検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 世界のスマートウォッチ出荷台数シェアが発表!Apple、Huawei、Samsungが市場を牽引!

世界のスマートウォッチ出荷台数シェアが発表!Apple、Huawei、Samsungが市場を牽引!

NEWS

2020.12.26

テクノロジー・メディア・通信業界に特化した国際的な調査会社のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、「スマートウォッチのグローバルでの出荷量は、COVID-19流行の中でも成長軌道を維持し、2020年第3四半期も前年同期比6%の成長を遂げた」という調査結果を含む、Global Smartwatch Model Trackerによる最新調査を発表しました。

Appleは昨年と比較して2%シェアを伸ばす


Appleは、引き続き市場のリーダーのポジションを維持しており、昨年と比較して2%シェアを伸ばしました。同社は、初の中位機種スマートウォッチとなるApple Watch SEをこの四半期に発売し、300米ドルを切る価格帯で多くの注目を集めました。またHuaweiは、最近投入した機種の中でも、特に子供向けのスマートウォッチが好調であり、15%のシェアで2位の座を守りました。Galaxy Watch 3の発売を成功させたSamsungは、BBKを抜いて、この四半期の3位を獲得しました。

図1: 世界のスマートウォッチ出荷台数シェア 2020年と2019年の第3四半期比較

Samsungは「Galaxy Watch 3」発売で勢いを取り戻す

カウンターポイント社シニアアナリストのSujeong Lim氏は以下の通り述べています。

「売上に関しては、Appleはさらに強くなった。第3四半期に同社は23億米ドル(約2,400億円)とスマートウォッチグローバル市場の売上のほぼ半分に達し、前年同期比で18%の増加となった。その一方、Samsungは2020年上半期に伸び悩んだ。Appleほど高級機を求める購買層に訴求できず、コロナ流行下で需要を喚起できなかった。しかし、Galaxy Watch 3の発売によって、第3四半期は勢いを取り戻したことにより、Samsungは前年同期比59%の成長を遂げた。この勢いは、しばらくは続くだろうと見込まれる。」

7四半期を経て、中国が北米を抜いて最大の市場に

図2:世界のスマートウォッチ出荷台数シェア 地域別

地域別で鑑みると、中国は7四半期かけて、台数ベースに於いて、北米を僅差で抜き、世界最大の市場となりました。Apple Watchシリーズ4の発売以降著しい成長を遂げていた北米市場は、2018年第4四半期以降、市場を牽引する役目を持っていましたが、2020年第3四半期は中国が首位となりました。以前は、中国では子供向けスマートウォッチのシェアが全体の7割を超えていましたが、昨今は「普通の」スマートウォッチ市場に勢いがあることも市場拡大の要因となっています。

また、インドは、スマートウォッチのグローバル市場シェア4%に過ぎないものの、MEA(中東とアフリカ)や中南米よりも大きな市場に育ちつつあり、出荷量は前年同期比で95%伸びています。Lim氏は以下の通りに付け加えています。

「インドでは、地場メーカーのNoiseが急速に伸びている上、インド人に浸透している中国メーカーのrealmeがWatchを第3四半期に発売した。インドのスマートウォッチ市場は、これらのメーカーの売上増を受けて、成長の第1ステージに入ったようである。COVID-19から回復する来年末から、本格的な成長が始まるだろうと見込まれる。」

スマートウォッチの機種別、地域別の出荷台数に関する包括的なレポートは、購読者向けにリサーチポータルにて配信されています。
https://report.counterpointresearch.com/posts/report_view/iot/2189

カウンターポイント社について

Counterpoint Technology Market ResearchはTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界に特化した国際的な調査会社。主要なテクノロジー企業や金融系の会社に、月報、個別プロジェクト、およびモバイルとハイテク市場についての詳細な分析を提供しています。主なアナリストは業界のエキスパートで、平均13年以上の経験をハイテク業界で積んだ経験を持っています。

公式ウェブサイト
https://www.counterpointresearch.com/

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  10. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

NEW CONTENTS

  1. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  2. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  3. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  4. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  5. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  6. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  7. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

  8. iPhone 14、Apple Watch、iPad Pro、Galaxy S22など人気製品の関連ガジェットを最大50%OFFで販売。「PITAKAブラックフライデー2022」

  9. Galaxyの年内最大セール「Amazon ブラックフライデー」11月25日(金)より7日間限定開催!

  10. adidas RunningとAmazfitがスポーツを応援するキャンペーン「WORK OUT TO WIN Challenge」を実施!

TAG

タグをさらに表示