検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 体調を起因とする事故減を目指して~イーデザイン損害保険がApple Watchで取得するデータを活用した実証実験を開始

体調を起因とする事故減を目指して~イーデザイン損害保険がApple Watchで取得するデータを活用した実証実験を開始

NEWS

2021.11.26

近年のストレス社会においては心身ともに疲労が蓄積した状態になりやすくなってますが、自動車運転時に体調を把握することは、ドライバーの健康起因による事故を防ぐうえで大変重要となっています。

また、ヘルスケア領域におけるテクノロジーの進展により、データ分析に基づく心身の不調を予測する技術が向上しており、これらを事故予防につながるサービスに展開することが期待されています。

そこでイーデザイン損害保険は、より安全な運転環境を実現するためにApple Watchを試用する国内初※の取り組みをスタート。

Apple Watchから収集されるヘルスケアデータと、同社の総合自動車保険「&e(アンディー)」から取得する利用者の運転データを分析し、体調と安全運転との相関関係を明らかにする実証実験を行います。※同社調べ(2021年11月現在)

実証実験の概要

本実証実験では、実験参加者が装着したApple Watchから収集されるヘルスケアデータと総合自動車保険「&e(アンディー)」で提供される車載センサーから取得される運転データから、体調と安全運転の相関関係を明らかにし、運転する際の体調予測が可能か検証します。

なお、本実証実験は木村雄弘氏(慶應義塾大学)が監修しています。

◼ 実験期間:2021年12月~2022年1月
◼ 対象者:当社社員
◼ 実証実験内容:
①実証実験対象者は、iOS のプロトタイプアプリケーションをiPhoneにインストールし、実験期間中は配布されたApple Watchを常に装着します。
②実験期間中、車載センサーを搭載した自動車を週2~3回ほど運転します。 運転後に、前日の睡眠状況、運転時の疲労度・集中度についてのアンケートに回答します。

今後の展開としては、実証実験で得られたデータから課題を検証し、平時とは異なる健康状態の予測に繋がる新たなソリューションの開発を目指すとのこと。

また、東京海上グループが有する事故データやリスクマネジメントのノウハウと、Apple Watchなど最先端のテクノロジーを掛け合わせることで、社会課題の解決に繋がるヘルスケアソリューションの創出に挑戦していくそうです。

あわせて読みたい


皮膚温度やストレス、摂取カロリーの計測も可能!最新スマートウォッチのスゴすぎる健康機能まとめ


Apple Watchで陽性患者のバイタルデータを取得! 新型コロナウイルス陽性患者の遠隔モニタリングツールに注目

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示