検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの替えバンド、「レザー」「スチール」「シリコン」「ナイロン」それぞれの魅力とオススメ製品を紹介!

Apple Watchの替えバンド、「レザー」「スチール」「シリコン」「ナイロン」それぞれの魅力とオススメ製品を紹介!

NEWS

2021.04.28

金属素材のものから、スポーティなシリコン製のバンドまで、様々な素材の替えバンドを利用可能なApple Watch。それぞれのバンドには異なる魅力と特徴があり、使用するうえでのメリット・デメリットも異なります。今回の記事では、それぞれのバンドの素材の特徴を紹介していきます!

スチール(金属製)バンドの特徴はスタイリッシュさと強い耐久性

Apple Watchを含め、金属製の腕時計バンドの大半は「ステンレススチール」という素材でできています。ステンレススチールとは、鉄にクロムやニッケルなどを混ぜた高硬度な合金素材。サビに強い特性を持っているので、ナイロンやレザーのバンドと比較すると経年劣化は少なめ。定期的なバンド交換が不要で、気軽に日常使いできるのが強みです。

ただし、汗や水で濡れたまま放置すると、やはりサビやすいのがデメリット。汗を掻く真夏やスポーツ時の使用にはあまり向かない素材のバンドといえるでしょう。

一方で金属製のバンドには「華やかでスタイリッシュ」「大人っぽくリッチ」というイメージがあるので、スーツなどのフォーマルな服装にもバッチリ合うのが特徴。シンプルな休日の着こなしにも大人の雰囲気を添えてくれます。

オススメ商品はこちら!

Apple Watch スチールバンド15選【2021年最新版】 ビジネスにもカジュアルにも対応!

レザーバンド(革バンド)の特徴は高級感やフォーマル感

レザーバンドの特徴は、その高級感やフォーマル感。未来的な印象のApple Watchも、レザーバンドに付け替えればスーツなどの装いにぴったりハマります。ステンレススチールと同様に水に弱く、夏場には不向きという弱点はありますが、日常の仕事中にApple Watchを使う人や、休日の着こなしでもジャケット等を多く着る人は1本持っておいて損はないバンドです。

なお一口にレザーといっても、リーズナブルなフェイクレザーから、高級な本革まで、その種類は様々。価格帯も幅があり、フェイクレザーのApple Watchバンドなら1000円程度で手に入るリーズナブルなものも! モノを選べばフェイクレザーでもそこそこの高級感を演出できます。一方で高品質で高価格のレザーバンドは、Apple Watchにさらなる高級感をプラスしてくれます。

【あわせて読みたい】

ビジネスシーンで映えるApple Watch レザーバンド15選【2021年 春夏版】

シリコンバンド(スポーツバンド)の特徴は汗・水への強さと軽い装着感!

Apple Watchの純正バンドで「スポーツバンド」と呼ばれているのが、シリコン素材のバンド。「スポーツバンド」と言われるだけあり、汗や水を弾く素材なので、スポーツ時の使用にはピッタリで、気軽に水洗いもできちゃいます。軽量で、肌になじむ心地いい装着感もあるので、着用時に腕へのストレスの少ないバンドとも言えます。ケース一体型のバンドなら、激しめなスポーツでもApple Watchを気にせず使えるでしょう。

一方でシリコンバンドにはレザーバンドやスチールバンドのような高級感や、フォーマルな服装に似合う雰囲気はありません。水に気をつける必要もありませんし、汚れにも強いので、手入れが楽なバンドといえます。1000円前後から手に入る価格の安さも魅力で、買い換える前提でガシガシ使えるのも魅力です。

オススメ商品はこちら!

Apple Watchのおすすめスポーツバンド15選【2021年春夏版】安くてオシャレな製品が多数!

ナイロンバンドの特徴はデザインの豊富さとお手軽さ!

ナイロン製のバンドは、もともと軍用品でも使われていたこともあり、装着性や蒸れにくさ、耐久性が抜群。レザーやシリコンと比較して軽く、引っ張りや摩擦などの外圧にも強いです。軽い付け心地なので腕への負担も少ないのも魅力といえます。

またカラーバリエーションは他の種類のバンドと比べても非常に豊富。ポップなカラーや迷彩などの柄物のアイテムもあり、カジュアルなファッションとの相性は抜群です。ただし、見た目に「安っぽさ」が漂ってしまうのは隠せない事実。スーツやフォーマル寄りの服装との相性は良くありません。

ただし、本革のバンド等と比べると、価格が圧倒的に安価なのが何よりの魅力。1000円未満の製品もあるので、気軽に購入&交換が可能です。何本かまとめ買いして、その日の気分に合わせて付け替えるのも楽しいでしょう!

オススメ商品はこちら!

AppleWatch用ナイロンバンド13選。1000円以下のモデルも多数!【2021年最新版・専門サイト選定!】

バンドの着せ替えでApple Watchは何倍もオシャレになる!


このようにApple Watchのバンドにはさまざまな種類があり、それぞれに異なる魅力があります。着せかえを楽しめるようになれば、Apple Watchを使う楽しみは何倍にも増すはずです!

【関連記事】
Apple Watch スチールバンド10選【2021年最新版】
Apple Watchのおすすめスポーツバンド10選【2021年版】
AppleWatch用ナイロンバンド10選【2021年最新版】

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. ミラノ発レザーブランド「BONAVENTURA」から使い心地を追求したApple Watchレザーバンドが登場。Apple Watchをワンランク上のラグジュアリーアイテムに。

  2. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  3. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  4. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  5. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  6. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  7. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  8. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  9. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  10. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

TAG

タグをさらに表示