検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

NEWS

2019.09.06

第88回東京インターナショナルギフト・ショー 秋2019で見つけた良コスパのスマウォ!

2019年9月3日〜6日まで開催されていたギフトショーに情報収集のために来訪してみました。やはり88回も開催され長年続いているギフトショーだけあってかなりの来場者数でした。ちなみに今年は東京ビッグサイトでは通常の西会場と新たに7月よりオープンした南展示棟、の2会場とバスで約5分の青海会場の計3会場で行われていました。

毎回様々な情報が得られるので今回も楽しみに来場。
そこで今回のイチオシのスマウォを発見しましたので早速ご紹介させていただきます。
その名は『TicWatch』。WearOS採用モデルではもっともハイコスパなのではと思わせる出来で、作り込みも中身も2万円台で買えるモデルでは珠玉の一品。まずは、『TicWatch』って何?って人向けに会社の説明からいってみましょう!

TicWatch(Mobvoi社)について】

『TicWatch』を開発しているMobvoi社は、AIとの次世代の人間と機械の相互作用の限界を押し広げることを目指し2012年に中国で設立、音声認識、自然言語処理、および垂直検索の分野で評判の企業なんです。ウェアラブル、オーディオ、自動車、家庭用製品の各カテゴリーで高く評価されており、スマートウォッチではWear OSおよびGoogle AssistantによるGoogleとの緊密な戦略的パートナーシップでコスパバツグンの商品を開発しています。
2018年10月にはTicWatchのフラッグシップシリーズとなるTicWatch Proを発売しました。これにより現在まで「C2」「S2」「E2」と4シリーズを展開しています。

TicWatchの展示ブース>

Wear OS 搭載の「S2」シリーズと「E2」シリーズの2シリーズが展示されているのを発見。両シリーズともほぼ同様のスペックとなっていますが、
大きな違いは「E2」は軽量化をはかり腕につけたときに軽くて快適に装着が出来るスタンダードタイプ。
「S2」はMIL -STD –810を認証、ミルスペックになっており、極限な温度変動に耐えられる。例えば氷山の登山やスカイダイビング、サーフィンの時などあらゆる局面でも接続を保つ事が可能。またショック、灰などにも耐えられる仕様になっているミルスペックタイプとなっています。

主なスペックは下の表の通り

【E2シリーズ】

TicWatch E2のスペック

サイズ(mm) :46.9×52.2×12.9
カラー :ブラックのみ
ケース :ポリカーボネート
ストラップ :シリコーン(取替可能)22mm
搭載OS :GoogleウエアOS
音声アシスタント:Google Assistant ™️
互換性 :Android、iPhone
プラットフォーム:Qualcomm® Snapdragon Wear™
ディスプレイ : 1.39″ AMOLED (400 x 400 px)
通信方式 :ブルートゥースv4.1, WiFi 802.11 b/g/n
GPS :GPS + GLONASS + Beidou
センサー : 加速度センサー、ジャイロスコープ、心拍センサー、低遅延オフボディセンサー
NFC支払い :対応不可
バッテリー容量 : 415mAh
防水レベル :5ATM(水泳用、最大50メートル)
TicWatch E2 製品情報はこちら

【S2シリーズ】

TicWatch S2のスペック

サイズ(mm) :46.6×51.8×12.9
カラー :ブラック、ホワイト
ケース :ポリカーボネート
ストラップ :シリコーン(取替可能)22mm
搭載OS :GoogleウエアOS AI Technology :Google Assistant ™️、Mobvoi TicMotion
互換性 :Android、iPhone
プラットフォーム :Qualcomm® Snapdragon Wear™
ディスプレイ : 1.39″ AMOLED (400 x 400 px)
通信方式 :ブルートゥースv4.1, WiFi 802.11 b/g/n
GPS :GPS + GLONASS + Beidou
センサー :加速度センサー、ジャイロスコープ、心拍センサー、低遅延オフボディセンサー
NFC支払い :対応不可
バッテリー容量 : 415mAh (最長2日間のバッテリー)
米軍規格810g : MIL-STD-810G: 操作できる温度: -20ºC to 55ºC;  湿気、埃、塩水噴霧に耐えられる
防水レベル :5ATM(水泳用、最大50メートル)
TicWatch S2 製品情報はこちら

現在はビックカメラで取扱中とのことで
ビックカメラでの「S2」シリーズの販売価格は9月6日現在で2万2194円、ビックカメラでの「E2」シリーズの販売価格は9月6日現在で1万8997円とGPS機能も付きこれだけのスペックでこの価格は中々の良コスパではないでしょうか?
ちょっと気になる『TicWatch』これからも追っていきたいと思います。

ビックカメラで詳細を見る【E2シリーズ】

ビックカメラで詳細を見る【S2シリーズ】

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  3. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  4. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  5. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  6. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  7. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  10. 左手にApple Watch、右手にFitbitを着けっぱなしで過ごした4日間のデータ比較。スタンフォード大の研究は正しいか

NEW CONTENTS

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  4. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

  5. Appleデバイスのレザーアクセサリー専用の保湿クリームが新発売

  6. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  7. Suuntoのスポーツ向けスマートウォッチ「SUUNTO RACE」の新色3モデルが発売

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Xiaomi関連のスマートウォッチの専門ブランド “Mibro (ミブロ)”がついに日本正式発売!

  10. 『呪術廻戦スマートウォッチ』が3月29日(金)より販売スタート!

TAG

タグをさらに表示