検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 心拍の異常検知や詳細な睡眠分析・運動記録が可能! Withingsの新作ハイブリッド型スマートウォッチ『ScanWatch』が販売開始

心拍の異常検知や詳細な睡眠分析・運動記録が可能! Withingsの新作ハイブリッド型スマートウォッチ『ScanWatch』が販売開始

NEWS

2020.10.27

SB C&S株式会社は、Withings (ウィジングズ)製の最新のハイブリッド型スマートウォッチ、『ScanWatch(スキャンウォッチ)』を10月16日より、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon、全国の大手家電量販店(一部店舗を除く)で販売を開始しました。当記事では、同製品の魅力について紹介します。

SoftBank SELECTION オンラインショップ
https://www.softbankselection.jp/onlineshop/

高性能でありながら、生活に溶け込むスタイリッシュなデザインに


同製品は、心臓医学の専門家と共に開発されたハイブリッド型スマートウォッチです。時計本体には、ステンレス鋼やサファイアガラス、PMOLED(パッシブマトリクス有機EL)ディスプレイを採用し、高性能でありながら、生活に溶け込むスタイリッシュなデザインです。

心拍の異常検知や、詳細な睡眠分析・運動記録が可能に


血液や皮膚に吸収された光の状況から静脈内の血液に含まれる成分の変化を捉えて計測を行う、Withings独自のPPGセンサーを搭載したことで、心拍の高精度な計測を実現しました。また、就寝中の呼吸の乱れを検知したり、平常時や睡眠時、エクササイズでの心拍をアプリで表示するだけでなく、心拍の“低下”“上昇”“乱れ”をアラート発信することが可能です。

さらに、Vo2MAX(最大酸素摂取量)推定値によるフィットネスレベルの評価機能も大きな魅力。そのほか50m防水機能、GPS接続機能や、新たに追加された高度計機能により、詳細な運動情報を記録することができます。さらに、一度の充電で最長30日間持続する圧倒的な電池寿命も特徴。日々の健康管理を快適にサポートします。

従来モデルより視認性がアップ


Withings製の従来モデルのハイブリッド型スマートスマートウォッチ『Steel HR』『Steel HR Sport』よりも文字盤や液晶ディスプレイが大型化。視認性がアップしました。デジタルクラウンを回すことで本体から設定可能な機能も増えています。

主な特長


・ Withings独自の多波長PPGセンサーを搭載
・ 心拍の乱れを検知しアラート
・ 就寝中の呼吸の乱れを検知
・ 睡眠サイクルの記録(浅い、深い、レム睡眠)
・ SMART WAKE-UPアラーム機能を搭載
・ スポーツの自動検知機能を搭載
・ 防水50m(5ATM)
・ 高度計測機能を搭載
・ 1回の充電で最大30日間持続するバッテリーを搭載(通常使用時)
・ 消費電力を抑えたPMOLEDディスプレイ
・ 手首を返すだけで液晶表示がONになるクイックルック機能を搭載
・ HEALTH MATEアプリとの連携

※医療機器ではありません。
※日本では、心電図、SpO2(血中酸素飽和度)計測機能は対応いたしません。

同梱物

・ScanWatch本体
・充電ケーブル
・フェルト素材のケース
・スタートガイド

価格(税抜)

・38㎜モデル:オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:3万2,945円)
・42㎜モデル:オープン価格(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格:3万4,991円)

製品の詳細はこちら

https://www.softbankselection.jp/cart/ProductDetail.aspx?sku=3700546706820

同製品を手掛けるのは「Withings」

2008年にCédric Hutchings(セドリック・ハッチングス)とEric Carreel(エリック・カレル)によって設立。美しいスマート製品とサービスを提供することで人々の健康をサポートする、コネクテッド・ヘルス革命を牽引する企業であり、アクティビティを記録するウォッチ(Move、 Steel、Steel HR)、コネクテッド・スケール(Body Cardio、Body+、Body)、ワイヤレス血圧計や体温計(日本未発売)や、高度な睡眠トラッカー(Sleep)など、多数の受賞歴を持つ製品を開発しています。

※SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. ケース不要派も大満足! 重さ6gの超極薄iPhoneケース「フロストエア」、付けても見た目はiPhoneそのままの美しさ

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  6. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  7. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  8. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

NEW CONTENTS

  1. 3000円台とコスパ抜群! ペットカメラ「Tapo C200」使用レビュー

  2. 第2回蔦屋家電+ 大賞にMEMSスピーカー搭載「Faunaオーディオグラス」が入賞

  3. 「BE@RBRICK×CASETiFY」のiPhoneケースやテックアクセサリーが発売。コレクター必見の創立10周年モデル!

  4. 「第2回 蔦屋家電+ 大賞」でトップ10に入賞! キャッシュレス時代のiPhoneケース「Wrapup」に注目

  5. iPhoneケースで人気のROOT、多機能ネック/ショルダーストラップ「UTILITY WEBBING」に新色を登場

  6. Uberの撤退から読み解く、Apple Watchアプリの難点とは?

  7. Xiaomiスマートウォッチが格安で買えるサイトを発見! オススメ3モデルを紹介

  8. Amazonが日本初となる入国者向けロッカーを羽田空港に設置。隔離要請者もAmazonで注文した商品を受取可能に

  9. iPhone 13の超広角カメラで猫を撮ってみた。接写でも全身が写りダイナミックな写真が撮れる!

  10. GOLDEN CONCEPTのポップアップストアが「大丸心斎橋店 本館1階」にオープン。世界最速でApple Watch Series 7対応ケースの先行販売mo

TAG

タグをさらに表示