検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Amazfit初のランニングウォッチ「Amazfit Cheetah&Cheetah Pro」登場!

Amazfit初のランニングウォッチ「Amazfit Cheetah&Cheetah Pro」登場!

NEWS

2023.07.21

Zepp Health Corporationは、同社のスマートウォッチブランド「Amazfit(アマズフィット)」初となるランナー向けスマートウォッチ「Amazfit Cheetah」と「Amazfit Cheetah Pro」の2モデルを、2023年7月25日(火)より同時発売。また7月19日(木)より「Amazfit Cheetah」の先行予約販売をオンラインショップ、一部店舗にて開始いたします。

Amazfit Cheetahシリーズは、Amazfit GTR&GTSシリーズのスタイリッシュなデザインと日常生活での使いやすさを取り入れながら、多くのスポーツエントリーユーザーから人気のある『ランニング』に焦点を当てた、ランナーのためのスマートウォッチ(ランニングウォッチ)です。

ランナーにとって必要とされるGPSの正確性、ランニング中の快適な操作性に加え、ランナーのトレーニングをサポートするために、AIを駆使したパーソナルトレーニング計画の生成機能も備えています。

今回はエントリーモデル「Amazfit Cheetah」と上位機種の「Amazfit Cheetah Pro」の2種類をラインナップしています。

またAmazfit Cheetah シリーズは、既存モデル同様に色鮮やかで屋外のワークアウト中でも高い視認性のあるAMOLEDディスプレイを採用、画面サイズはそれぞれ「Amazfit Cheetah」は1.39インチ、「Amazfit Cheetah Pro」は1.45インチとなっています。

標準使用で最大14日間持続可能なロングバッテリーを搭載しており、多くのランナーを充電の煩わしさから解放します。

Amazfit Cheetahシリーズの特徴

【Amazfitが誇る独自のGPSアンテナ技術:MaxTrack™ GPS Technology】

業界初のデュアルバンド円偏波 GPS アンテナ技術

Amazfit GTR 4 & GTS 4 Seriesから導入された業界初のデュアルバンド円偏波GPSアンテナ技術「MaxTrack™ GPS Technology(読み方:マックストラック ジーピーエス テクノロジー)」を使用しています。

Amazfit Cheetahシリーズでは、高層ビルのある都市や高い木のある公園を走るとき、 L1+L5の衛星信号を拾うことでマルチパス干渉を減らし、既存モデルよりもさらに高い精度で動きを追跡します。

Purple:競合 Track Line

Green:Amazfit Cheetah  Track Line

White:Amazfit Cheetah Pro Track Line

Red:Amazfit Cheetah (Square) Track Line

Grey:Gold Standard Track Line

【スマートコーチングアルゴリズム:Training Support Zepp Coach™ 2.0】

Amazfit Cheetah シリーズ用にアップグレードされたZepp Coach ™2.0 は、 AI の力を利用して、あなたの目標に合わせた個別のランニングプランを提供します。

提案されるトレーニングプランは現在のランニングレベル、目標とするレースの日付と距離、およびレース目標に基づいて生成され、オーバートレーニングの予防や段階的なトレーニングレベルの向上、大事なレースに理想的な状態で臨むサポートとして役立ちます。

【自分好みのスポーティなウォッチフェイス】

100を超える幅広いウォッチフェイスの中から、ホーム画面にスポーツデータの指標を多く表示することが可能です。また、編集可能な6つのウォッチフェイスを備えており、自分にとって指標を選択して表示することができます。

【 adidas Running、Strava等のサービスと連携可能】

スマートフォンを持たなくてもAmazfitブランドのスマートウォッチを付けていれば、AmazfitCheetahシリーズのユーザーが取得したランニングルートやワークアウトデータを、多くのランナーが利用しているadidas Running、Strava、 Komoot 、Reliveなどの世界的に人気なフィットネスアクティビティ記録サービスや、Apple Health、Google Fitなどのヘルスケア管理アプリと同期して、ワークアウトデータを共有することが可能です。

【オフラインマップ及びルートナビゲーション機能】

Amazfit Cheetahシリーズでは、 オフラインマップ機能が搭載されています。

ZEPPアプリを使って自分が取り込みたい地域のOSM地図ファイルを取り込むことで、屋外でのワークアウト中にリアルタイムで実際の地図を表示させることが可能です。

現状、Amazfit既存モデルでは、上位機種であるAmazfit Falcon、Amazfit T-Rex Ultraにのみ採用されています。

さらに下記の5つのナビゲーション機能が使用可能です。
1.リアルタイムトラッキング:旅の進捗を追跡してリアルタイムでウォッチ上に表示します。
2.ダイレクトリターンナビゲーション:現在位置からスタート地点までをつなぐ最短の直線をウォッチ上に表示します。
3.ルートリターンナビゲーション:辿ってきたルートを戻れるようにナビゲートします。
4.ルートインポート:Zeppアプリからルートファイルをインポートし、知人のコースなどを辿ることができます。
5.リアルタイムルートナビゲーション:インポートしたルートをリアルタイムで表示し、ナビゲートします。

※ナビゲーション機能は以下の18種類のスポーツモードに対応しています:ランニング(屋外)、ウォーキング、サイクリング(屋外)、クライミング、ハイキング、クロスカントリースキー、マウンテンバイク、BMX、アウトドアボート、ボブスレーとトボガニング、そり、スキーオリエンテーリング、バイアスロン、競歩、スノーシュー、トレイルランニング、オリエンテーリング、オープンウォータースイミング。

※オフラインマップの表示は、GPS測位に対応するスポーツモードのみで使用可能です。ダウンロードしたオフラインマップは、表示される地図が、実際の位置と一致する必要があります。そしてナビゲーション機能を使用するためにはルートファイルをインポートする必要があります。オフラインマップ上のポイントをナビゲーションのために選択することはできません。

※ルートインポート機能は、ZeppアプリでルートをGPX形式で出力したり、YAMAPやヤマレコといった外部サイト・アプリで作成/記録したGPX・TCX・KML形式のルートをZeppアプリ経由でAmazfit Cheetahに取り込むことが可能です。

※Amazfit Cheetah ProはWi-Fi機能による地図データの転送が可能です。一方、Amazfit CheetahはBluetoothによる地図データ転送のため、時間はWi-Fiよりもかかります。

※ Amazfit Falcon、Amazfit T-Rex Ultra及びT-Rex 2、そしてAmazfit GTR 4&GTS 4(ナビゲーション機能のみ)などの上位機種で使用可能な機能です。

<製品情報>

Amazfit Cheetah

Amazfit Cheetahは、エントリーレベルのシティランナー向けのAI搭載のGPSランニングウォッチです。洗練されたシンプルなカラーリングと上質な質感で、ランニングだけでなく 、カジュアルなシーンにもマッチする軽量ならGPSランニングウォッチです。

<製品概要>

・製品名:Amazfit Cheetah(日本語読み:アマズフィット チーター)

・カラー:スピードスターグレー

・正式発売日: 7月25日(火)

・販売価格: 49,900円(税込)

・取扱実店舗:ヨドバシカメラ秋葉原店、梅田店

・取扱オンラインショップ

公式オンラインストア:https://www.amazfit.jp/products/amazfit-cheetah
Amazon公式店舗:https://www.amazon.co.jp/dp/B0CBTGY45G
Amazfit公式楽天市場店:https://item.rakuten.co.jp/amazfit/su170063/
Amazfit公式Yahoo!店:https://store.shopping.yahoo.co.jp/karafull/su170063.html
au PAY マーケット店:※予約販売無しのため、発売後開設予定

ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000001007932849/

<スペック情報>

Amazfit Cheetah Pro

Amazfit Cheetah Proはより高みを目指すランナーのために作られたモデルです。チタン合金ベゼルとCorning Gorilla Glass 3のハイエンド仕様で、軽量ボディながら優れた耐久性とプレミアムな外観を実現。業界をリードするGPSテクノロジー「MaxTrack™」を搭載し、正確な位置情報を提供します。

<製品概要>

・製品名:Amazfit Cheetah Pro(日本語読み:アマズフィット チーター プロ)

・カラー:ラントラックブラック(チタン合金ベゼル)

・正式発売日: 7月25日(火)

・販売価格: 59,900円(税込)

・取扱オンラインショップ

公式オンラインストア: https://www.amazfit.jp/products/amazfit-cheetah-pro 

<スペック情報>

【Amazfit Cheetah シリーズ発売記念 7月19日より実機展示&店頭予約販売を開始)

Amazfit Cheetahシリーズの発売に伴い、7月19日より一部店舗にて先行実機展示と店頭予約販売を開始しています。

<該当店舗>

・ヨドバシカメラ 秋葉原店

・ヨドバシカメラ 梅田店

その他、各オンラインショップでも7月19日より予約販売を開始します。

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  2. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  3. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  4. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  5. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  8. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  9. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  10. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

NEW CONTENTS

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  4. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  5. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  6. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  7. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  8. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  9. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  10. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

TAG

タグをさらに表示