検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. スマートウォッチの凄すぎる最新機能! 疲労計測も最大酸素摂取量も計測できる

スマートウォッチの凄すぎる最新機能! 疲労計測も最大酸素摂取量も計測できる

NEWS

2021.03.08

健康のためにエクササイズを習慣とする人が増えてきました。ほとんどのスマートウォッチは、さまざまなエクササイズに対応しており、運動ログをスマートフォンに残すことが可能です。ただ一部のモデルでは、その先を行く先進的な取り組みを行っているブランドがあります。ここではエクササイズにさらなるクオリティを求める人に向けた機能をご紹介します。

スマートウォッチのデータで本当の実力と体力を知る

数字で自分を理解することを助ける。最新のスマートウォッチは収集したデータから、さまざまな指標を出してくれます。最近トレンドとなっているのが、VO2MAX。最大酸素摂取量と呼ばれるこの数値は、どれだけの酸素を細胞が利用できるか示すもの。また、ランニングパワーなど、従来は特別な計測計器を着けないと測れなかった数値が、スマートウォッチ本体のみで分かるようになってきています。トップアスリートしか手に入らなかった情報が誰でも利用できる時代なのです。

有酸素運動時の実力が分かるVO2MAX

酸素を最大どれだけ取り込めるかを表した最大酸素摂取量と呼ばれる指標。もちろん酸素はできるだけ多く取り込んだほうがよく、この数値が高ければ高いほど、クルマで言えば排気量の高いエンジンを積んでいることになります。

iPhoneアプリのヘルスケアに表示されたVO2MAX。運動に強いスマウォメーカーがこぞって導入中です。

自分のパワーを数値で知るランニングパワー

これまでは、足にセンサーを装着して計測していたランニングパワー。『Polar』は腕元だけでパワーを測れるスマートウォッチを世界で初めて開発。どのフォームが一番パワーが出ているのか簡単に分かるため、技能向上に役立ちます。
ランニングパワーが計測できる『Polar』「Vantage V」。

疲労を見える化するリカバリー機能

リカバリー機能を備えるスマートウォッチは、ユーザーにどのくらいエネルギーが残されているかを計算し知らせてくれます。気持ちでは疲れていなくても、カラダは疲れていることはよくあること。スマートウォッチが気づかなかった疲労も見える化してくれます。
こちらはエネルギーありの時の表示。

こちらは回復中の表示。

ライバルと共に強くなるコミュニティ機能

コミュニティ機能は必須の時代。同じ目的を持った人とつながることでモチベーションがアップするのは、エクササイズとて同じこと。ユーザー同士のコミュニケーションを重視し、その場を用意するブランドも多数存在します。「Fitbit」はそんなブランドの筆頭。アプリからアクセスできるプラットフォームにはさまざまなコミュニティが存在し、ユーザー同士がさかんに交流しているんです。
『Fitbit』アプリのコミュニティー画面。運動から生活習慣まで、コミュニティの幅は広い。また、フレンド機能もあり、メッセージのやり取りも可能です。

Apple Watchにもアクティビティの達成度で競い、モチベーションを高める機能が搭載されています。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  7. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  8. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  9. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  2. iPhoneで縦長なサイトの一番下までのスクショを撮る方法

  3. Apple Watchでも把握可能な「睡眠負債」の恐さを解説

  4. Fitbit Premiumの新機能「睡眠プロフィール」とは?あなたの睡眠を動物キャラクター化

  5. 「Fitbit」と「首と肩に寄りそう枕」をセットにしたドウシシャウェルネスパッケージが取り扱い開始

  6. 見た目と実用性を兼ねた次世代GPSスマートウォッチ「Akate」が発売

  7. TED BAKER LONDONが日本初上陸のApple Watchバンド13型を7月15日(金)に発売

  8. ピーターラビット™×GAACALの大人可愛い花柄Apple Watchバンドが新発売

  9. GRAMAS COLORSよりネオンカラーのApple Watchバンドが新発売

  10. 「MIL規格」って何?スマホケースやスマートウォッチでよく聞く用語を徹底解説!

TAG

タグをさらに表示