検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

NEWS

2019.09.06

第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

2019年9月3日〜6日まで開催されていたギフトショーに情報収集のために来訪してみました。やはり88回も開催され長年続いているギフトショーだけあってかなりの来場者数でした。ちなみに今年は東京ビッグサイトでは通常の西会場と新たに7月よりオープンした南展示棟、の2会場とバスで約5分の青海会場の計3会場で行われていました。

毎回様々な情報が得られるので今回も楽しみに来場。
そこで今回のイチオシのスマウォを発見しましたので早速ご紹介させていただきます。
その名は『TicWatch』。WearOS採用モデルではもっともハイコスパなのではと思わせる出来で、作り込みも中身も2万円台で買えるモデルでは珠玉の一品。まずは、『TicWatch』って何?って人向けに会社の説明からいってみましょう!

TicWatch(Mobvoi社)について】

『TicWatch』を開発しているMobvoi社は、AIとの次世代の人間と機械の相互作用の限界を押し広げることを目指し2012年に中国で設立、音声認識、自然言語処理、および垂直検索の分野で評判の企業なんです。ウェアラブル、オーディオ、自動車、家庭用製品の各カテゴリーで高く評価されており、スマートウォッチではWear OSおよびGoogle AssistantによるGoogleとの緊密な戦略的パートナーシップでコスパバツグンの商品を開発しています。
2018年10月にはTicWatchのフラッグシップシリーズとなるTicWatch Proを発売しました。これにより現在まで「C2」「S2」「E2」と4シリーズを展開しています。

TicWatchの展示ブース>

Wear OS 搭載の「S2」シリーズと「E2」シリーズの2シリーズが展示されているのを発見。両シリーズともほぼ同様のスペックとなっていますが、
大きな違いは「E2」は軽量化をはかり腕につけたときに軽くて快適に装着が出来るスタンダードタイプ。
「S2」はMIL -STD –810を認証、ミルスペックになっており、極限な温度変動に耐えられる。例えば氷山の登山やスカイダイビング、サーフィンの時などあらゆる局面でも接続を保つ事が可能。またショック、灰などにも耐えられる仕様になっているミルスペックタイプとなっています。

主なスペックは下の表の通り

【E2シリーズ】

TicWatch E2のスペック

サイズ(mm) :46.9×52.2×12.9
カラー :ブラックのみ
ケース :ポリカーボネート
ストラップ :シリコーン(取替可能)22mm
搭載OS :GoogleウエアOS
音声アシスタント:Google Assistant ™️
互換性 :Android、iPhone
プラットフォーム:Qualcomm® Snapdragon Wear™
ディスプレイ : 1.39″ AMOLED (400 x 400 px)
通信方式 :ブルートゥースv4.1, WiFi 802.11 b/g/n
GPS :GPS + GLONASS + Beidou
センサー : 加速度センサー、ジャイロスコープ、心拍センサー、低遅延オフボディセンサー
NFC支払い :対応不可
バッテリー容量 : 415mAh
防水レベル :5ATM(水泳用、最大50メートル)
TicWatch E2 製品情報はこちら

【S2シリーズ】

TicWatch S2のスペック

サイズ(mm) :46.6×51.8×12.9
カラー :ブラック、ホワイト
ケース :ポリカーボネート
ストラップ :シリコーン(取替可能)22mm
搭載OS :GoogleウエアOS AI Technology :Google Assistant ™️、Mobvoi TicMotion
互換性 :Android、iPhone
プラットフォーム :Qualcomm® Snapdragon Wear™
ディスプレイ : 1.39″ AMOLED (400 x 400 px)
通信方式 :ブルートゥースv4.1, WiFi 802.11 b/g/n
GPS :GPS + GLONASS + Beidou
センサー :加速度センサー、ジャイロスコープ、心拍センサー、低遅延オフボディセンサー
NFC支払い :対応不可
バッテリー容量 : 415mAh (最長2日間のバッテリー)
米軍規格810g : MIL-STD-810G: 操作できる温度: -20ºC to 55ºC;  湿気、埃、塩水噴霧に耐えられる
防水レベル :5ATM(水泳用、最大50メートル)
TicWatch S2 製品情報はこちら

現在はビックカメラで取扱中とのことで
ビックカメラでの「S2」シリーズの販売価格は9月6日現在で2万2194円、ビックカメラでの「E2」シリーズの販売価格は9月6日現在で1万8997円とGPS機能も付きこれだけのスペックでこの価格は中々の良コスパではないでしょうか?
ちょっと気になる『TicWatch』これからも追っていきたいと思います。

ビックカメラで詳細を見る【E2シリーズ】

ビックカメラで詳細を見る【S2シリーズ】

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  3. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  4. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  5. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2021年 最新版】

  6. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  7. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  8. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

NEW CONTENTS

  1. カシオとアシックス ランナー向けコーチングサービス『Runmetrix』を提供開始!モーションセンサーは3月4日発売

  2. 特別公開 カシオ×アシックス共同開発 「モーションセンサー」開発者インタビュー

  3. ついにApple Watchに心電図が来た! WatchOS 7.3アップデート配信開始

  4. ワコムの5000円台で買えるペンタブ「One by Wacom」がChromebook対応製品として認定

  5. 「LINE」がレシート撮影で簡単に支出管理ができる「LINEレシート」をリリース

  6. 「SUUNTO 7」「SUUNTO9」 で使えるスタイリッシュなストラップが2月1日より発売開始

  7. 丸洗いも可能! 販売数No.1ポータブルスピーカー「JBL CLIP」の最新モデルが登場

  8. 2021年版 スマートウォッチ完全ブランドガイド『SUUNTO』編

  9. プロキャディ杉澤伸章が語る『Garmin』「Approach Z82」動画が公開

  10. ジャンク品も売却可能!フリマアプリ「ラクマ」がスマートフォンの買取サービス開始

TAG

タグをさらに表示