検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 誰でもBBQ達人! スマホ連携スマートグリルが発売開始! 世界シェアNo.1のBBQグリルメーカー「Weber-Stephen Products」より 

誰でもBBQ達人! スマホ連携スマートグリルが発売開始! 世界シェアNo.1のBBQグリルメーカー「Weber-Stephen Products」より 

NEWS

2021.02.26

BBQがうまくなきゃ一人前じゃない?いえいえ誰もで上手く焼けちゃいます!

アメリカの庭つき家庭には一家に一台!大阪人にとってのたこ焼き器のような存在が、『Weber-Stephen Products』のBBQグリル。アメリカの映画やドラマで球状の独特な形状の同社製グリルを見たことがある人も多いかもしれません。そんなアメリカではBBQを上手く仕切れて一人前。映画『ワイルド・スピード』でも明らかなように、肉を上手く焼ける=強い男な訳です。

でも、ここは日本。特に都心部では、BBQをしても煙やニオイがお隣さんに行かないような広い庭つきの家を持つことは至難の業。とにかくBBQの鍛錬の場が圧倒的に少ないのが現状です。そこで頼りにしたいのが、IoT機能を搭載したスマート電気バーベキューグリル「Weber Pulse 1000」。電気グリルでお手軽だし、何よりスマホと連動して、調理から焼き加減まで工程すべてをサポートしてくれるんです!「Weber Pulse 1000」さえあれば誰でもドミニクになれちゃいます。(※ドミニクはBBQの達人で『ワイルド・スピード』の主人公)

焼き加減はスマホアプリにすべておまかせ

「Weber Pulse 1000」の最大の特徴は、IoT搭載で、スマホアプリとリンクできること。公式アプリ「Weber Connect」を本機と接続すると、調理中にはタイマーや温度計を表示、焼き加減やひっくり返すタイミングをスマホで教えてくれます。レシピの準備から仕上がりまですべてをサポートしてくれるので、上手く焼かなきゃというプレッシャーから開放され、おいしい食事や友達とのコミュニケーションに集中できます。

もちろん、No.1メーカーが生み出すBBQは絶品で、使いやすさもピカイチです。最高温度316度までの調理が可能で、グリル蓋の内側の反射板は熱が常に均等に行き渡るよう設計され、焼きムラが起きにくい構造になっており初心者にも最適。デジタル温度調節機能を搭載しているので、スマホからだけではなく、蓋をしたままでもグリル内の温度を確認することが出来るLEDディスプレイ付きなのも便利です。
蓄熱性が高い鋳鉄製の焼き網によってつけれた焼き目は食欲をそそりますし、ホーロー加工で掃除も簡単。そして電気グリルなので火気使用禁止の場所でも使えるのが、ここ日本の住宅環境ではうれしいポイントです。

スマホアプリが準備から焼き加減まで全部管理してくれるので誰でもBBQ達人に!

鋳鉄製の焼き網によって、お店のような極上の焼き目を実現できます。

商品概要



・商品名:Weber Pulse 1000(ウェーバーパルス)
・価格:5万9990円
・サイズ:H 33cm/W 60.5cm/D 53.5cm
・消費電力・電圧:1300W/100W
・最高温度:316度
・スマート機能:温度調節を可能にしたデジタル温度調節(ETC)機能搭載でグリル庫内の温度を標数値でキープ、温度確認、調理順をガイドするWeber Connect搭載アプリを使って手元で確認

公式ホームページ

weber

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ17選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchでも現在地の湿度が分かる「湿度計」アプリ。梅雨~夏にとっても便利!

  2. Apple Watchの定番ランアプリ7点のレビュー&極私的ランキング

  3. 天然ダイヤモンドを使用した143万円のApple Watchケースが発売

  4. 鯖江の眼鏡づくりの技から生まれたApple Watch専用バングルが7月1日から自社サイトで販売開始

  5. Apple Watchでエアコン・テレビ・照明の操作ができる「Nature Remo」アプリが更にアップデート

  6. Garminが本格マリン機能搭載のGPSスマートウォッチ『Quatix 7 Sapphire』発売

  7. WEARPLANETがエナメルレザーのApple Watchバンド発売

  8. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  9. オシャレ度NO.1のApple Watch文字盤「アーティスト」の魅力

  10. 夏でも快適で見た目も涼やかな本革Apple WatchバンドがROOXから発売

TAG

タグをさらに表示