検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchでボウリングの消費カロリーを計測してみた……が精度に疑問符

Apple Watchでボウリングの消費カロリーを計測してみた……が精度に疑問符

NEWS

2022.05.22

Apple Watchを含めたスマートウォッチでは、「30種類のスポーツを計測可能」というように、計測可能なスポーツの数の多さが一つのアピールポイントになっています。

しかし、「このスポーツの消費カロリー、どうやって計測してるの?」と疑問符が付くものも実は多いです。

先日ボウリングに行ったときに、Apple Watchをいじくっていたら、何と記録できるスポーツの一覧にボウリングを発見。

ボウリングって、動いていない時間のほうが多いスポーツですが、正確に計測できるのでしょうか?

試しに計測をしてみました!

一覧には出てくるが、やはり精度は疑問

そして計測をスタートしてみたのですが、のっけから上記のような表示が。

「このタイプのワークアウトは、センサーによる読み取りができないときは、早歩きの場合と同等のキロカロリーを消費したものとみなれます」とのこと。

つまり、ボールを投げずに座っているときも、早歩きと同等のカロリーを消費したものとして計測されるわけです。

これは、相当カロリーが多く表示されそうな予感がします……。

そして1ゲーム投げてみました。

3分ほど経ったところで消費カロリーを見てみると…。

やはり順調に増えています。

座っているときも速歩きをしている計算になるので、そりゃ増えますよね。

ちなみにこの日は2人でプレイしていましたが、4人とかでプレイした場合は、待ち時間がさらに増えるので、消費カロリーはさらに増えやすくなるはずです。

そして1ゲームのプレイを終えた数値がこちらです。

20分でアクティブカロリーが75キロカロリー。合計キロカロリーが103キロカロリーでした。

なお、Apple Watchの「アクティブカロリー」とは、「立ち上がったり体を動かしたりしたときに消費されるカロリー」のこと。つまりは運動による消費カロリーのことです。

そして合計カロリーは、動かないでも消費される基礎代謝を含めたカロリーのことです。

ボウリングは投げる前後では息が上がりますが、それにしても多いなと感じます(休憩中でも早歩き換算されるので当然ですね)。

iPhoneのアプリで見た結果がこちらです。

心拍数も平均80と、ほとんど上がっていないのに、この消費カロリーの多さはやはり疑問符ですね。

なおApple Watchのふだんの運動量は「腕の動き」と「加速度センサー」を頼りに記録されますが、ワークアウト App を使った場合は、「加速度センサー」、「心拍センサー」、「GPS」をもとに算出されます。

おそらくボウリングは心拍数も上がらず、位置の移動も少ないスポーツのため、擬似的に早歩き換算で消費カロリーを計測する仕組みになっているのでしょう。

下記の関連記事で示しているように、Apple Watchは筋トレなどの計測にも向かないスポーツなので、みなさんも計測する際はお気をつけを!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

Apple Watchの運動量計測の精度を上げる方法7選。消費カロリーが増えない人は必見!

Apple Watchで筋トレ効果の測定がしづらい理由を徹底解説 

Apple Watchやスマートウォッチのダイエット活用法を解説! 注目すべきは「日常生活全体の消費エネルギー

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. Apple Watch Ultraにも対応した表面硬度9Hの強化ガラス採用保護ケースがオウルテックより発売

  2. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  3. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  4. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  5. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  6. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  7. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  8. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  9. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  10. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

TAG

タグをさらに表示