検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

NEWS

2024.05.21

ファーウェイ・ジャパンは、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」シリーズの最新モデル『HUAWEI WATCH FIT 3』を、5月22日(水)より発売します。

本製品は全5種類、フルオロエラストマーベルトのブラック、ピンク、ホワイトの3色を市場想定価格23,980円(税込)にて、ナイロンベルトのグレーとEC限定販売となるレザーベルトのホワイトの2色を、市場想定価格25,080円(税込)にて販売します。

『HUAWEI WATCHFIT3』は、手に取りやすいお手頃価格ながら、見やすい大画面と多彩な機能を搭載するスタイリッシュなスマートウォッチシリーズ「HUAWEI WATCHFIT」の最新モデルです。

前モデル『HUAWEI WATCHFIT2』と比べてディスプレイが大型化しつつ薄くなり、最大輝度や解像度、画面占有率が向上しました。どんなシーンでも溶け込むシンプルなデザインながら、画面が見やすく、1日中着けていても快適です。また、業界をリードするカロリー管理機能「ボディメイカー」がさらに使いやすく進化しました。そのほか、最先端の睡眠モニタリングをはじめとした健康管理機能、GPS内蔵で手軽に運動できるワークアウト機能を搭載しています。Bluetooth通話をはじめとした各種アシスタント機能も充実し、通常使用※1で約10日間持続するロングバッテリーにより、頻繁な充電は必要なくなりました。エントリーモデルから1歩進んだデザイン性、快適性、機能性をお求めの方にも、満足できる1台です。

『HUAWEI WATCH FIT 3』の主な特長

約1.82インチ超薄型AMOLEDディスプレイ

「HUAWEI Hybrid OLED技術」により、約1.82インチ大型AMOLEDディスプレイを搭載しつつ約9.9mmの薄さを実現。アルミニウム合金ボディは約26g(ベルト含まず)※2と軽量で、長時間装着していても負担になりません。ディスプレイは浮き出るデザインを採用し、より立体的で広い視覚体験をもたらします。前モデルよりベゼルが細くなり画面占有率は約77.4%となりました。高精細ディスプレイは解像度347PPIで、60Hzのリフレッシュレートにより滑らかな操作感です。最大約1500ニトの輝度を誇り、昼間の屋外の強い光のなかでも綺麗に表示され、輝度の自動調整機能にも対応しています。また、サイドボタンのほか、本モデルからクラウンを追加。物理ボタンが増えたことで、より素早く目的の機能にアクセスでき、スポーツ中などの操作も便利になりました。多様な文字盤とカラフルなベルトをご用意し、あなたの毎日を彩ります。

業界をリードするカロリー管理機能


ファーウェイ独自のボディメイカーアプリで、手軽にカロリー管理が可能です。スマートフォン専用アプリ「HUAWEI Health」 から、プロテインやツナマヨおにぎりなどの飲食記録の項目を選んで簡単に入力できます。自動計算された摂取カロリーと安静時も活動時も測り続けている消費カロリーのバランスを、ウォッチから常に確認することで、健康的に理想の体型を目指すことが可能です。

手首のフィットネスコーチ


スマホの「HUAWEI Health」 アプリから、約160種類以上の豊富なフィットネスプログラムを利用可能。すきま時間に、自分に合ったフィットネスを行えます。また、音声ありのウォームアップ動画がウォッチ内に収蔵されているため、手軽に準備運動やストレッチを始められます。100種類以上のワークアウトに対応しており、ランニングやウォーキング、サイクリング、水泳などの詳細かつ豊富なモニタリングデータが採れるプロワークアウトモード搭載。特にランニングは、ウォッチに内蔵された5つの衛星測位方式に対応する高精度なGPSにより、精確な距離、軌跡データを収集でき、VO2Max、回復時間、ランニング能力指数、トレーニング負荷など詳細にモニタリングできます。新たにトラックランニングモードを搭載し、競技場のどのレーンで走るかも設定でき、より精確なペースや距離を測定可能となりました。

高精度の睡眠モニタリング


当社最新の独自アルゴリズムであるHUAWEI TruSleepTM 4.0を搭載。入眠と目が覚めた回数の識別精度が向上し、より高精度の睡眠モニタリングデータを提供できるようになりました。また、睡眠時の心拍数・血中酸素レベル・呼吸数などのデータが追加され、ウォッチ画面から確認できるデータも増加しました。さらに、専門機関の協力を得て、毎日のアドバイスがより具体的、専門的になりました。加えて、ハイエンドモデルのみ搭載されていた睡眠中呼吸乱れ検知機能も追加されました。スマホアプリ「HUAWEI Health」から、詳細な睡眠データを見ることができ、いびきなどの睡眠時の音を録音・記録して睡眠分析に活かすこともできます。さらにこのアプリからヒーリングミュージックや睡眠を促す環境音を流すこともできるようになりました。

24時間連続の健康管理※3


[心拍数モニタリング]
HUAWEI TruSeenTM 5.5により、スポーツ中など激しい動きの中でも、測定精度が増すなど進化しました。また、ワークアウト中に心拍数の範囲を確認できたり心拍数の上限のアラートを設定したりすることもでき、トレーニングをより効果的に行えます。

[血中酸素レベルモニタリング]
最適化された光学式センサーとアルゴリズムに基づき、血中酸素レベルを自動的に測定・記録し、急激な変化が起きた時は速やかに通知してくれます※4。

[ストレスモニタリング]
HUAWEI TruRelax™技術によりリアルタイムでストレスレベルをチェックすることができます。また、ストレス数値が高い時は呼吸エクササイズ機能を利用し、ディスプレイの指示に従って呼吸することでリラックス効果が得られます。

[生理周期管理]
前モデルよりも見やすい画面に進化しました。生理周期のカレンダーを簡単に管理できます。生理が近づくと、事前にリマインダーが送信されるので、慌てずに対応できます。

[ヘルスケア共有]
「HUAWEI Health」アプリのヘルスケア共有機能では、家族などを招待することで、リアルタイムで相手の睡眠状態や血中酸素レベルなどの健康データを確認し、大切な人達の健康状態を見守ることができます。

[Health Clovers(リマインダー)機能]
自分に合った健康プランを選び、歩数や深呼吸などのタスクを設定できます。タスクをクリアするたびに通知が届き、モチベーションの向上へとつながる機能を搭載。サプリを摂取するタイミングなどのリマインダーとしても便利です。

[刷新された活動リング機能]
前モデルから、活動リング機能のアルゴリズムが刷新されました。消費カロリー、エクササイズ時間、スタンド数(1時間に少なくとも1分間立ち上がった時間の数)を記録し、毎日の生活をより健康的に送れるよう科学的に管理します。また、自分で設定する目標に基づいて、様々な活動リマインドを送ってくれます。

アシスタント機能とロングバッテリーで、生活をもっと便利に

前モデルからウォッチ画面がよりカラフルに、文字が大きくなりユーザーエクスペリエンスが向上しました。新搭載のクラウンを回転させればホーム画面の拡大・縮小も簡単です。目的のアプリに早く到達できるよう、あらかじめよく使う機能をまとめておけるようになり、さらにクラウンを2回連続で押すことで、アプリの切り替えをスムーズに行うことができます。

着信やLINE・SMSメッセージ等の確認、クイック返信※5、天気情報、音楽再生コントロール、遠くから写真撮影ができるリモートシャッター機能※6、アラーム(振動)、タイマーなど様々な便利機能を搭載。Bluetooth通話にも対応し、通常使用で約10日間使えるので、出張や旅行時でも安心して使用できます※1。
※1: 毎週Bluetooth 通話30 分、毎週Bluetooth による音楽再生30 分、24 時間心拍数測定ON、TruSleep™ON、毎週90 分のワークアウト(GPS ON)、メッセージ通知ON(1 日平均メッセージ50 件、通話6 件、アラーム3 回)、1 日に200 回画面点灯した場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。
※2:製品サイズ、製品重量、関連仕様は、製品個体により若干異なる場合があります。実際の製品に準拠します。
※3:本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、医療機器ではありません。本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。また24時間連続の測定とは一定期間毎の計測値を定期的に表示することを意味しています。
※4:本機能は、HUAWEI Healthアプリでリマインダーを設定することで利用可能になります。
※5: クイック返信機能は、Android™デバイスのみ対応。
※6: リモートシャッター機能は、iOS™のデバイスのみ対応。

『HUAWEI WATCH FIT 3』の主な仕様


※1:本製品にはISO規格22810:2010に基づく50メートルの耐水性能があることを意味します。温水での使用は推奨しておりません。
※2:約10日間の使用は、以下の条件でテストされています:毎週Bluetooth通話30分、毎週Bluetoothによる音楽再生30分、 24時間心拍数測定ON、TruSleep™ON、毎週90分のワークアウト(GPS ON)、 メッセージ通知ON(1日平均メッセージ50件、通話6件、アラーム3回)、1日に200回画面点灯。データはファーウェイのラボによるものです。 全てのデータはファーウェイラボによる測定結果であり、実際の数値は製品や使用方法及び環境要因によって異なる場合があります。 約7日間の使用は、以下の条件でテストされています: 毎週Bluetooth通話30分、毎週Bluetoothによる音楽再生30分、 24時間心拍数モニタリングON、TruSleep™ON、自動血中酸素レベル測定とストレス測定ON、毎週180分のワークアウト(GPS ON)、 メッセージ通知ON(1日平均メッセージ50件、通話6件、アラーム3回)、1日に30分画面点灯。 全てのデータはファーウェイラボによる測定結果であり、実際の数値は製品や使用方法及び環境要因によって異なる場合があります。
※3:Androidデバイスのみ対応。
※4:クイック返信はAndroidデバイスのみ対応。
※5:リモートシャッターはEMUIとiOSのデバイスのみ対応。

製品の詳しい情報は

『HUAWEI WATCH FIT 3』 製品ページ

https://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-fit3/

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

■『HUAWEI WATCH 3』取り扱い店

下記の量販店、ECサイトなどで販売します。

量販店(50音順):

■イオンリテール株式会社

■株式会社エディオン

■株式会社ケーズホールディングス

■上新電機株式会社

■株式会社ノジマ

■株式会社ビックカメラ

■株式会社ヤマダデンキ

■株式会社ヨドバシカメラ

ECサイト(50音順):

■アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)

■ウエニ貿易タイムピース株式会社

■HUAWEI 公式サイト

■HUAWEI 公式Yahoo!店

■HUAWEI 公式楽天市場店

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  2. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  5. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  6. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  7. 歴代Pixel WatchやFitbit製品が大幅値引き!Googleストアのサマーセールで

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  10. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

NEW CONTENTS

  1. 歴代Pixel WatchやFitbit製品が大幅値引き!Googleストアのサマーセールで

  2. 価格は約90万円!ウブロの世界限定100本のスマートウォッチ「ビッグ・バン e Gen3 UEFA EURO 2024™」に注目

  3. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  4. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

  5. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  6. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  7. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  8. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  9. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  10. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

TAG

タグをさらに表示