検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Appleが市場シェア1/3を達成! Wear OSは大苦戦もSamsungと統合で巻き返し? スマートウォッチ世界市場の最新レポート

Appleが市場シェア1/3を達成! Wear OSは大苦戦もSamsungと統合で巻き返し? スマートウォッチ世界市場の最新レポート

NEWS

2021.06.08

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社が、2021年第1四半期のスマートウォッチのグローバル出荷台数のシェア状況を発表(Global Smartwatch Model Trackerによる調査)。Appleは首位の座を維持しただけでなく、新しいシリーズ6の人気で前年同期比5割の成長を達成。市場全体の成長の起爆剤にもなり、結果的に、Appleの市場シェアは3%ポイント増加しました。
Samsungの出荷も、Galaxy Watch 3とGalaxy Watch Activeシリーズの人気が貢献したことで年同期比で27%増加。ただ成長率は市場平均を下回り、シェアを多少落とす結果に。Huaweiも、好調だった一年前の四半期と比べて、シェアが低下し続けています。なおこの台数には、基本レベルの独自OSやRTOS(リアルタイムOS; XiaomiやOPPOが採用)を搭載したベーシックなスマートウォッチ、キッズ向けスマートウォッチ(例: BBK、Huawei、Vodafone Neoが発売)、高機能スマートウォッチ(Apple、Samsung、Garmin製など)が含まれています。


図1: スマートウォッチグローバル出荷台数シェア 2021年と2020年の第1四半期比較(%)

出典: Counterpoint Research Global Smartwatch Tracker, Q1 2021

※BBK分は同社の海外市場での子供向けウォッチのブランドであるimooのロゴで示しており、同社が中国国内向けにXTC 小天才のブランドで出荷している数量を含んでいます。

カウンターポイント社シニアアナリストSujeong Lim氏は「Appleは、良いタイミングで製品ラインナップをWatch SEからシリーズ6まで広げ、首位の座をさらに確固たるものにした。Samsungが中位価格帯の製品を発売し成長加速を狙うのは、このAppleの動きに対応するものであろう」と分析しています。

OS別のシェアではWear OSが大苦戦。市場シェアは4%に

スマートウォッチのOSは、10億台のiPhoneユーザーたちのスマートウォッチ購入率の増加をうけて、AppleのWatchOSが市場の1/3以上を占めています。その一方で、GoogleのWear OSはスマートウォッチでそこまで成功していません。その理由の一つは、スマートウォッチメーカーはそれぞれ独自OS(Fitbit OS、 Tizen、Garmin OSなど)を開発して搭載していることにあります。それに加えて、Wear OSは機能、電池寿命最適化、サポートするチップセットの面で見劣りする部分があり、その結果、スマートウォッチグローバル市場でのシェアは、わずか4%に留まっています。

図2: スマートウォッチグローバル出荷台数 OS別のシェア (%)

出典: Counterpoint Research Global Smartwatch Tracker, Q1 2021

Google-Samsungの統合で状況に変化も?

しかし、Google I/Oのイベントで先週アナウンスされた、Google-Samsungパートナーシップによって、この状況は近々一変する可能性を秘めており、GoogleはSamsungのTizen OSをGoogle Wear OSに統合し、35億台のAndroidユーザーベースを背景に、全力でテコ入れを図ろうとしています。Lim氏はこの点に関して次の通り述べています。

「うまくいけば、Googleの新しいWearプラットフォームは、この秋遅くに発売予定の次世代Galaxy Watchに搭載されるだろう。両社にとってメリットがある話になる。この統合の主要目標は、単に電池寿命などの性能改善に留まらず、AIの改良、新しいアプリやサービス、そしてAndroidスマートフォンとの連携を含んでいる。Samsungにとっては、これまでより広くAndroidスマートフォンユーザー全体を対象としてビジネスを展開できる。また、Googleは、Fitbit買収が完了したことを受けて、Wearプラットフォームのフィットネス関連の機能やサービスとの統合を強化できるようになった」

Google-Samsungのアナウンスに関して、カウンターポイント社調査担当VPのNeil Shah氏は次の通りコメントしています。

「Googleがウェアラブル業界において意欲的な事業展開を実現する上で、今回の提携は素晴らしい一手である。Tizen OS、Wear OS、Fitbit OSと、3領域それぞれで最高なものを統合することで、強固なWear機器のポートフォリオを築くことができる。この統合によって、GoogleのWearプラットフォームのパワーが増し、多くの開発者を惹きつけ、ウォッチの新たなユーザー体験が生まれるだろう。」

また、ハイテク企業がなぜここまでリストデバイス(手首につける機器)に熱心なのかについて、Shah氏は次の通り述べています。

「ウェアラブルのデバイスとサービスは、Apple、Google、Facebook、Amazonなどの企業にとって今後重要なカテゴリーになる。なぜなら、彼らはヘルスケア、医薬、保険の業種に、直接・間接に事業を拡大しつつあるからだ。例えば、AppleのFitness+サービスは、その分析と予測に基づいて薬やヘルスケアソリューションを売る、というクロスセルを実現している。また、先進的な音声認識AIや機械学習を搭載することで、リストデバイスはハイテク企業にとって、この10年の重要セグメントとなるだろう。グラスなど視覚を使う機器や、脳と直接インターフェースする機器が出てくるまで、この状況が続くだろう」

【関連記事】

「みんなが持ってるスマートウォッチ」ランキング! 回答424人 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示