検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 心拍計測に定評のあるポラールが軽量性と充実の機能を搭載したフィットネスウォッチ「Polar Unite」を7月16日より発売

心拍計測に定評のあるポラールが軽量性と充実の機能を搭載したフィットネスウォッチ「Polar Unite」を7月16日より発売

NEWS

2020.07.01

心拍トレーニング製品のリーディングカンパニーのポラールは、日々のトレーニングやライフバランスの向上をサポートするフィットネスウォッチ「Polar Unite」(ポラール ユナイト)を7月16日より発売すると発表しました。3色(グリーン・オレンジ・レッド)10LEDの心拍センサーを搭載し32gと軽量。心拍計測とスマホ接続のGPSを使用するトレーニングモードでは連続50時間の使用が可能となっています。

カラーはブラック、ホワイト、ピンク、ブルーの4色で、M/Lサイズの本体セットにSサイズのベルトが同梱されています。定価は19,800円。併せて、シリコン製の交換ベルト2色(ミント・ブラッシュ)も同時発売で、3,280円。こちらも2サイズのベルトを同梱しています。

Polar Uniteの特徴

32gと軽量なフィットネスウォッチ

Polar Uniteは、24時間装着してもストレスの少ない軽量性と、トレーニングモードで連続50時間というロングライフバッテリーを両立。また、視認性と操作性の高いカラータッチディスプレイを使用。ウォッチフェイスのカラーが変更できます。バンドは金具が気にならないSnap&Slip式をポラールとして初めて採用しています。

運動と休息のバランスをサポートする各種機能を搭載

機能面では、運動と回復のバランスの取れた健康的な生活をサポートするため、睡眠の分析機能「Sleep Plus Stages(TM)」や、睡眠による回復を可視化する「Nightly Recharge(TM)」、その日の体調に合わせて最適なトレーニングメニューを提案する「FitSpark(TM)」、呼吸エクササイズ「Serene(TM)」などを搭載しています。

トレーニングモードで最大連続50時間使用可能(心拍計測+スマートフォンのGPSとの連動)

GPSはスマートフォンとの連動で対応しており、ウォーキングやジョギングなどを楽しむ際には、実際の距離や、スピード、走行ルートを記録することができます。また、トレーニング後にWebサービスPolar FlowやFlow Appから走行したルートを確認でき、心拍数の推移と合わせてトレーニング結果を分析することができます。

3色10LED 搭載Precision Prime(TM)光学式心拍センサー

グリーン、オレンジ、レッドの3色のLEDを計10個使用して血管の状態をより正確に把握することができ、心拍数の計測の精度を高めました。 ※Uniteには接触型センサーは非搭載。

Sleep Plus Stages(TM)

睡眠時の体の動きに加えて心拍数を計測し、詳細な睡眠データを計測。睡眠時間や、就寝・起床時間といった情報に加え、レム睡眠や深い睡眠の時間、睡眠サイクルの回数などが分かります。これらの睡眠データは分析により、睡眠スコアとして数値化します。睡眠スコアは、過去4週間のユーザの平均値と比較することができ、睡眠の改善、悪化などの状況を確認することができます。

Nightly Recharge(TM)

睡眠時の平均心拍数や、心拍間隔時間、平均心拍数変動、1分間の平均呼吸数などを計測・分析し、自律神経ステータスとして数値化します。睡眠中の自律神経が、交感神経と副交感神経のどちらが優位に働いたかを見ることで、睡眠の質が分かります。この自律神経に関わる内容とSleep Plus Stages(TM)の睡眠スコアをもとに、前日の身体・メンタルの疲れの回復具合が分かり、6段階で回復状況を評価します。

FitSpark(TM)

過去のトレーニング履歴や、Nightly Recharge(TM)のデータから分かる体の回復状況などをもとに、その日のうちに実施が推奨されるトレーニングメニューを提供します。トレーニングは大きく、「筋力」「カーディオ(心肺機能)」「サポーティブ(体幹・可動性)」「プログラム」の4つに分けられています。推奨されたトレーニングメニューは、心拍数を見ながら実施します。「プログラム」は自分でトレーニング内容を作ることができます。


Serene(TM)呼吸エクササイズ

自律神経の副交感神経を優位にして、自律神経を安静な状態になるようサポートする呼吸のエクササイズです。ディスプレイの表示を見ながら息を深く吸って、深く吐くを繰り返します。睡眠前に行うことで、睡眠の質を高める効果も期待できます。

ウォッチフェイスのカラー変更

時計設定から、ウォッチフェイスの時計表紙をデジタルとアナログから選択でき、カラーも7色から選ぶことができます。

スマートフォンと連動したGPS対応

スマートフォンのGPSを利用し、ランニングなどの屋外スポーツで走行ルート、距離、スピードなどを表示することができます。

ランニングプログラム

レース当日の日程と距離を登録するだけで、今までのトレーニング実績や、最近の運動量に基づき、すぐにユーザに合わせたランニングプログラムを作成します。時計画面上にプログラム内容が表示され、ユーザは設定された距離や心拍ゾーンに合わせたトレーニングを行います。Polar Flow上では、ランニングメニュー以外にストレッチや体幹トレーニングの動画を見ながら行うことができます。

光学式心拍センサーでのフィットネステスト(VO2max:最大酸素摂取量)の実施

有酸素能力を評価し、数値で確認できます。継続的に計測し数値の変動を確認することで、有酸素能力の向上を確認できます。胸ストラップ心拍センサーが不要で、手首の光学式心拍センサーで測定ができます。

Smart Coaching機能

トレーニング効果: トレーニング直後にトレーニング効果をフィードバックします。有酸素運動、心肺機能、瞬発力の強化などのさまざまな効果を確認することができます。

心拍ゾーン: 初期設定時は最大心拍数の50パーセント(50%HRmax)以上から、10%ごとに最大心拍数(100%HRmax)までをトレーニングの有効ゾーンとして5段階に分けたものが心拍ゾーンです。心拍ゾーンはPolar Flowサービスにて任意に変更が可能です。5段階ゾーンを指標にすることで、効率の良いトレーニングができるだけでなく、運動強度が過度に上がっていることも分かるので、安全なトレーニングが可能となります。

スマートカロリー: 身長、体重、年齢、性別、最大心拍数、実施しているトレーニングの強度に基づいてトレーニング中に消費されたカロリー数を正確に算出します。

24時間心拍計測と活動量計

24時間心拍計測機能です。睡眠中や安静時の心拍数が計測できるため、一日の心拍数の変動が可視化できます。また、3D加速度センサーにより、活動量を常時計測しています。

スマートフォン連携でデータ管理や通知受信(iOS、Android対応)

Bluetoothでスマートフォン上のアプリ「Polar Flow App」に連携し、日々のアクティビティ・トレーニングを記録管理できます。ウェブサービス「Polar Flow」上でも同様に管理できます。また、電話の着信やメール受信、SNSをバイブレーションで通知します。会議やプレゼンなどの状況に応じて通知機能はオン・オフの切り替えが可能です。

Polar Unite製品概要

製品名 Polar Unite
色 ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー(全てS&M/Lサイズ)
バッテリー 24時間心拍計測使用で最大4日間
トレーニング連続使用で最大50時間
(心拍計測+スマートフォンのGPS接続)
操作 カラータッチディスプレイ+1ボタン
重さ 32g(リストバンド含む)
サイズ 直径43.4mm×厚さ10.4mm
防水 30m防水(ISO22810準拠)
希望小売価格 19,800円(税別)
発売日 2020年7月16日
セット内容 Polar Unite、専用USB充電アダプター、ベルト2サイズ、スタートガイド
製品ページ https://www.polar.com/ja/unite

<Polar Unite 20mm交換ベルト概要>
■Snap&Slipシリコンリストバンド 3,280円(税別)
ミント、ブラッシュ
S&M/Lサイズ(SとM/Lの2本入り)

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示