検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Galaxyスマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

Galaxyスマートウォッチ 主要モデル&選び方ガイド【2021年版】

NEWS

2021.03.11

日本で今手に入るスマートウォッチブランドの全モデルを紹介していく本企画。今回はGalaxy(ギャラクシー)を紹介します。

Galaxyとは


スマホでおなじみのGalaxyが手掛ける世界的ブランド

折りたたみスマホなどを開発し、世界のスマートフォン市場を席巻する「Galaxy」。

スマートウォッチも以前から手掛けており、2020年後半には複数の新作を発表。

2021年には待望の新作「Galaxy Watch4シリーズ」が発売開始となりました。

現在の主要モデルと選び方は?

Galaxyが手掛けるスマートウォッチは以下の2タイプに大別できます。

Galaxy Watchシリーズ

Galaxyの看板モデルと言える高価格帯のシリーズ。実勢価格は3万円台~。

操作のしやすい円形のディスプレイと多彩な機能、洗練されたデザインが魅力で、素材やカラー別のバリエーションが豊富なのも特徴です。

最新モデルは2021年発売の「Galaxy Watch4」。

スタイリッシュな見た目で非常に軽く、スポーツに適した機能も持った「Galaxy Watch Active2」も人気です。

価格帯や機能的にはApple WatchやFitbitなどのスマートウォッチがライバルとなるでしょうか。

Galaxy fitシリーズ

こちらは細身のバンド型で、コンパクトなボディの中にスマートウォッチの主要な機能をギュギュッと凝縮。

実勢価格は5000円~6000円程度と非常にリーズナブルなのが特徴。

最新のモデルは「Galaxy Fit2」です。

こちらはXiaomi、OPPO、Amazfitなどのバンド型スマートウォッチと機能、価格が非常に近く、購入時は比較対象となるでしょう。

【あわせて読みたい】

国内販売される主要ブランドを網羅! スマートウォッチ21ブランドのガイド記事一覧はコチラ!

スマートウォッチ選びで「重視すべき機能」「実はなくてもいい機能」「あると便利な機能」を5千字で徹底解説!

現在の主要モデルはコチラ!

Galaxy Watch4

公式サイトで詳細を見る

Wear OS Powered by Samsungを初搭載した2021年10月下旬に発売の最新スマートウォッチ。

約15秒で計測可能な体組成測定機能を搭載するなど、ヘルスケア機能は非常に充実。

eSIM対応LTE版スマートウォッチでもあり、スマートフォンが近くにない時でも、スマートウォッチ単体でスマートフォンと同じ番号で通話やLTEデータ通信が可能です!

キャッシュレス決済以外はスマートウォッチの主要機能をほぼ網羅しており、普段遣いのモデルとしては最上級のスマートウォッチといえそうです。Galaxy Watch4 44mmサイズは44.4 x 43.3 x 9.8 mm、40mmサイズは40.4 x 39.3 x 9.8 mm。バッテリーは最大40時間。

カラーはGalaxy Watch4 44mmはブラック、グリーン、シルバー、Galaxy Watch4 40mmはブラック、ピンクゴールド、シルバー。
Galaxy Watch4 Classic 46mmはシルバー、ブラック、Galaxy Watch4 Classic 42mmは、シルバー、ブラック。

搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

各機能の詳細や、どの機能を重視すべきかについては、下記の関連記事をご一読ください。

【関連記事】スマートウォッチの20の主要機能を徹底解説。自分に最適なモデルを探す商品選びの基準に!

【使用レビューはコチラ!】

Galaxy Watch4使用レビュー。「Apple Watchより便利な機能」が多数ある新Wear OS搭載のスマートウォッチ!

Galaxy Watch3

stainless steel mystic black (45mm)

Amazonで詳細を見る

ヘルスモニタリング機能強化で健康的な生活をサポート

2020年10月発売のモデル。

クラシカルなケースの高級感に磨きをかける、プレミアムレザーストラップ採用しており、心拍計、気圧計、スマホの通知受け取りなど、スマートウォッチ機能も充実。

前モデルからはランニング分析機能、睡眠追跡などのヘルスサポート機能が強化されました。

 

搭載スペック

なお回転ベゼルを用いたクラシックなデザインで、デザインの高級感も特徴の一つとなっています。

上の写真のモデルほか、下記のようにケースのカラーやバンドの素材・カラーに複数のバリエーションあり。

レザーバンドは最高級品質のプレミアムレザーストラップを採用しています。

サイズは45mmは約46.2 x 45.0 x 11.1 mm。41mmは約42.5 x 41.0 x 11.3 mm。50m防水/MIL規格(MIL-STD-810G)準拠。カラー45mmステンレススチールはミスティックブラック、ミスティックシルバー。45mmチタンはミスティックブラック。41mmステンレススチールはミスティックブロンズ、ミスティックシルバー。

 

 

titanium mystic black

Amazonで詳細を見る

stainless steel mystic silver (45mm)

Amazonで詳細を見る

stainless steel mystic bronze (41mm)

Amazonで詳細を見る

【発売時の詳細なニュース記事】

ヘルスサポート機能も強化した最新スマートウォッチ『Galaxy Watch3』、10月23日発売決定!

Galaxy Watch Active 2

stainless steel silver (44mm,40mm)

Amazonで詳細を見る

洗練されたデザインと充実のログ機能で日常生活のバディーに

無駄のない洗練されたデザインと機能性とを両立。

ベゼルレスにすることでディスプレイ面積を最大化しており、画面の操作がしやすいのも特徴です。

ランニングコーチ機能、睡眠追跡機能なども充実で健康もサポートします。

端末で撮影した写真から、ウォッチフェイスの作成も可能です。44mmサイズは44.0 x 44.0 x 10.9mm、40mmサイズは40.0 x 40.0 x 10.9mm。50m防水/MIL規格を準拠。カラーはシルバー, ブラック, ゴールドの3色。

 

搭載スペック

stainless steel Black (44mm,40mm)

Amazonで詳細を見る

stainless steel Gold (44mm,40mm)

Amazonで詳細を見る

Galaxy Fit2

スカーレット

Amazonで詳細を見る

手洗いリマインダーで衛生面も管理するフィットネスバンド

多様なトラッキングで活動モチベーションを向上させ、ヘルスケア初心者でも簡単に、健康的でアクティブなライフスタイルをサポート。

コンパクトなボディの中にスマートウォッチとしての基礎機能を多彩に搭載しています。手洗いリマインダーも搭載。サイズは46.6×18.6×11.1mm。標準的な使い方で最大15日間のロングライフバッテリーも魅力です。防水等級5ATMです。カラーはブラック、スカーレットの2色。

搭載スペック

ブラック

Amazonで詳細を見る

【発売時の詳細な紹介記事はコチラ!】

手洗いリマインダーで衛生面も管理!健康的な日常をサポートするフィットネスバンド『Galaxy Fit2』が10月23日発売!
https://www.smartwatchlife.jp/13734/

関連記事

ビジネスシーンにオススメのスマートウォッチ13選&その活用法を紹介!

Amazonで信頼性の高いスマートウォッチを探す方法。怪しい製品を一挙に除外する裏ワザも!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示