検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

NEWS

2020.09.25

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)は、Suicaの決済機能を搭載したGPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745(フォアアスリート745)』を2020年10月1日(木)に発売。同製品はプロのランナー・アスリートからも支持される『ForeAthlete』シリーズの新モデルとなります。なお予約受付は9月24日(木)より開始しています!

「ForeAthlete」シリーズについて

先進のトレーニング機能で、日々のワークアウトから本格的なアスリートにまで対応する、Garminを代表するGPSランニングウォッチシリーズ「ForeAthlete」。目的にあわせた豊富なモデル展開や、ライフログやSNSや電話着信通知などスマートウォッチとしての機能、軽量かつロングバッテリーであることが特徴で、プロのアスリートをはじめ、日常的にスポーツを楽しむユーザーにも愛用されています。

『ForeAthlete 745』ではSuica決済機能をシリーズ初搭載

今回発売となる『ForeAthlete 745』は、洗練されたボディにミュージック機能やランニングサイエンスを盛り込んだ、ランナーやトライアスリートに向けたハイエンドGPSランニングウォッチ。ForeAthleteシリーズでは、初めてSuica決済機能が加わりました。

ランニングとバイクのおすすめワークアウトを提案する機能を搭載


本製品ではトレーニングステータスにもとづいて、日々のランニングとバイクのおすすめワークアウトを提案する新機能を搭載。ランニング、トライアスロン、バイク、プールスイム、トラックランなどのアクティビティに対応しています。レースやワークアウト中に対応しやすい、ボタンのプッシュでアクティビティの切り替えができます。

トライアスロンなど限界に挑むアスリートの機能を豊富に搭載


低強度・高強度の有酸素及び無酸素トレーニングにトレーニング成果を分類し、それぞれのトレーニング負荷/最適負荷量を表示する「トレーニング負荷バランス」や、有酸素および無酸素トレーニングの効果から、ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているか確認する「トレーニング効果」も表示できます。パワーセンサーと連携すれば、パワー、パワーゾーン、ペダルストロークやパワートレーニング(IF、NP、TSS)、左右のペダルのペダリングの位置やトルクがかかっている範囲など多彩な計測が可能です。

音楽配信サービスからのプレイリスト同期も

普段使いにも、便利なスマート通知機能も充実。また音楽再生機能は、Spotify, Amazon Music, LINE MUSICなどの一部のプレミアム音楽配信サービスからのプレイリスト同期ができ、最大500曲をデバイスに保存が可能です。

カラーは4色で展開

ベーシックなBlack、Whitestoneに加え、鮮やかなNeo Tropic、Magma Redの4色を展開します。


左からMagma Red/Whitestone/Neo Tropic/Black

製品概要

こちらの写真のカラーはWhitestone(ホワイトストーン)

製品名:ForeAthlete 745(フォアアスリート)
発売日:2020年10月1日(木) ※予約開始:9月24日(木)
カラー:Black(ブラック)/Neo Tropic(ネオ トロピック)/Magma Red(マグマ レッド)/Whitestone(ホワイトストーン)
価格:44,800円(税抜)

『ForeAthlete 745』の新機能&バージョンアップ機能

■Suica対応
Suica対応で、電車に乗るときやランニング途中のコンビニで時計をかざすだけで簡単決済。

※Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

■おすすめワークアウトの提案
現在のトレーニング負荷とトレーニングステータスに基づいて、フィットネスレベルを考慮したランとバイクのワークアウトメニューを提案。

■マルチスポーツ対応
ランニングやスイミングはもちろん、トライアスロンなど複数種目の競技に対応します。トラックでのトレーニング計測に対応するトラックランが新たに搭載をしています。

■リカバリーアドバイザー
ワークアウトを行った後、リカバリーアドバイザー機能により、次のトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を教えてくれます。

過去モデルから引き続き実装される充実の機能

■光学式心拍計
高効率の光学モジュールと専門的なアルゴリズムを組み合わせたダブル周波数を採用。血中のヘモグロビンを測定し、心拍数を計測。光学式心拍計には安静時の心拍数の高い状態や低い状態が続いた場合にアラートが用意されています。アクティビティ中や水中での心拍も正確に測定します。

■ランニングダイナミクス
ランニングダイナミクスポッドやハートレートセンサー『HRM-Pro』(ともに別売り)とペアリングすることで、上下動、上下動比、ストライドや接地時間並びにバランスなどの必要なランニングメトリックスを測定します。

■VO2max(最大酸素摂取量)
パフォーマンスの指標である最大酸素摂取量(VO2max)の計測が可能です。VO2maxのデータを基に、22度を超える暑さや生活高度が800メートル以上の高地でのトレーニングにおいて自分のフィットネスやパフォーマンス状態が環境にどの程度適応しているかを表示することも可能です。

■パフォーマンスコンディション
ランニング中のペース、心拍数、心拍変動を分析し、現在のパフォーマンス能力をリアルタイムで評価します。

■トレーニングステータス
最近の運動履歴とパフォーマンス指標が評価され、生産的にトレーニングを行えているか、ピークに達しているか、またはオーバーリーチしているかを知らせます。

■トレーニング効果
有酸素および無酸素トレーニングの効果に関するフィードバックから、ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているか確認することができます。

■衛星受信(マルチGNSSに対応)
複数のグローバルナビゲーション衛星システム(GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号))にアクセスし、GPS単独に比べて過酷な環境での追跡をサポートします。

■トレーニング負荷
過去7日間の運動量を測定し、フィットネスと直近のトレーニング履歴の最適な範囲とを比較します。

■生理周期トラッキング
生理周期の詳細と身体・感情の症状をログに記録して、定期周期、不定期周期、更年期への移行周期を記すことで、自分の身体をより理解することができます。

■音楽機能
Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの一部のプレミアム音楽配信サービスからプレイリストを同期することができます。最大500曲をウォッチに保存可能。

※サードパーティ音楽プロバイダとのプレミアムサブスクリプションが必要となる場合があります。

■レース予測タイム
利用者のフィットネスレベルとトレーニングの履歴を考慮してレース目標に向けて取り組み、予測されるゴール時間に対してトレーニングの影響を確認することに役立ちます。

■その他機能
バイクパワー、サイクリングダイナミクス、オープンウォータースイムアクティビティ

製品仕様

・重量:47g
・サイズ(W×H×D):43.8×43.8×13.3mm
・ディスプレイサイズ:30.4×30.4mm
・解像度:240×240ピクセル
・稼働時間:スマートウォッチモード:約7日間、GPSモード:約16時間、GPS+音楽再生モード:約6時間、UltraTrackモード:約21時間
・防水機能:5ATM(50m防水)
・接続機能:Bluetooth、ANT+、USB
・内蔵メモリ:32MB
・衛星測位:GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)
・センサー:光学式心拍センサー、電子コンパス、気圧・高度計、加速度計、温度計
・センサーインターフェース:ランニングダイナミクスポッド、ハートレート、フットポッド、Tempe、スピード・ケイデンス、VIRB、Varia、Vector、パワー計、シフトセンサー、スマートトレーナー
・バックライト:オート点灯、マニュアル点灯
・小型フットポッド:対応(別売)
・スピード・ケイデンスセンサー:対応(別売)
・データ容量:約200時間
・取得可能データ:ランニングダイナミクス、VO2max、リカバリーアドバイザー、レースタイム予測、乳酸閾値、心拍ゾーン、ストレススコア、パフォーマンスコンディション、トレーニング効果、タイム、距離、ペース、スピード、ピッチ、ストライド、カロリー、心拍など
・トレーニングの種類:ワークアウト、インターバル、ターゲット、レース、バーチャルトレーナー、メトロノーム、各種アラート(心拍、ラン&ウォーク、ペース、時間、距離)
・自動ラップ:対応
・自動ポーズ:対応
・ライフログ機能:ステップ数、消費カロリー、Body Battery、呼吸数、ストレス、心拍数、水分補給など
・標準付属品:チャージングケーブル(TypeB)、クイックスタートマニュアル

公式ウェブサイト
https://www.garmin.co.jp/minisite/foreathlete/foreathlete-745/

ForeAthlete特設アンバサダー動画集はこちら
https://www.garmin.co.jp/minisite/special-videos/

「みんなのForeAthlete」キャンペーンを実施


10月1日(木)から『ForeAthlete 745』を購入した先着2,500名限定で、Garminロゴの入ったマスクをプレゼントする「みんなのForeAthleteキャンペーン」を実施。改めての申込みが不要で、購入時に商品に同梱された形でプレゼントされます。在庫がなくなり次第キャンペーンは終了となります。

また、『ForeAthlete 745』も含め、ランニングウォッチシリーズForeAthlete各シリーズの購入者が応募すると豪華景品が抽選で100名に当たるキャンペーンも同時開催。キャンペーンの詳細は、以下公式キャンペーンページをご覧ください。

■プレゼント内容
・第15回 湘南国際マラソン出走権:5名様
・HRM-Pro:10名様
・Running Dynamics Pod:15名様
・特製サングラス:20名様
・特製タオル:50名様

■対象モデル
・ForeAthlete 745
・ForeAthlete 245 Music Japan Limited Edition
・ForeAthlete 245 Music
・ForeAthlete 245
・ForeAthlete 45
・ForeAthlete 945

■キャンペーンURL
https://www.garmin.co.jp/event/2020/foreathlete-campaign/

Bluetooth対応ハートレートセンサー 『HRM-Pro』の発売も

トレーニング時に胸に装着することで、より精度の高い計測を実現するハートレートセンサーの新モデル『HRM-Pro(エイチアールエム プロ)』を9月24日(木)に発売します。予約受付は、9月17日(木)より開始します。

『HRM-Pro』について

同製品は、ランナー、サイクリスト、トライアスリートなどのプロフェッショナルからも好評の、胸に装着するタイプのハートレートセンサー『HRM-Tri』の後継機です。新たにBluetoothに対応し、先の『ForeAthlete 745』などのGaminデバイスや『Zwift』など互換性のある様々なデバイスへの送信が可能になりました。

ウォッチなしでも、心拍数、歩数、カロリーなどをお手持ちのデバイスに送信し、様々なトレーニングデータの収集・解析が可能になるので、チームスポーツや格闘技などウォッチを装着できないアスリートの方にもおすすめです。

水中と陸上を行き来するハードスポーツでも快適に

高精度な心拍データ計測はもちろん、ピッチ、ストライドの長さや接地時間、バランスなど高度なランニングダイナミクスにも対応。50m防水で、水中時の計測も可能です。

ストラップは柔らかい素材の使用で、違和感なく装着でき、サイズ調整も可能。丸みを帯びたエッジと縫い目をカバーすることにより、ストラップの乾湿による縫い目部分の引きつれなどが体に直接当たらないため、トライアスロンのように水中と陸上を行き来するハードスポーツでも快適に使用することができます。

ストラップはハートレートセンサーモジュールを簡単に取り外しができ、丸洗い可能。洗濯機での洗浄もできるので、常に清潔に保てます。

製品概要

製品名:HRM-Pro(エイチアールエム プロ)
発売日:2020年9月24日(木)※予約開始:9月17日(木)
価格:15,000円(税抜)

『HRM-Pro』の特徴

■通信機能
ANT+およびBluetooth通信により、デバイスへリアルタイムで心拍数データ送信が可能です。

■コネクティビティ機能
Garmin製品に加え、「Zwift」など互換性のあるオンライントレーニングアプリや、スポーツジム機器でもデータの把握できます。

■ランニングダイナミクス
上下動、上下動比、ストライド、接地時間やバランスなど、必要なランニングメトリックスを測定することが可能。

※ランニングダイナミクスはBluetoothではなくANT+のみで取得が可能です

■PhysioTrue-Up
フィットネスウォッチなしで装着時も、歩数、カロリー、強度の分、および終日の心拍数が「True-UP」を利用して、ユーザーデバイスを更新します。

※BluetoothおよびGarmin Conectでの送信機能を有するデバイスでの通信のみ可能
※データ取得には、Gamin Connectアプリの利用、または事前ペアリングが必要です

■ライフログ機能
ステップ数、消費カロリー、週間運動量、心拍数などデータを記録し、ペアリングされたデバイスに送信することが可能です。

■ソフトストラップ
モジュールはストラップの幅に収まる小型サイズ。ウォッシャブル素材のストラップは、ソフトで柔らかく丸みを帯びたエッジとカバーされた縫い目で、トレーニング中でも違和感なく快適。

■長時間のバッテリー機能
最長1年(平均利用1日1時間を想定)。

『Garmin』について

Garmin(ガーミン)は、アメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しており、これまでに数億台のGPS 受信機を製造・販売しています。創業以来一貫して黒字経営を行っており、米国株式インデックスS&P500の銘柄にも採用されています。
http://www.garmin.co.jp/

※本リリースに掲載されているブランド名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。
※本リリースに掲載されている価格、発売時期、仕様は予告なく変更となる場合がございます。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  8. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  9. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  10. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

NEW CONTENTS

  1. 心拍の異常検知や詳細な睡眠分析・運動記録が可能! Withingsの新作ハイブリッド型スマートウォッチ『ScanWatch』が販売開始

  2. 女性の編集部員も使用して大満足! コスパ最高のXiaomi Mi Smart Band5レビュー

  3. 健康機能がレベルアップ!『Xiaomi Mi Smart Band5』の新機能を日本発売前に徹底レビュー

  4. 宅配買取サイト『フクウロ』で、Apple製品の買取金額が20%アップになるキャンペーンを実施中!

  5. 音楽も聴けるタイムケトル社の新型イヤホン翻訳機『Timekettle M2』日本初上陸!

  6. 手洗いリマインダーで衛生面も管理!健康的な日常をサポートするフィットネスバンド『Galaxy Fit2』が10月23日発売!

  7. BelkinがApple Watchも高速充電できるMagSafe対応ワイヤレス充電器を発表

  8. 音楽を聞きつつ心拍数を測れる完全ワイヤレスイヤホン!「Amazfit PowerBuds」使用レビュー

  9. iPhone12にも急速充電! 最大20W出力の超小型急速充電器『Anker PowerPort III Nano 20W』を販売開始

  10. ヘルスサポート機能も強化した最新スマートウォッチ『Galaxy Watch3』、10月23日発売決定!

TAG

タグをさらに表示