検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ランニング&マルチスポーツモデルの最高峰! Polarの新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」登場

ランニング&マルチスポーツモデルの最高峰! Polarの新世代フラッグシップモデル「Polar Vantage V2」登場

NEWS

2020.10.16

フィンランドに本社を置き、1982年に世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発したPolar(ポラール)。心拍トレーニングのスペシャリストであり、スマートウォッチのリーディングカンパニーでもある同ブランドが、フラッグシップモデルとなる「Polar Vantage V2」(ポラール ヴァンテージ ブイ ツー)を発表しました。

「Polar Vantage V2」は、Polarのスポーツに関する専門知識をすべて詰め込んだ、プレミアム マルチスポーツウォッチ。心拍数計測、パワー計測、加速度センサーなどの情報からパフォーマンスを数値化する機能や、脚力の回復状況をテストできる機能を新たに搭載。スマホの通知受取などのスマートウォッチとしての基本機能もしっかり搭載されています。

なおカラーはブラック、グリーン、グレー・ライムの3色展開で、価格は69,800円(税別)。11月5日から全国販売されます。

ランニング&マルチスポーツのカテゴリーの最高峰

上記の表のように「フィットネス」のシリーズと「ランニング&マルチスポーツ」に分類されるポラールの製品群。Vantage V2は「ランニング&マルチスポーツ」のカテゴリーの最高峰に位置します。中位モデルの「Vantage M」が「年に2回くらいレースに出る一般ランナー」向けの製品であるのに対し、今回の「Vantage V2」は「プロレベルでトレーニングするアスリート」をターゲットとしたもの。とてもハイレベルなカテゴライズとなっています。

フラッグシップモデルに相応しいプレミアムデザイン

Vantage V2はフラッグシップモデルに相応しいプレミアムデザイン。アルミ製のボディを採用することにより軽量化を図り、GPSの高性能化にも成功しています。フルメタルのケースとアクセントカラーを採用したベルトの組み合わせはスポーティーな雰囲気です。

標準ベルトカラーはブラック、グリーン、グレー・ライムで、さらに交換ベルト(価格:4,980円)としてホワイト、レッド、ローズ・プラムを用意。計6色展開となります。

Vantage V2ハードウェアの特徴

正確な心拍計測

Vantage V2のハードウェアの特徴として、前述のアルミケースのほかに、高精度の心拍センサーがあげられます。Vantage V2には過去のモデルからさらに改良された3色・10LEDの「Polar Precision Prime」を搭載。それぞれ波長が違うグリーン、オレンジ、レッドの3色・10LEDを採用することにより、皮膚の表層と深層を複合的に計測。より正確な心拍計測を可能にしています。

最大100時間のロングバッテリー

省電力モードで使用すれば最大100時間のロングバッテリーを誇ります。GPSをオンにしても40時間の連続使用ができるので、長い航行や長時間のレースにも対応できます。

さらにはミルスペック「MIL-STD-810G」準拠の100m防水機能、高精度のカラータッチディスプレイを搭載。フラッグシップモデルとして申し分ない機能が備わっています。

Vantage V2計測機能の特徴

徐々に上がる表示スピードに合わせて走る「ランニング パフォーマンス テスト」

Vantage V2の新機能として「ランニング パフォーマンス テスト」が追加されました。

この機能は、徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測します。時計画面に表示されたスピードに合わせて走り、表示されるスピードは時間がたつにつれ少しずつ早くなっていきます。

表示されるスピードについていけなくなると計測は自動で終了し、MAX、MAP、VO2maxなどの数値をフィードバックします。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化(更新)され、より現状の能力に合ったトレーニングを行うことができます。

こちらも新機能の「サイクル パフォーマンス テスト」

さらに新機能として「サイクル パフォーマンス テスト」が搭載されています。この機能は1時間を全力で走り切ったときに出せる平均パワー(FTP)と、VO2max、パワーウェイトレイシオ(W/kg)を計測します。設定した時間(20、30、40、60分)、ロードバイクなどの自転車に乗り続けます。計測には別売りのパワーメーターが必要になります。

ジャンプ3回行で脚の回復度を数値化!「脚力回復度テスト」

「脚力回復度テスト」はジャンプを3回行うことで、脚の回復度を数値化します。プロのアスリートでもトレーニング前にジャンプの高さを測って、回復度を確認しますが、これをVantage V2で計測することができるようになりました。

スマホの通知受取などの基本機能もしっかり搭載

またスマートウォッチとしての基本機能もしっかり搭載。スマートフォンからのスマート通知を受け取れるので、大事なメッセージを見逃す心配もありません。電話の受信、メッセージ、Eメール、カレンダー行事ほか、アラート通知を受け取れます。睡眠状態や一日のアクティビティ(活動量)の計測ももちろん可能です。

そのほか、スマートフォンの音楽再生コントロール機能や、ウェブサービス「Polar Flow」上で各種テストで計測したデータを一括で分析できるサービスが追加されています。

世界的なトレイルランナーも心拍計の精度を称賛

今回の新製品Vantage V2の発表では、Polarの契約アスリートである宮崎喜美乃さんと、ポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社の園部社長とのトークセッションも開催。国際的に活躍する女性トレイルランナーの視点から、その使用感を伺うことができました。

宮崎さんがVantage V2を使用して一番に感じたことは「心拍計測の精度の良さ」だそう。特に「心拍数が上がったところでの計測にズレがないこと」が他社のスマートウォッチとの違いとのこと。たしかに、この数値に信頼を置けないとトレーニングの効率が下がってしまいます。

また計測したデータを「Polar Flow」上で自分で加工・閲覧できるところも評価ポイントで、トレーニングに上手く活用できているとのこと。さらにトレーニング機能以外の部分では、睡眠ログを取る機能にも言及。睡眠の深さのステージを表す「睡眠ステータス」に加え、睡眠の質を表す「自律神経ステータス」も表示される点に感心を示されていました。

宮崎さんの場合は、飲酒した夜の自律神経ステータスは「非常に低い」と計測されたそうで、結果的に断酒につながった……なんていう話も。アスリートの生活面にも改善を促すVantage V2は、一般ユーザーにもさまざまなメリットをもたらしてくれそうです!

なおVantage V2の開発テストには、ポラールのオフィシャルグローバルアスリートで世界トップクラスのレーシングドライバー、バルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)氏も参加。ボッタス氏の以下のコメントからも、Vantage V2が日常のトレーニングに役立つアイテムだということが分かるはず。発売が待ち遠しいですね!

「トレーニングの時間を確保し、睡眠をしっかりとって身体を回復させることは、パフォーマンスを向上させるために重要なことです。しかし、忙しい生活を送っていると、この時間を確保することが非常に難しくなります。そのため、より効率的にトレーニングするために必要なデータとツールが必要になります。Polar Vantage V2 は、この条件を満たしてくれるため、トレーニング時間の確保が難しい時期でも活用することができました」

Polar Vantage V2製品概要

製品名:Polar Vantage V2
色:ブラック、グリーン、グレー・ライム(M/Lサイズ)
バッテリー:24時間心拍計測使用で最大7日間
高精細記録によるトレーニング連続使用で最大40時間
(GPS1秒毎、心拍計測オン)
省電力設定によるトレーニング連続使用で最大100時間
(GPS2分毎、心拍計測オフ)
操作:カラータッチディスプレイ+5ボタン
重さ:52g(リストバンド含む)
サイズ:直径47mm×厚さ13mm
防水:100m防水(WR100)
希望小売価格:単体69,800円(税別)、H10心拍センサーセット75,800円(税別)
発売日:2020年11月5日
セット内容:単体:Polar Vantage V2、USBケーブル、スタートガイド
H10セット:Polar Vantage V2、Polar H10、USBケーブル、スタートガイド

 

■お客様の問い合わせ先
ポラールサービスセンター
Email: info.jp@polar.com
TEL: 03-6704-4109
受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~12:30、13:30~17:00
https://www.polar.com/ja/node/98966

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  10. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

NEW CONTENTS

  1. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  2. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  3. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  4. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  5. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  6. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  7. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

  8. iPhone 14、Apple Watch、iPad Pro、Galaxy S22など人気製品の関連ガジェットを最大50%OFFで販売。「PITAKAブラックフライデー2022」

  9. Galaxyの年内最大セール「Amazon ブラックフライデー」11月25日(金)より7日間限定開催!

  10. adidas RunningとAmazfitがスポーツを応援するキャンペーン「WORK OUT TO WIN Challenge」を実施!

TAG

タグをさらに表示