が100kcal、「水泳30分」が180kcal、「ランニング30分」が210kcalだそうです。今回の登山でいかにカロリーを消費したかがわかります。
1日の目標の10倍もの消費でしたから、下山後の疲労感も当然でした。

 

●平均心拍数(113bpm)、最大心拍数(201bpm)

心拍数は7合目から8合目あたりが最大になっているのがわかります。思い返すと、この区間がもっとも勾配がきつく、岩場をよじ登っていくような感覚でした。これも数値を見てさらに実感することができました。
最大心拍数の201というのは、ほんの一瞬なのでしょう。

 

●歩数(33,285歩)

こちらはケイデンスとも関係している数値かもしれません。
ケイデンスとは「足の回転数」ということで、1分間に何歩歩いたか(どれくらい回転したか)ということを表しているそうです。
歩数が33,285歩で、ケイデンスが54rpmですから、歩数が多めにカウントされているのか、回転数にカウントされていない歩数があるのかもしれません。
何れにしても平均すると一歩50cm、2歩で1メートルくらい歩いたことになるようです。

 

●回復(94h)
この数値には驚きました。
こちらは「一般的に回復に要する時間」を表しているようで、この数値を見る限りでは完全に体力が回復するまでまる4日間かかるとのことです。
いままでいろんなアクティビティをしました。サッカーでかなり激しい運動した時でも回復の数値は数時間でしたし、丹沢の大倉尾根に登った時でも、高低差は今回のものとあまりかわらないのにその時は30hでした。
それだけ負担のかかるルートなのでしょう。

●PTE(3.6)
PTEとはSUUNTOが独自に弾きだしてくれる数値で「ピークトレーニングエフェクト」を指しているそうです。5段階あって
「1=体力回復効果あり」
「2=体力維持効果あり」
「3=体力向上効果あり」
「4=高い体力向上効果あり」
「5=過剰運動」
となるようです。
後から出てくる「EPOC」と連動して出てくる数値です。
3.8とは体力向上の効果がある運動のようですが、体感的には4.5くらいはあってもよかったかなと思っています。


●EPOC(76)
EPOCとは、運動後に体が回復するのに必要な酸素不足量。
Excess Post-exercise Oxygen Consumption
運動強度の客観的指標になるようです。

●平均ペース(28分30秒/km)

1kmあたり28分30秒のペースで進んでいます。

こちらも頂上付近ではペースがゆっくりになり、下り坂ではペースが上がります。

 

PCのMovescountで確認する場合

上記はスマホのSUUNTOアプリで見た画面ですが、すべてPCでのMovescountで確認することもできます。


Movescountにアクセスして「自分」をクリック。


今回のアクティビティをクリック(今回は「トレッキング」)


すると、詳細な情報がPCでも確認できます。

関連商品

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  9. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  10. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

NEW CONTENTS

  1. 【12月7日発売】『SmartWatchLife』が雑誌になりました! 中身をいち早くお見せします!!

  2. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  3. GarminとFitbitが対応する「Visaのタッチ決済」とは。 コンビニや飲食店でも使えるお店が多数!

  4. 元飛込日本代表選手・馬淵優佳が出演するスマートバンド『GoBe3』のイメージ動画が公開

  5. Fitbitウェアラブルデバイスでの糖尿病管理で血糖値やHbA1Cが大幅に改善することをHealth2Syncが台湾での臨床研究で証明

  6. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  7. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  8. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  9. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  10. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

TAG

タグをさらに表示