検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマートウォッチデビューに最適のロングバッテリー入門機『HUAWEI Band 7』が新発売

スマートウォッチデビューに最適のロングバッテリー入門機『HUAWEI Band 7』が新発売

NEWS

2022.06.04

ファーウェイ・ジャパンは、健康管理※1やワークアウトの記録に役立ち、スマートウォッチを初めて手にとる方にもピッタリな「HUAWEI Band」シリーズより、最新モデル『HUAWEI Band 7』を、市場想定価格8,580円(税込)にて6月2日(木)より発売します。

カラーバリエーションは、グラファイトブラック・フレイムレッド・ネビュラピンク・ウィルダネスグリーンの4色です。

『HUAWEI Band 7』は、前モデルよりウォッチ部分が薄くなり、約9.99mmの薄さを実現。1.47インチAMOLEDカラーディスプレイは大画面で見やすく、かつベゼルが狭いため65%の画面占有率を誇ります。

お手頃な価格とコンパクトなデザインながら、その多機能性で好評を博した『HUAWEI Band』シリーズのDNAを引き継ぎ、血中酸素の常時測定※2、月経周期トラッキング※3、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングといった健康管理に役立つ機能を搭載しています。

また、最大96種類のワークアウトモードに対応し、日々の運動を記録することでモチベーションアップに役立ちます。

今回、HUAWEI TruSportTMが搭載され、ランナー向けの機能が強化されました。さらに、約2週間持続するバッテリー※4を搭載しているので充電を毎日気にする必要がありません。初めてスマートウォッチを使用する方はもちろん、充電にわずらわしさを感じている人にもおすすめの1台です。

『HUAWEI Band 7』の主な特長

前モデルよりも着け心地がグレードアップ

1.47インチのAMOLED 大画面ディスプレイを搭載。画面占有率は65%で、様々なデータを画面上で見ることができます。

着け心地が前モデルと比べて進化し、ウォッチ部分の厚みが薄くなり、わずか9.99mmとなりました。

超薄型で快適な装着感です。ほかにも、装着感を向上させるため腕のカーブに、よりフィットするデザインに改良し、バンドの通気性をアップさせ、ウォッチ部分の裏側の突起を減らし圧迫感を軽減するなど、工夫を凝らしました。

健康管理に役立つ機能満載※1

心拍数モニタリング、血中酸素レベルモニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、月経周期トラッキング※3など健康管理に役立つ機能を搭載しています。

[心拍数モニタリング]
心拍数を24時間モニタリング。心拍数が安全なレベルを超えた時はアラートが表示されます。

[血中酸素レベルモニタリング]
血中酸素レベルを常時測定※2することが可能。予め設定した値よりも低くなった場合、本体が振動し、アラートを出します。

[睡眠モニタリング]
深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠、昼寝の4つの異なる睡眠状態のいずれかを検出。また、6つの主要な睡眠課題を特定し、200以上のアドバイスを提供します。

[ストレスモニタリング]
独自技術のストレスモニタリングで1日のストレスレベルをモニタリングできます。ストレスが高まったときには本体に内蔵された呼吸エクササイズを使用することで、リラックスして集中できる状態に促します。

[月経周期トラッキング※3]
月経周期のカレンダーを簡単に管理できます。生理日が近づいてきたら、タイムリーにお知らせします。

[Healthy Living機能]
自分に合った健康プランを選び、歩数や深呼吸などのタスクをこなし、クリアするたびに通知が届き、モチベーションの向上へとつながる機能が新たに加わりました。

2週間持続する強力バッテリー搭載

『HUAWEI Band 7』は、通常使用※4で約14日間、ヘビーユース※5で約10日間というバッテリー持続時間を実現。また、充電ポートを使ってわずか5分の充電で約2日間の通常使用※4ができるため、急にバッテリー切れに気づいても心配ありません。

96種類のワークアウトモード

11のプロスポーツモードと、85種類のカスタムワークアウトモードに対応。特にランニングモードでは、運動時の心拍数やケイデンスなどを記録でき、運動後には消費カロリー、ランニング能力指数、最大酸素摂取量、回復時間などの情報を見ることができるため、科学的にワークアウトすることができます。また、5ATMの防水性能も備えています。

日常生活をもっと便利に

着信やメッセージの確認、天気情報、アラーム、タイマーなど、様々な便利機能をスマートバンドで行うことができます。また、「HUAWEI Watch Face Store※6」には多種多様なウォッチフェイスのデザインを用意しており、気分に合わせて文字盤をお好きに変えることができます。

※1:本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、医療機器ではありません。本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用できません。
※2:常時測定とは一定期間毎の計測値を定期的に表示することを意味しています。
※3:Android™スマートフォンのみ対応。
※4:通常使用は、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリングがON(HUAWEI TruSleep™ OFF)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日に200回画面表示、毎週30分のワークアウトをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。
※5:ヘビーユースは、24時間心拍数モニタリングON、HUAWEI TruSleep™をON、1日に500回画面表示、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、週60分のワークアウトをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。
※6:AndroidTM 6.0以上、iOSTM 12.0以上で対応。

『HUAWEI Band 7』の主な仕様

■画像はすべてイメージです。■掲載の商品写真に関しては、色など実物と若干異なる場合があります。■掲載商品の仕様・性能は予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。■本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、医療機器ではありません。本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。● HUAWEI ロゴはHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. の登録商標または商標です。 ● Bluetoothは米国Bluetooth SIG,Inc. の登録商標です。 ● Android は、Google LLC の商標または登録商標です。 ● IOS はCisco の米国およびその他の国における商標、または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。 ● その他会社名、各製品名は、各社の商標または登録商標です。

『HUAWEI Band 7』 製品ページ

https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band7/

『HUAWEI Band 7』取り扱い店

下記の家電量販店、ECサイトなどで販売します。

家電量販店(50音順):
・株式会社エディオン (WEB/一部店舗でのお取り扱いとなります)
・株式会社ケーズホールディングス(WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
・上新電機株式会社(WEB/一部店舗でのお取り扱いとなります)
・株式会社ノジマ (WEB/一部店舗でのお取り扱いとなります)
・株式会社ビックカメラ (WEB/一部店舗でのお取り扱いとなります)
・株式会社ヤマダデンキ (WEB/一部店舗でのお取り扱いとなります)
・株式会社ヨドバシカメラ

ECサイト(50音順):
・株式会社アイリスプラザ
・アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)
・エクスプライス株式会社
・株式会社シスキー
・パワープランニング株式会社
・HUAWEI 公式サイト
・HUAWEI 公式楽天市場店

あわせて読みたい


HUAWEIスマートウォッチ 現行主要モデルガイド


HUAWEI WATCH GT 3使用レビュー。驚きの多機能&大画面で非常に使いやすいハイエンドシリーズ!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  2. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  3. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  4. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  5. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  8. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

  9. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  10. TicWatch Pro 5 Enduro使用レビュー。超多機能でアウトドアでも大活躍のWear OSスマートウォッチ

NEW CONTENTS

  1. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  2. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

  3. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  4. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  5. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  6. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  7. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  8. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  9. 2つの対照的なデザインコンセプトのApple Watch専用バンドがオウルテックから発売

  10. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

TAG

タグをさらに表示