検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 『ねこあつめ』がApple Watchに対応している件。腕元で見るだけで癒やされる!【動画解説あり】

『ねこあつめ』がApple Watchに対応している件。腕元で見るだけで癒やされる!【動画解説あり】

NEWS

2022.02.17

ゴハンやおもちゃを庭先に置いておき、集まってきたねこをただ眺めるだけ……というスマホ向けアプリゲーム『ねこあつめ』。

単純すぎる内容ながら日々の癒やしに楽しんでいるファンも多く、2000万ダウンロードを突破する人気ゲームとなっています。実はその『ねこあつめ』がApple Watchに対応している……という話を今回はご紹介します。

動画の解説も用意していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

『ねこあつめ』ってどんなゲーム?

© 2014-2018 Hit-Point Co.,Ltd.

ご近所をうろつくねこたちを集めて観察するゲーム『ねこあつめ』。ゲームで行うことは主に以下の2つのみ。

①遊び道具(グッズ)とゴハンを庭先に置く。
②ねこがやってくるのを待つ。

ゴハンに惹かれてやってきたねこたちが、グッズで遊んでいる姿を観察するだけなのですが、これが楽しいのです!

ねこの種類は60種類以上

© 2014-2018 Hit-Point Co.,Ltd.

しろねこさん、くろねこさん、しろきじさん、ぶちさんなどなど、ねこの種類は60種類以上。

中には特定のグッズを設置しないと現れないレアネコもいたりします。

なお遊びにきてくれたねこたちは「ねこ手帳」に記録。

「ねこ手帳を完成させて目指せねこあつめマスター!」というやりこみ要素もありますし、課金が必要なアイテムもありますが、やりこまなくても・課金しなくても十分に楽しいのが『ねこあつめ』の良さ。

また、ねこたちの姿は写真としてアルバムに収めたり、壁紙用としてギャラリーに保存することもできます。

Apple Watchでは庭先の様子を見れるだけ

では、Apple Watchではこの『ねこあつめ』で何ができるのかというと、庭先の様子を眺められるだけ。

ゴハンやおもちゃを置くことも、写真を撮ってアルバムに収めることもできません。

「えー、それだけ?」と思うかもしれませんが、『ねこあつめ』は基本的に「ねこが庭にやってくるのを待つゲーム」。

そのため、「今はねこ来てないかな?」「ゴハンが切れてないかな?」とスマホでアプリを何度も開いて確認することになるので、その作業がけっこうな手間なのです。

Apple Watchに表示された『ねこあつめ』の画面。© 2014-2018 Hit-Point Co.,Ltd.

 

アプリは画面上でこんなふうに表示されています© 2014-2018 Hit-Point Co.,Ltd.

一方でApple Watchでの確認なら、その作業もお手軽。というか、Apple Watchの画面にねこのいる景色が映されるだけで、ちょっとした癒やしになります。

なお、眺める以外の操作はできませんが、画面をスワイプすることで視点を移動したり、デジタルクラウンを回すことでズームイン/ズームアウトをすることは可能。

外出先や仕事場所で、自宅の庭に来ている猫を眺めるような感覚で、ぜひ楽しんでみてください!‎

‎「-ねこあつめ-」をApp Storeで

そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

スマートウォッチはゲームもできる! Wear OSでパズルゲームの「2048」に挑戦

Wear OSスマートウォッチで「暗算ゲーム」にチャレンジ。ヒマな時間にゲームで脳を活性化!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  2. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  3. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  4. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  5. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  8. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

  9. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  10. TicWatch Pro 5 Enduro使用レビュー。超多機能でアウトドアでも大活躍のWear OSスマートウォッチ

NEW CONTENTS

  1. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  2. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

  3. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  4. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  5. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  6. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  7. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  8. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  9. 2つの対照的なデザインコンセプトのApple Watch専用バンドがオウルテックから発売

  10. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

TAG

タグをさらに表示