検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Appleが市場シェア1/3を達成! Wear OSは大苦戦もSamsungと統合で巻き返し? スマートウォッチ世界市場の最新レポート

Appleが市場シェア1/3を達成! Wear OSは大苦戦もSamsungと統合で巻き返し? スマートウォッチ世界市場の最新レポート

NEWS

2021.06.08

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社が、2021年第1四半期のスマートウォッチのグローバル出荷台数のシェア状況を発表(Global Smartwatch Model Trackerによる調査)。Appleは首位の座を維持しただけでなく、新しいシリーズ6の人気で前年同期比5割の成長を達成。市場全体の成長の起爆剤にもなり、結果的に、Appleの市場シェアは3%ポイント増加しました。
Samsungの出荷も、Galaxy Watch 3とGalaxy Watch Activeシリーズの人気が貢献したことで年同期比で27%増加。ただ成長率は市場平均を下回り、シェアを多少落とす結果に。Huaweiも、好調だった一年前の四半期と比べて、シェアが低下し続けています。なおこの台数には、基本レベルの独自OSやRTOS(リアルタイムOS; XiaomiやOPPOが採用)を搭載したベーシックなスマートウォッチ、キッズ向けスマートウォッチ(例: BBK、Huawei、Vodafone Neoが発売)、高機能スマートウォッチ(Apple、Samsung、Garmin製など)が含まれています。


図1: スマートウォッチグローバル出荷台数シェア 2021年と2020年の第1四半期比較(%)

出典: Counterpoint Research Global Smartwatch Tracker, Q1 2021

※BBK分は同社の海外市場での子供向けウォッチのブランドであるimooのロゴで示しており、同社が中国国内向けにXTC 小天才のブランドで出荷している数量を含んでいます。

カウンターポイント社シニアアナリストSujeong Lim氏は「Appleは、良いタイミングで製品ラインナップをWatch SEからシリーズ6まで広げ、首位の座をさらに確固たるものにした。Samsungが中位価格帯の製品を発売し成長加速を狙うのは、このAppleの動きに対応するものであろう」と分析しています。

OS別のシェアではWear OSが大苦戦。市場シェアは4%に

スマートウォッチのOSは、10億台のiPhoneユーザーたちのスマートウォッチ購入率の増加をうけて、AppleのWatchOSが市場の1/3以上を占めています。その一方で、GoogleのWear OSはスマートウォッチでそこまで成功していません。その理由の一つは、スマートウォッチメーカーはそれぞれ独自OS(Fitbit OS、 Tizen、Garmin OSなど)を開発して搭載していることにあります。それに加えて、Wear OSは機能、電池寿命最適化、サポートするチップセットの面で見劣りする部分があり、その結果、スマートウォッチグローバル市場でのシェアは、わずか4%に留まっています。

図2: スマートウォッチグローバル出荷台数 OS別のシェア (%)

出典: Counterpoint Research Global Smartwatch Tracker, Q1 2021

Google-Samsungの統合で状況に変化も?

しかし、Google I/Oのイベントで先週アナウンスされた、Google-Samsungパートナーシップによって、この状況は近々一変する可能性を秘めており、GoogleはSamsungのTizen OSをGoogle Wear OSに統合し、35億台のAndroidユーザーベースを背景に、全力でテコ入れを図ろうとしています。Lim氏はこの点に関して次の通り述べています。

「うまくいけば、Googleの新しいWearプラットフォームは、この秋遅くに発売予定の次世代Galaxy Watchに搭載されるだろう。両社にとってメリットがある話になる。この統合の主要目標は、単に電池寿命などの性能改善に留まらず、AIの改良、新しいアプリやサービス、そしてAndroidスマートフォンとの連携を含んでいる。Samsungにとっては、これまでより広くAndroidスマートフォンユーザー全体を対象としてビジネスを展開できる。また、Googleは、Fitbit買収が完了したことを受けて、Wearプラットフォームのフィットネス関連の機能やサービスとの統合を強化できるようになった」

Google-Samsungのアナウンスに関して、カウンターポイント社調査担当VPのNeil Shah氏は次の通りコメントしています。

「Googleがウェアラブル業界において意欲的な事業展開を実現する上で、今回の提携は素晴らしい一手である。Tizen OS、Wear OS、Fitbit OSと、3領域それぞれで最高なものを統合することで、強固なWear機器のポートフォリオを築くことができる。この統合によって、GoogleのWearプラットフォームのパワーが増し、多くの開発者を惹きつけ、ウォッチの新たなユーザー体験が生まれるだろう。」

また、ハイテク企業がなぜここまでリストデバイス(手首につける機器)に熱心なのかについて、Shah氏は次の通り述べています。

「ウェアラブルのデバイスとサービスは、Apple、Google、Facebook、Amazonなどの企業にとって今後重要なカテゴリーになる。なぜなら、彼らはヘルスケア、医薬、保険の業種に、直接・間接に事業を拡大しつつあるからだ。例えば、AppleのFitness+サービスは、その分析と予測に基づいて薬やヘルスケアソリューションを売る、というクロスセルを実現している。また、先進的な音声認識AIや機械学習を搭載することで、リストデバイスはハイテク企業にとって、この10年の重要セグメントとなるだろう。グラスなど視覚を使う機器や、脳と直接インターフェースする機器が出てくるまで、この状況が続くだろう」

【関連記事】

「みんなが持ってるスマートウォッチ」ランキング! 回答424人 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. 2022年5月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」17選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  7. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  8. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  9. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  2. iPhoneで縦長なサイトの一番下までのスクショを撮る方法

  3. Apple Watchでも把握可能な「睡眠負債」の恐さを解説

  4. Fitbit Premiumの新機能「睡眠プロフィール」とは?あなたの睡眠を動物キャラクター化

  5. 「Fitbit」と「首と肩に寄りそう枕」をセットにしたドウシシャウェルネスパッケージが取り扱い開始

  6. 見た目と実用性を兼ねた次世代GPSスマートウォッチ「Akate」が発売

  7. TED BAKER LONDONが日本初上陸のApple Watchバンド13型を7月15日(金)に発売

  8. ピーターラビット™×GAACALの大人可愛い花柄Apple Watchバンドが新発売

  9. GRAMAS COLORSよりネオンカラーのApple Watchバンドが新発売

  10. 「MIL規格」って何?スマホケースやスマートウォッチでよく聞く用語を徹底解説!

TAG

タグをさらに表示