検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. MOVIE
  3. スマートウェイクや文字盤切り替え機能がやって来た!FitbitOS4.1アップデートが最高すぎ!!

スマートウェイクや文字盤切り替え機能がやって来た!FitbitOS4.1アップデートが最高すぎ!!

MOVIE

2019.12.17

メジャーアップデートと言っても過言ではないOS4.1

FitbitOS4.1アップデートがついに配信されたので、毎日愛用中の「Versa2」に早速インストール。その進化具合をレポートします。

Fitbit OS4.1 アップデート
待ってました、この表示。スマホのFitbit アプリの[ホーム画面]→[アカウントアイコン
(左上の顔のアイコン)]→[使用モデルをタップ]すれば、上画像のようにアップデートの案内が来ているはず。今すぐアップデートしましょう。

ウォッチフェイスを本体のみで切り替えられるのは便利すぎ!

今まで何でなかったのか不思議。OS4.1から時計本体に5つまでウォッチフェイスを保存して、自在に切り替えられるようになりました。これまで新モデルごとに乗り換えてきた『Fitbit』。満足して使っていたのですが、どうしても許せなかったのが、ウォッチフェイスを変えるのにわざわざスマホのアプリを立ち上げなきゃいけないところでした。しかも、切り替える度に一回一回ダウンロードするので2〜3分かかるんです。頻繁にウォッチフェイスを変えるタイプなので、かなりストレスフルでした。なので、今回のアップデートは待ちに待った大進化!ウォッチフェイスを次々と変えて自分のだけの「Versa2」にすれば愛着も湧くというものです。

Fitbit OS4.1
画面下に注目!文字盤を追加できるボックスが追加されていました。ここに好きなウォッチフェイスを登録できます。

●ウォッチフェイスを切り替えている様子は以下から

快適な目覚めをいざなう「スマートウェイク」で睡眠機能が完全体に!

ぬくぬくのベッドから起きられない季節に(ギリギリ)間に合いました。この「スマートウェイク」、アラーム設定時刻前30分の間で、もっとも目覚めのいい瞬間を『Fitbit』が判断し、バイブレーションで起こしてくれるというもの。この機能自体はかなり前から発表されましたが、ようやくOS4.1で実装された目玉機能です。早速、試そうとスマホアプリの睡眠関連の場所を探すも設定項目が見つからず、さんざん探し回った挙げ句、なんと本体側のアラームで設定できることを発見。ウォッチフェイスもそうですが、どうやら『Fitbit』は時計本体推しなのかもしれません。設定方法は、時計の画面をスワイプし「アラーム」をタップ、アラーム時刻を設定した後、「スマートアラーム」のチェックボックスをオンにするだけです。設定方法では以下の動画でも解説していますのでご覧ください。

●「スマートウェイク」の設定方法

肝心の快適な目覚め具合はというと、これがなかなか効果的。朝7:00に子供の目覚まし時計がけたたましく鳴るのと同時に起きるのが最近の常なので、『Fitbit』「Versa2」のアラームは7:15に設定。7:00に目覚まし時計で目覚めかけたあたりで、腕元にもビビビと振動で『Fitbit』「Versa2」が追い打ちをかけるイメージです。毎朝同じタイミングで振動するので、どうやら、「目覚めた状態」を感知して起こすアルゴリズムのようです。熟睡している時より、できるだけ浅い睡眠の時に起こしてもらった方が、すっと起きられるような気がするのは確か。わずか数日の試用ですが、今後も継続的に使っていきたい機能です。ただ、デフォルトでは振動が弱めなんで、時計の設定から、振動を「強」にすることをおすすめします。

Fitbit Versa2 睡眠
目覚めた状態を感知して振動するようだ。二度寝は『Fitbit』のせいではないのであしからず。

「Versa2」では画面の常時表示モードがカスタマイズ可能などの独自アップデートも

最新モデル「Versa2」で初めて実装された画面の常時表示モード。これは、簡易画面に切り替えバッテリーをセーブしながら、時刻などの最低限の情報を常時表示する機能。今回のアップデートでは、簡易表示の「アナログ⇔デジタル」表示の切り替えや睡眠中は表示を完全オフにする設定、アクティビティ情報の表示のオンオフなど、カスタマイズができるようになりました(カスタマイズによっては対応しないウォッチフェイスもあり)。
加えて、そもそも精度が高かった「Versa2」心拍トラッキングにおいても、このOS4.1からさらに高精度なアルゴリズムが用いられているとのこと。今回のOS4.1は、『Fitbit』がますます手放せなくなる大型アップデートと言えそうです。今すぐの更新を全力でおすすめします。

レビューで使用したVersa2製品情報はこちら

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  2. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  5. Apple Watchはゴルフ場でも最強か?無料アプリ「Golf Shot」使用レビュー

  6. Apple Watchを買って後悔する人のパターン10選。当てはまる人は要注意!?

  7. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2021年版】 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  8. 『ねこあつめ』が実はApple Watchに対応している件。腕元で見るだけで癒やされる!

  9. 【決定版】目的別のスマートウォッチの選び方。1~6の選択肢を選ぶだけで、あなたのオススメモデルが分かります!

  10. セリアの「ジェルクリーナー」の掃除力がスゴすぎた件!

NEW CONTENTS

  1. 【使用レビューあり】最新スマートウォッチ「SKAGEN Falster Gen 6」が全国発売スタート!

  2. 【動画あり】スカーゲン「Falster Gen 6」スマートウォッチ使用レビュー。オシャレな上に超多機能!

  3. 鯖江の眼鏡づくりの技から生まれたなApple Watch専用バングルが先行販売スタート!

  4. Caseology、AirPods 第3世代用「ヴォールト」購入時、Amazonポイントを500ptゲットできるキャンペーンをスタート!

  5. 引き算の美学から生まれたオシャレなミニマルデザインケース 「MYNUS iPhone 13 CASE」を1月26日発売

  6. 「UNiCASE」発表の人気のApple WatchバンドランキングTOP5を紹介!

  7. アンカー直営店「Anker Store」を2月に広島・大阪・千葉・東京に4店舗オープン!

  8. ボールペンで書いて消しゴムで消せるウェアラブルメモwemo®から数量限定モデルが発売!

  9. G-SHOCK「GSW-H1000」が「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.23」を受賞

  10. 手のひらサイズで65W高出力! USB-C×2&USB-Aの合計3ポート搭載の急速充電器「CD244」が今なら2,924円!

TAG

タグをさらに表示