検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 旅先や帰省で超便利! Apple Watch用の小型充電器は一つ持っておいて損はなし!

旅先や帰省で超便利! Apple Watch用の小型充電器は一つ持っておいて損はなし!

NEWS

2021.08.09

非常に多機能かつ便利な一方で、フル充電してもバッテリーが1日弱しか持たないApple Watch。

スマホと同様に寝る時・寝る前の充電が習慣化してしまえば、特に不便を感じることはありませんが、問題は旅行や帰省のとき。

Apple Watchを充電するには、専用の磁気式充電ケーブルが必要で、ケーブルがそこそこ長かったり、折りたたみがしづらかったりするので、持ち運ぶと結構かさばります。


そしてiPhone用の充電機器(Lightningケーブルやモバイル充電器)は常日頃から持ち歩いている人も多く、旅先には必ず持っていく人が大半だと思いますが、Apple Watchの充電器はつい忘れがち。

旅先に着いてから、「あ、充電器持ってくるの忘れた」と気づくことが非常に多いのです。

そこで便利なのが、持ち運びに便利なApple Watch用の小型充電器。

今回の記事では実際に購入した製品を旅行中に使ってみて、その使用レビューを紹介します。

今回使った製品はコチラ!

YOFITAR Apple Watch 用ワイヤレス充電器


¥1,680
Amazonで詳細を見る

持ち運びに便利なApple Watch用の小型充電器。単体では充電できず、USBを充電機器(もしくは電源に直結したUSB差込口)に差し込むことが必要です。

上記の価格は筆者が購入したセール時の価格なので、現在は多少ズレがあるかもしれません。その点ご了承を!

ちなみに届いた商品の写真がコチラです。非常に小さく、見た目もスマートです。

USBの差込口はカバーが付けられるようになっているので、持ち運びにも安全。非常に軽量(約29g)なので、毎日持ち歩いてもまったく気にならないでしょう。

ここからは実際の使用レポート!

まずは移動中の特急電車の車内で充電をしてみました。

最近の特急電車にはコンセントの差込口やUSBの差込口が付いている席が多くて便利ですよね。

今回利用した列車は、コンセントの差込口があるタイプだったので、USB充電ポートを2口搭載したAUKEY(オーキー)のUSB充電器を間に噛ませました。

最大出力電流は2.4Aです。

こんな感じで座席の横のコンセントに差し込んでも、コードがゴチャゴチャせず、スッキリと充電が可能です。

また充電面は磁気式でピッタリとApple Watchとくっついてくれるので、少し動いたくらいではApple Watchが落下することもありません。

続いてモバイルバッテリーにも差し込んで充電をしてみました。

モバイルバッテリーとの組み合わせでも、省スペースで充電が可能です。

特急列車の窓際に付いているテーブルは非常に小さいですが、そこにも問題なく置くことができました。

以下は、宿のコンセントで充電をした時の写真です。

こちらではiPhoneの充電ケーブルも一緒に差し込んでみましたが、問題なく一緒に充電ができました。

なおUSBの差し込み口が複数ある充電器で、差込口の距離が近いものの場合は、こちらのApple Watch用充電器を差し込むと、隣の差込口が使えなくなってしまうケースもありそう(写真の充電器でもギリギリ干渉しない状態でした)。

ちなみに充電速度も問題なく、このようにUSB充電器を挟んでコンセントに差し込むと1時間程度でフル充電ができました(30%ほどバッテリー残量があったとき)。

なお注意点としては、パソコンのUSBポートに差し込んで充電をすると、充電速度はかなり遅め。

これは本製品の問題ではなく、パソコンに用意されているUSBポートの出力が低いためですが、念のためご了承を!

一つ持っておいて損はなし!他ブランドにも良い製品が多数

ここまで説明してきたように、この小型のApple Watch充電器は非常に便利。外泊が多い人や、外出先での充電の機会が多い人は、一つ持っておいて損はありません!

なお最近はAnkerやELECOMといったブランドからも、同じようなモバイル充電器が出ています。こちらもぜひ利用をどうぞ!

あわせて読みたい

くるっと巻いて、カチッと収納! 超コンパクトなApple Watch専用充電ケーブルがエレコムから新登場

超超コンパクトなApple Watch用充電器『MACO GO』がAmazonにて一般販売を開始!

Ankerが初のApple Watch用磁気充電器を発表! 2021年6月3日に4モデル同時発売

 

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  7. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  10. 左手にApple Watch、右手にFitbitを着けっぱなしで過ごした4日間のデータ比較。スタンフォード大の研究は正しいか

NEW CONTENTS

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  4. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

  5. Appleデバイスのレザーアクセサリー専用の保湿クリームが新発売

  6. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  7. Suuntoのスポーツ向けスマートウォッチ「SUUNTO RACE」の新色3モデルが発売

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Xiaomi関連のスマートウォッチの専門ブランド “Mibro (ミブロ)”がついに日本正式発売!

  10. 『呪術廻戦スマートウォッチ』が3月29日(金)より販売スタート!

TAG

タグをさらに表示