検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの心電図アプリがついに日本でも使用可能に!

Apple Watchの心電図アプリがついに日本でも使用可能に!

NEWS

2021.01.22

日本での対応が待たれていた「心電図アプリケーション」が、これから公開されるiOS 14.4とwatchOS 7.3のアップデートからApple Watch Series 4、5、6でついに利用が可能になります。バックグラウンドで心拍リズムを時折チェックし、不規則な心拍リズムを特定した場合に通知を行う「不規則な心拍の通知機能」は、Apple Watch Series 3以降で利用でき、こちらも最新のアップデートで使用可能になります。

ハードウェア的にはSeries4から対応していながら、アクティブ化されていなかった手首による心電図測定。近日公開される最新のアップデートからついに利用可能となります。使い方はApple Watch Series 4、5、6で心電図アプリケーションを開いてDigital Crownに指をあてるだけ。するとクリスタルとDigital Crownに組み込まれている電極の回路に働き、心臓を通る電気信号が記録されます。測定時間は30秒で、心拍リズムは心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能のいずれかに分類され、iPhoneのヘルスケアアプリケーションに保存されます。
心電図の計測時間は約30秒なのでお手軽にチェック可能だ。

心拍リズムは心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能に分類され、iPhoneのヘルスケアアプリに保存される。

また最新のアップデートでは、Apple Watch Series 3以降に内蔵されている光学式心拍センサーを利用して、バックグラウンドでユーザーの心拍リズムをチェックし、異常があると通知する「不規則な心拍の通知機能」も実装されます。健康面でも進化し続けるApple Watch。ますますスキのないスマートウォッチに進化しました。
心電図アプリと不規則な心拍の通知機能は、不整脈に最も多い心房細動(AFib)の兆候を検知するために役立つ。

●公式サイト
Apple

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示