検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 早め早めの行動に役立つ! AppleWatchの時間を進めて表示する方法

早め早めの行動に役立つ! AppleWatchの時間を進めて表示する方法

NEWS

2021.03.07

スマートフォンと連携して使用するスマートウォッチは、基本的に時刻合わせの作業が不要。ペアリングさえ終えてしまえば、正しい時刻を常に表示してもらえるモデルがほとんどで、もちろんApple Watchも表示時刻が狂うことはありません。それは便利な一方で、「早め早めに行動したいから、腕時計の時間は少しだけ進めておきたい」という人もいるでしょう。

そんな方に朗報です。実はApple Watch、時間を進めることが可能です。位置情報や標準電波に対応し、自動で現在時刻を表示するデジタル時計は、わざと時計を進めて行動に余裕をもたせるテクは使えませんでしたが、AppleWatchならそれが可能なんです。

進めることが可能な時間は59分まで。ちなみに遅らせることはできません。Apple Watchで行う設定の手順は以下の通りです。

①「設定」に入る
②「時間」をタップ
③「+0分 現在時刻」の表示をタップ
④設定画面が表れるので、デジタルクラウンを回して進める時間を設定する。

 

まずは「設定」をタップ。
「設定」の時間をタップするとご覧の画面が出るので、「+0分 現在時刻をタップ」。+0分は現在進めている時間だ。
この画面で進める時間を設定して終了です!
     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  2. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  3. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  4. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

  7. Apple WatchのSuicaの利用履歴を確認する方法

  8. 自動開閉で爽やかな朝日で起床! SwitchBotカーテン使用レビュー

  9. 歩くだけでApple Watchの「ムーブ」1000kcal超えは超大変! 実践レポート

  10. クラシックスタイルなFOSSILの新作スマートウォッチ「GEN 6 HYBRID」が発表

TAG

タグをさらに表示