検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スティーブ・ジョブズとApple Watchの関係は? 没後に開発の製品だが、様々な関連も

スティーブ・ジョブズとApple Watchの関係は? 没後に開発の製品だが、様々な関連も

NEWS

2021.12.24

Appleが2014年に発表し、2015年から発売がはじまったApple Watch。

スティーブ・ジョブズ亡き後、ティム・クックがCEOに就任したAppleにおいて、初の新カテゴリー製品として知られています。

では、Apple Watchはスティーブ・ジョブズとまったく無関係の製品なのでしょうか?

この記事ではスティーブ・ジョブズとApple Watchの関係を探ってみます。

ジョブズの死後のディスカッションからApple Watchは生まれた

Appleの元CDOで、 iMac、MacBook、iPod、iPhone、iPadなどのインダストリアルデザイン担当者として知られるジョナサン・アイブは、「スティーブと時計について話したことはなく、自分たちで作ろうとしたこともありません」「彼が時計をしてたいのを見たこともありません」と過去のインタビューで語っています。

つまり、Apple Watchはスティーブ・ジョブズの発案の製品ではないわけです。

なお、ジョナサン・アイブらAppleの幹部たちはジョブズの亡くなった数カ月後の2012年初頭に最初のディスカッションを開始。

自分たちがどこに行こうとしていたのか。企業としてどんな軌道に乗っていたのか。何が自分たちのモチベーションになっていたのか。

そうしたことをじっくりと話し合い、誕生したのがApple Watchでした。

なので、Apple Watchは、スティーブ・ジョブズの死から間接的に生まれた製品とも言えるわけです。

ジョブズが闘病時に感じていた医療への不満

なおスティーブ・ジョブズは2003年に膵臓がんの診断を受け、翌年に手術を受けた後も、病との戦いを長く続けていました。

そして入院時のジョブズは、病院内のヘルスケアのシステムが共有化されずバラバラだったことに失望しており、「患者と医者などの医療提供者との間できちんと連携されていることが重要だ」とも痛感していたそう。

心拍数や血中酸素濃度などの指標のほか、今や心電図の計測が可能なApple Watchは、まさにユーザー個人と医療提供者のギャップを埋めるツールとしての特徴を強めつつあります。

こうした点でも、Apple Watchは、スティーブ・ジョブズと関係がある製品……ともいえるわけです。

Apple Watchの成長で「ジョブズの次の時代」を切り開けるか

そしてApple Watchは、スティーブ・ジョブズ時代のAppleが未着手だった「医療」という分野に進出し、その存在感は日を追うごとに大きくなっています。

Appleが発表した2021年度第3四半期(4~6月)の業績では、Apple Watch などのウェアラブルとホームデバイスとアクセサリーを併せたカテゴリーも急成長。

同カテゴリーの売上高は前年同月比36%増の87億7500万ドル(約9636億円)となり、MacとiPadの売上を初めて上回りました。

ティム・クックも「ユーザーが健康を維持するため、そしてフィットネスの目標を達成するため、Apple Watchは最良の選択肢であり続けている」とコメントをしています。

【あわせて読みたい】Apple Watchの売上が急成長。Appleの基幹カテゴリーへ 

なおApple Watchの血糖値センサーについては、かなり以前から開発中との情報が漏れ伝わってきており、新型コロナウイルスの感染拡大以降は体温計測の機能搭載についても、さまざまな噂が流れています。

日本でも「人生100年時代」という言葉が広まり、コロナ禍で健康意識がより高まりつつある今、Apple Watchの存在がより大きくなっていけば、Appleは医療分野でも世界を代表する企業になる可能性があります。

そうした状況が生まれたときにはじめて、Appleは「ジョブズの次の時代」を切り開いた、といえるのかもしれません。

参考文献:『アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること』(2019、竹内 一正/ダイヤモンド社)、『ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才』(2019、リーアンダー・ケイニー/SBクリエイティブ)

あわせて読みたい

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. Apple Watch Ultraとの相性は最強! NOMADのチタニウムバンド使用レビュー

  2. Apple Watch等のウェアラブルの出荷量が下降傾向。物価高とコロナ禍収束とドル高のトリプルパンチが原因?

  3. Galaxy Watch 5使用レビュー。Apple Watchとガチで比較対象になる唯一のスマートウォッチを見つけた!

  4. MFi認証を受けたApple Watch充電用強靭ケーブルがスゴい! 純正製品をも凌駕する信頼性

  5. 充電サイクルが短いApple Watchをスタイリッシュに充電したい!卓上Apple Watch充電スタンド使用レビュー。

  6. Wear OS スマートウォッチでのGoogle Payの利用が可能に!

  7. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  8. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  9. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  10. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

TAG

タグをさらに表示