検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマートウォッチも活用できるバーチャル駅伝レース「ASICS World Ekiden 2020」開催

スマートウォッチも活用できるバーチャル駅伝レース「ASICS World Ekiden 2020」開催

NEWS

2020.10.07

アシックスがバーチャル駅伝レース「ASICS World Ekiden 2020(アシックスワールドエキデン2020)」を、11月11日から22日までの期間で開催。エントリーは10月1日から開始しており、同社が提供するフィットネス・トラッキング・アプリ「ASICS Runkeeper(アシックス ランキーパー)」やレース登録プラットフォーム「Race Roster(レースロースター)」から応募可能。参加費は無料です!

「デジタルたすき」をつないでゴールを目指せ

「ASICS World Ekiden 2020」は、42.195kmを6区間(5km3区間、10km2区間、7.195km1区間)に分割した駅伝形式のリレーマラソンで、1チームあたり6人まで登録可能です。国籍、性別、ランニング経験の有無などを問わず、どなたでも参加できます。※1

スマートウォッチ上でもチームの進捗を記録可能

ランナーは、「ASICS Runkeeper」を利用して自身の担当距離を走り、各チームに提供する独自の「デジタルたすき」をつないでゴールを目指します。「Apple Watch」「Garmin」「Fitbit」のデバイス上でチームの進捗をリアルタイムで記録でき、ランキング表でチームの順位も確認できるほか、カスタマイズした音声をレース中に楽しめるようにしています。

また、本大会をエントリーした人には、レース本番に向けたトレーニングやコーチング、専門家のアドバイスなどがオンラインで受けられるサービスも提供。ランニングの場の提供だけでなく、メンバー同士が高いモチベーションを保ち、協力しあって臨める工夫をしています。そして参加したすべてのランナーの成果をたたえ、完走した全チームを対象に抽選で賞品があたるプレゼント企画も用意しています。

「人とつながる運動」でエクササイズを楽しく前向きに!

アシックスが行ったランニングやエクササイズに関する意識調査※2では、世界で定期的にエクササイズを行っている人の42%(日本では38%)が、「現在の制限の多い環境下では目指す目標がなくモチベーションを保つのが難しい」と感じていることが分かりました。

一方で、チームスポーツを行っている方の74%(日本で77%)が、「ひとりよりも友人やチームメイトとプレーするときのほうが楽しい」と回答。世界で67%(日本で64%)が「他者と競い合う機会がないのは残念だ」と回答しました。さらに、約半数(世界で50%、日本で54%)の方が「チームメイトと離れることによって精神的なつらさを感じる」と答えています。

本大会は、このような結果を受けて実施するもので、オンラインでありながらたすきをつなぐ駅伝形式とし、完走へのサポート体制も充実させることで、多くの人々がつながり、同じ目標をもってエクササイズをより楽しく前向きに取り組んでいただけるように、との思いから企画しました。

※1 参加するには「ASICS Runkeeper」をダウンロードいただく必要があります。
※2 定期的にエクササイズを行っている5カ国(日本、中国、フランス、イギリス、米国)の男女1250人を対象に、2020年8月にインターネット調査を実施。

「ASICS World Ekiden 2020」特設ページ

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/asics-world-ekiden

「ASICS Runkeeper」について

スマートフォン端末などの GPS により、ランニングをはじめ、ウオーキング、サイクリングなどの運動を追跡・記録するフィットネス・トラッキング・アプリです。運動中の走行距離・ペースの通知や運動記録の管理・分析機能によりユーザーの目標達成を可視化することで、スポーツを一層楽しむことに貢献しています。「iOS」「Apple Watch」「Android」「Wear OS by Google スマートウォッチ」のデバイスでご利用いただけます。また「Garmin」のようなウェアラブル端末とも連携します。

「Race Roster」について

国内外のマラソン大会やランニングイベントに関する情報が掲載され、申し込みができるレース登録プラットフォーム。初心者でも楽しめるレース規模が10km以下のイベント情報を多数公開しており、女性や若いランナーの登録が多いのが特徴です。2019年にアシックスがカナダのFast North Corporation社から買収しました。本大会にあわせて国内でははじめて運用します。

*「Garmin」はGarmin Ltd社の登録商標です。
*「Fitbit」は Fitbit, Inc.社の登録商標です。
*「iOS」「Apple Watch」はApple Inc.社の登録商標です。
*「Android」「Wear OS by Google スマートウォッチ」はGoogle LLC社の登録商標です。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. ドンキで販売のスマートウォッチ新ブランド「Horloger」シリーズ誕生!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  10. ドンキの高級スマートウォッチ「Horloger」試用レビュー。血圧測定もできる!?

NEW CONTENTS

  1. 快適性と軽さ重視! 普段遣いにオススメのApple Watchバンド10選

  2. Apple Watchでボウリングの消費カロリーを計測してみた……が精度に疑問符

  3. Caseology、Sony Xperia 1 IV 用ケース「ヴォールト」を発売

  4. 大好評のAppleWatch用防水ケース「BARI GUARD 3」に新色ホワイト登場!!

  5. spigenがイタリアンレザー使用のプレミアムケース「エンツォ」販売開始

  6. サイにフィットネストラッカー装着で飼育法を改良へ! ディズニーの動物テーマパークの試み

  7. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  8. Apple Watchで「不規則な心拍」の通知→検査でも異常アリ! 「Apple Watchスゲー」の声

  9. Garminスマートウォッチ 現行主要モデル&選び方ガイド【2022年版 】

  10. Anker MagGoシリーズのマグネット式モバイルバッテリーに10000mAhの大容量モデルが登場!

TAG

タグをさらに表示