検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Belkinの「Made For Apple Watch」認証を世界初取得の専用充電器、使ってみたら超便利だった!

Belkinの「Made For Apple Watch」認証を世界初取得の専用充電器、使ってみたら超便利だった!

NEWS

2022.01.19

スマートフォンやスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスは、ここ数年のあいだでも急速な進化を遂げていますが、そうしたデバイスを充電する充電器も進化を遂げています。

たとえばApple Watchについては、Apple Watch Series 7の登場と同時に純正の高速充電ケーブルが登場。

Apple Watch Series 7と組み合わせると最大33%高速に充電が可能で、約45分で80%の充電を完了することができます。

そして昨年の12月には、Appleの公式サイトでも取り扱いのある信頼のブランド・Belkinから、急速充電シリーズBOOST↑CHARGEの新製品としてApple Watchに対応した製品が複数登場。

そのうちから本記事では、専用充電器として世界初の「Made For Apple Watch」認証を取得した「Belkin BOOST↑CHARGE PRO Apple Watch用ポータブル急速充電器」の仕様レビューをお届けします!

そのほか同時発売の製品も紹介したニュース記事は下記リンク先で読むことができます。

【あわせて読みたい】BelkinがApple Watch・iPhone用ワイヤレス磁気充電器3製品を発売。世界初の高速充電対応の「Made For Apple Watch」認証対応専用充電器も!

レビューする製品はこちら!

Belkin BOOST↑CHARGE PRO Apple Watch用ポータブル急速充電器

¥6,727

Amazonで詳細を見る

ここから使用レビュー!

こちらが製品のパッケージ。

なおレビューするのはブラックのカラーです。

さっそく開封してみます。

こちらが充電器です。シンプルで美しいデザインが目を引きます。

Apple Watchに付属する純正の磁気式充電ケーブルとは違い、スタンドとして使える充電器なので、サイズは少し大きめ。

表面の質感はマットで、手触りはサラッとしていて高級感があります。

なおケーブルは最近あらゆるデバイスで採用が増えているUSB Type-Cです。

裏側はこんな形です。

Apple Watch純正の充電器は、ケーブルが上手く折り畳めずにゴチャゴチャしがちですが、本製品はケーブルを巻き取って本体の裏側に収納することが可能!

設置場所に合わせてケーブルの長さを調節できるので、これはメチャクチャ便利な機能です。

なおケーブルはマックスの長さまで出すと1.2mあります。

表側の磁気充電部分を立ち上げるとこんな形です。

立ち上げた状態で充電するとApple Watchはナイトスタンドモードで表示が可能です。

そして、このスタンド部分にも小さな工夫がありました。

上記は同梱の説明書ですが、Apple Watchはシリーズによりケースのサイズに38mm~45mmまで大きさの違いがあります。

そして、周囲に保護ケースを付けたりすると、ケースの大きさがまた変わります。

そのため立て掛けて充電しようとすると、うまく磁気充電部分に接触できずに充電できない……ということがあるのですが、この製品はApple Watchのケースサイズに合わせて、スタンド部分の高さを微調整できるのです!

調整は裏側の▲の目盛りが付いた部分を回すことで行います。

こうした細やかな気配りがあるのは、さすがBelkinの製品だと感じました!

実際に充電してみた!


実際にApple Watchを設置して充電をしてみました。

Apple Watch専用の製品ということで、一緒に置いたときの見た目が非常に美しいです。

先述の高さ調整も済ませておいたら、接触不良などもなくしっかり充電できました。

磁気でバチッとくっつくので、Apple Watchが手前に倒れてくることもありません。

なお、こうした平置きの状態でも充電は可能。

設置場所に応じて、充電の仕方も変えるといいでしょう。

実際のところの充電速度は?

実際の充電速度もどの程度なのかチェックしてみました。

たとえば43%の状態から充電をスタートしたときは、30分で82%までバッテリーが回復。

30分で39%増加した計算なので、45分に換算すると1.5倍の58.5%分が回復する計算になります。

「約45分間で0%から80%まで」の速度には届かないですが、十分といえる速さです。

ちなみにUSBの簡易電流・電圧チェッカーの数値もチェックしましたが、数値はApple純正の高速充電対応のUSB-Cケーブルと同程度でした。

なお筆者のUSB-C電源アダプタは20Wの出力があるものですが、この電源アダプタの性能によっても数値は変化します。

Belkinのホームページにも、「充電時間は、地域、設定、環境要因によって異なるため、実際の結果は異なります」と記載があるので、個々人の充電環境で差があることは理解しておきましょう!

ちなみにApple製品のリチウムイオンバッテリーは、バッテリー容量の80%までは高速充電し、その後は低速のトリクル充電に切り替わる仕様です。その点もご理解を!

参考:バッテリー – なぜリチウムイオンなのか? – Apple(日本)

純正ケーブルと同等の高速さで、使い勝手は純正以上!

このように本モデル「Belkin BOOST↑CHARGE PRO Apple Watch用ポータブル急速充電器」は純正の高速充電ケーブルと同程度の性能を持ちながらも、使いやすさは純正品以上。

充電環境をスッキリさせたい人には、非常にオススメな製品ですので、Apple Watchの充電器を探していた人はぜひ購入候補に入れてみてください!

あわせて読みたい

BelkinがApple Watch・iPhone用ワイヤレス磁気充電器3製品を発売。世界初の高速充電対応の「Made For Apple Watch」認証対応専用充電器も!

Apple Watchのコンパクト充電器おすすめ5選。持ち運び&外出先での充電に便利!

セリアの新作Apple Watch充電スタンド使用レビュー。使い勝手も見た目のカワイさも大幅向上!!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  2. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  3. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  4. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  5. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  6. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  7. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  8. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  9. 左手にApple Watch、右手にFitbitを着けっぱなしで過ごした4日間のデータ比較。スタンフォード大の研究は正しいか

  10. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

NEW CONTENTS

  1. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  2. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  3. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

  4. Appleデバイスのレザーアクセサリー専用の保湿クリームが新発売

  5. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  6. Suuntoのスポーツ向けスマートウォッチ「SUUNTO RACE」の新色3モデルが発売

  7. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  8. Xiaomi関連のスマートウォッチの専門ブランド “Mibro (ミブロ)”がついに日本正式発売!

  9. 『呪術廻戦スマートウォッチ』が3月29日(金)より販売スタート!

  10. 「赤いナイトモード」に映えるNOMADのApple Watchバンドが新発売

TAG

タグをさらに表示