検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 健康管理機能とワークアウト機能が進化したスマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT 3』が12月3日(金)より発売

健康管理機能とワークアウト機能が進化したスマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT 3』が12月3日(金)より発売

NEWS

2021.12.03

ファーウェイ・ジャパンは新作スマートウォッチ『HUAWEI WATCH GT 3』を12月3日(金)より順次発売します。

『HUAWEI WATCH GT 3』は、2019年に発売が開始され、好評を博した『HUAWEI WATCH GT 2』の後継機で、健康管理機能とワークアウト機能が進化したモデル。

体表面温度測定、血中酸素レベル測定、心拍数モニタリング、睡眠モニタリングの健康管理機能を搭載し、100種類以上のワークアウトにも対応。46mmシリーズで最大約2週間、42mmシリーズで最大約1週間連続使用可能な長時間バッテリーも大きな魅力です。

当サイト調べのスペック表は以下になります。

搭載スペック

※下記の搭載スペックは編集部調べのデータになります

スポーツモデルとクラシックモデルの2タイプがあるため、スポーツシーンで自分のワークアウトを記録したい方でも、ビジネスで使用したい方でも最先端のテクノロジーを体験したい方でも自分好みのデザインを見つけることができます。

市場想定価格は46mmシリーズのスポーツモデル(ブラック)が31,680円(税込)、クラシックモデル(ブラウンレザー)が34,980円(税込)、42mmシリーズのスポーツモデル(ブラック)が30,580円(税込)、クラシックモデル(ホワイトレザー)が33,880円(税込)です。

なおHUAWEIは同時にほか2種の新作スマートウォッチも発表しています。詳細は下記の関連記事をご一読ください。

あわせて読みたい

クラシカルで優雅なデザインのスマートウォッチ『HUAWEI WATCH FIT mini』 が12月3日(金)より発売

HUAWEI初のランナー特化型ウォッチ『HUAWEI WATCH GT Runner』を12月10日(金)より発売。走力を科学的に測れる機能あり!

『HUAWEI WATCH GT 3』の主な特長

■より見やすく、より操作しやすく

前モデル『HUAWEI WATCH GT 2』と比べると、ディスプレイサイズが46㎜シリーズは1.39インチから1.43インチへ、42㎜シリーズは1.2インチから1.32インチへと拡大し、より見やすくなりました。

また、回転式クラウンを採用。ウォッチ操作は、レスポンスの良いタッチセンサースクリーン、クラウン、サイドボタンから可能です。クラウンを回転させると、盤面のアプリを拡大・縮小したり、ディスプレイの機能や音量設定を簡単にスクロールできます。高いリフレッシュレートにより、スムーズでシームレスに操作できます。

■進化した心拍数モニタリング
進化した「HUAWEI TruSeen™ 5.0」は、受光感度にかかわるフォトダイオード数を8個へ増やし、AIアルゴリズムを改良。ノイズを効果的に除去し、激しい運動中でもより正確な心拍数のモニタリングが可能になりました。健康データの精度も向上しています※1。

■健康管理を可視化する

『HUAWEI WATCH GT 3』は、あらゆるデータを利用して、健康管理やワークアウトの目標達成をサポートします※1。また、スマートフォンと連携し「HUAWEI Health」 アプリに記録することで、ログデータを簡単に確認することができます。

【体表温度測定機能】
手首の体表温度測定機能を搭載。普段から自分の体表温度を把握することで、変化に気づき細かくケアすることができます。

【血中酸素レベル測定】血中酸素レベルを常時測定※2することが可能。予め設定した値よりも低くなった場合、本体が振動し、アラートを出します。

【睡眠モニタリング】
HUAWEI TruSleep™ により、深い睡眠・浅い睡眠・レム睡眠・昼寝の4つの異なる睡眠状態を検出。また、6つの主要な睡眠課題を特定し、200種類以上の睡眠に関するアドバイスなどの情報を提供します。

【ストレスモニタリング】
HUAWEI TruRelax™ ストレスモニタリングで1日のストレスレベルをモニタリング。ストレスが高まったときには本体に内蔵された呼吸トレーニングガイドを使って、リラックスして集中できる状態に促します。

【健康タスク管理機能】
今回より新たに加わった、ウォッチ/「HUAWEI Health」アプリ上で健康管理に関するチェックインを行い、コンプリートさせる機能です。早寝早起きや適度な運動、水を飲むこと等、自分の生活に合った時間や目標に合わせてリマインダーを設定して健康意識を高めることができます。

■ワークアウトを可視化する
100種類を超えるワークアウトモードを搭載。日常的なトレーニングはもちろん、登山やスキー、エクストリームスポーツまでさまざまなスポーツに対応しています。

また、ルートバック機能を搭載。旅行のルートを記録し、より正確な位置を追跡するためにGPSの電波が弱すぎる場合は、アラートを送信します。そのような状況下でも、リアルタイムで記録されたルートをみて、元の道を探すことができます。
そのほか、内蔵された高度気圧計が、現在の気圧をリアルタイムで監視し、急激な変化があった場合、振動して注意喚起する機能も搭載。

■デュアルバンド・五種衛星測位システム対応
GPS、BeiDou、GLONASS、Galileo、QZSSの衛星システムに対応。より強力な干渉防止性能を備えているため、屋外での測位信号の強度と安定性が向上。また、L1とL5のデュアルバンドに対応し、ワークアウトのより正確な測位を可能にします。

■新機能AIランニングコーチ
過去のランニングデータに基づいてあなたの運動能力を評価し、初心者から上級者まで、日々のランニングやレースの準備のために、科学的でプロフェッショナルなランニングプラン※3を提供。実際の達成状況やデータに基づいて、トレーニングプランを自動的かつ定期的に調整することができ、トレーニングの効率を高め、目標を達成する手助けをします。

■通話対応など充実のライフアシスタント機能
『HUAWEI WATCH GT 3』はBluetooth®通話に対応しているため、スマートウォッチから電話に応答し、そのまま通話を続けることができます。また、着信やメッセージの確認、天気情報など、手首の優秀なアシスタントが様々な機能を担い、情報を提供します。

■ロングバッテリー、ワイヤレス充電対応
『HUAWEI WATCH GT 3 46 mm』は通常使用で約14日間※4、『HUAWEI WATCH GT 3 42 mm』は約7日間※4バッテリーが持続するので、継続的にワークアウトを記録し、健康管理を可視化することに役立ちます。
また、ワイヤレス充電に対応しています。

※1:本製品は一般的なウェルネス・フィットネス目的の製品であり、医療機器として設計されたものではなく、病気などの診断、治療、予防を目的には使用できません。
※2:常時測定とは一定期間毎の計測値を定期的に表示することを意味しています。
※3: パーソナルAIランニングコーチ機能を利用するには、「HUAWEI Health」アプリが必要です。
※4:通常使用は、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリング(HUAWEI TrueSleep)ON、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日に200回画面表示、毎週30分のBluetooth通話および音楽再生、毎週90分のワークアウト(GPS有効)をした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

『HUAWEI WATCH GT 3』の主な仕様

※1:本製品にはISO規格22810:2010に基づく50メートルの耐水性能があることを意味します。温水での使用は推奨しません。
※2:ファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。実際の使用状況によって変動します。
※3:Androidスマートフォンのみ。
※4:撮影するスマートフォンはEMUI8.1以降を搭載している必要があります。
●画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合があります。●掲載製品の仕様・性能は予告なしに変更する場合があります。●本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、医療機器ではありません。本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用できません。●HUAWEI、HUAWEIロゴはHUAWEITECHNOLOGIES CO., LTDの商標または登録商標です。●Android™は、Google LLCの商標または登録商標です。●Bluetooth®は、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。●IOSはCiscoの米国およびその他の国における商標、または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。●その他会社名、各製品名は、各社の商標または登録商標です。

◇『HUAWEI WATCH GT 3』 製品ページ
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-gt3/

あわせて読みたい


HUAWEIスマートウォッチ 現行主要モデルガイド【2021年最新版】


HUAWEI WATCH GT 2 試用レビュー。1~2週間バッテリーが持続するGPS搭載のエレガントなスマートウォッチ

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. ドンキで販売のスマートウォッチ新ブランド「Horloger」シリーズ誕生!

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  4. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. 2021年10月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」14選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  7. Apple Watchで一番よく使う機能は「タイマー」の件。ヘビーユーザーの使い方も紹介!

  8. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  9. Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

  10. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchで「不規則な心拍」の通知→検査でも異常アリ! 「Apple Watchスゲー」の声

  2. Anker MagGoシリーズのマグネット式モバイルバッテリーに10000mAhの大容量モデルが登場!

  3. ブガッティが初のスマートウォッチ『BUGATTI CERAMIQUE EDITION ONE』を発表。先行販売数300個

  4. ブロックチェーンロック社、世界的リーディングカンパニーのLockin社のDIY型スマートロックの販売を開始

  5. iPhoneのイヤホンジャック廃止で「外で音楽を聞く習慣がなくなった人」、実は多い?

  6. Belkinが薄型ボディに2ポート搭載、2台のデバイスを同時充電できる 10,000mAhのモバイルバッテリーを発売

  7. Apple Watchで計測可能な「心拍数回復」とは? その指標が需要な理由

  8. エレコムがApple Watch磁気充電ケーブルと直挿し充電アダプターを新発売。安心のApple正規認証品!

  9. ドンキの高級スマートウォッチ「Horloger」試用レビュー。血圧測定もできる!?

  10. Apple Watch充電スタンド13選。ゴチャつくコードもスッキリ! 卓上インテリアにもなる!

TAG

タグをさらに表示