検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Ultraに超似合う!18700円のチタン製Apple Watchバンド使用レビュー【MinZ Titanium Band for Apple Watch】

Ultraに超似合う!18700円のチタン製Apple Watchバンド使用レビュー【MinZ Titanium Band for Apple Watch】

NEWS

2023.10.11

今年も2世代目となるモデルが発表されたApple Watch Ultra。

初代からの進化はそこまでありませんでしたが、バッテリー容量が通常モデルの2倍で、なおかつ軽量・高品質なチタンを使った高級感のあるケースは魅力的です。

今回の記事で紹介するのは、そんなApple Watch Ultraにピッタリなチタン素材のバンド「MinZ Titanium Band for Apple Watch」。

通販サイトの TokyoTool や各専門店で9月29日(金)から新発売されたバンドで、価格は定価 18,700円(消費税込)となっています。

今回、こちらのモデルをブランド側から提供いただいたので、その使用レビューをお届けまします。

※広告記事ではありませんので、感想は率直にお伝えします!

MinZ Titanium Band for Apple Watch

18,700円
公式通販サイトで詳細を見る

Appleデバイスに特化した各種ツールを開発しているブランド・MinZ(ミンズ)の新モデル。

「可能な限り低価格でチタンバンドを手に入れたい」というユーザーの声をもとに製造された製品で、 18,700円という価格はチタンバンドとしては決して高くはないといえるでしょう。

各シリーズでカラーが異なるApple Watchにあわせて、シルバー / ブラック / グレーの3色が用意されていて、今回はApple Watch Ultraに合わせてシルバーのカラーをレビューします!

もともと着用しているApple Watchの高級感を損なわず、こちらのバンドを合わせる事が可能です。

なおサイズはUltra 2/1、SEを含めた、49・45・44・42mm、41・40・38mmの全 Series に対応したサイズが用意されています(サイズは製品購入時に選択可能です)。

ここから使用レビュー

こちらがバンドの本体。

素材はチタン特有のややグレーがかった色味が特徴的な純チタン製。

純チタンは純度の割合でグレード1(JIS規格1種)からグレード4(JIS規格4種)まで分類がありますが、こちらは最も純度の高いグレード1となっています。

こちらのような本革のケースも付属します。

そのほかの付属品は「カスタムリンク調整ツール」と呼ばれるピンになります。

こちらのピンを使ってコマの付け外しが可能で、長さ調節ができます。

対応する手首サイズは、49〜42mmケース向けのモデルは135mm~215mm、41~38mmの場合は115mm~185mmとなっています。

男性で極端に腕が太い人や細い人でなければ、コマ調整の範囲内でフィットするサイズが見つかるはずです。

金属製としては非常に軽い!

こちらのバンドは、3つのパーツを組み合わせて構成される「コマ」をベルト状に連結した「三連ブレス」。

クラシカルでオーソドックスなスタイルで、Ultraに品格を与えてくれるデザインといえそうです。

チタンならではの少し深みのあるグレーの光沢感が美しいですね。

そして手に乗せてみて分かるのは、金属製の見た目から想像される重さよりは、持った感じが軽いこと。

コマを5つほど外したあとの計測ですが、重さは50gでした。

なおコマを外していない状態だと、49〜42mmケースのモデルは62g、41〜39mmケースの場合は45gになります。

「金属製のバンドは付けたいけど、重すぎるのはちょっと……」という人にもチタンのバンドは最適なわけです。

なおチタンは人体への有毒性が他の金属よりも低く、アレルギーを起こしにくいという特徴も持っています。

そのため肌にも優しい金属といえ、「軽量で高強度」「耐食性」などの優れた特徴を持ているため、医療分野や航空機などでも使われる優れた素材です。

クラスプ(留め金)部分は、ダブルプレスと3ピンステッチのクリック式の折りたたみバックル。

精密なデザイン設計により、安定性と耐久性を実現しています。

なおケースと接続するラグ部分は、高品質ステンレススチール仕様。

Apple社は公式に「Apple Watchケースすべてのラグボディへのステンレススチ ールの使用」を推奨しており、それに準拠している形です。

Apple Watch Ultraに装着

実際にUltraに装着してみました。

ケースとの一体感も非常に抜群で、Ultraに金属バンドを合わせたい人には非常に良いバンドといえるでしょう。

文字盤も針のあるタイプのものにすると、Ultraがクラシカルな腕時計に見えますね。

そして実際に腕につけても「バンドがメチャクチャ重い」という感覚はありません。

適度な重みがケースの重さとバランスが取れていて、軽いスポーツバンドやナイロンバンドを付けたときよりも、手首での安定感は上という感覚もあります。

Ultraの場合、バンドが軽すぎると、ケースの重さとのバランスが悪くて、腕の上でケースが暴れてしまうことがあるんですが、このバンドの場合はそんなことありませんでした。

なおチタンは汗や海水にも強い素材です。

表面に酸化被膜を作る特性もあるため、汗などに接触しても溶けることがありません。

ビジネスシーンに非常にマッチするだけでなく、多少の汗をかく運動をする際なども問題なく使用できます。

Apple Watch Ultraの金属バンドに超オススメ!

その後もしばらく試用を続けていますが、

・チタン製のケースとの相性が抜群

・チタン製ケースとの重さのバランスもよく、着用感が非常に良い

・アウトドアテイストのUltraを高級ビジネス時計の感覚で着用できる

といった点が非常に気に入っています。

ネックと言える点は価格がそれなりにする点ですが、18,700円というのはチタン製のバンドとしては特に高くはありません。

一度購入すれば付き合いの長いバンドになるはずなので、Ultraに似合う金属製のバンドを探していた人には、非常にオススメといえます。

公式通販サイトで詳細を見る

なお動画でのレビューも公開しています。

装着時の見た目などを詳しくチェックしたい方は、こちらもぜひ視聴を!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示