検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

NEWS

2020.09.23

装着するだけで、運動から日常の歩行まで消費カロリーも割り出してくれるApple Watch。消費カロリー等がリング状に表示される「アクティビティリング」の完成は、Apple Watch利用者の運動の大きなモチベーションになっているでしょう。でも、「けっこう動いているはずなのに消費カロリーが増えない」「運動した時間が正確に反映されない」と感じている人もいるかもしれません。今回の記事では、Apple Watchの運動量計測の精度を上げるコツを紹介します。

①個人情報に常に最新の情報に更新しておく

Photo by Neil Soni on Unsplash

Apple Watch は、身長、体重、性別、年齢などの個人情報を参考にして消費カロリーなどを測定しています。そのため、それらの情報がズレていたら、正確な消費カロリーは測定されないので、体重等は大きな変化があれば変更しておくことが大切です。なお個人情報を変更するには、iPhone で Apple Watch App を開く→「マイウォッチ」タブをタップ→「ヘルスケア」→「ヘルスケアプロフィール」の順にタップを。そこで変更したい項目をタップしましょう。

②速歩き程度orそれ以上の運動は「1分以上」続けること

Apple Watchは、仕事中の階段の上り下りから、子どもと遊ぶ時間、家の掃除まで、あらゆる動きによって消費されるカロリーを「アクティブカロリー」として計測。アクティビティリングの赤色の「ムーブ」の項目で表示してくれます。一方で、アクティビティリングの緑色の「エクササイズ」にカウントされるためには、早歩き程度、またはそれ以上の体の動きを最低1分続けることが必要。つまり、30秒だけ早歩きをして止まってしまったら、「エクササイズ」として計測されないというわけです。緑色の「エクササイズ」のリングを回したいなら、速歩きや運動を一度はじめたら長めに動くように意識しましょう。

③歩くときも腕をしっかり振る


Appleの公式サイトには、運動量計測の精度を上げる方法として、「ウォーキングの際は、エクササイズとして加算されるように、Apple Watch を装着した腕を自然に振ってください」「ペットを散歩させるときは、ひもを引く手とは逆側の腕に Apple Watch を装着し、自然に前後に振るようにします」などのアドバイスもありました。アクティビティのアプリでは「腕の動き」と「加速度センサー」をもとに運動量が記録されるため、「けっこう長く歩いたのに運動に計測されないなぁ」という人は、もしかしたら腕の振りが足りないのかもしれません。

④両手が塞がった状態で歩く時はワークアウトappの「ウォーキング」を選ぶ


上記の腕の振りに関連する話ですが、たとえばベビーカーを押しているなど、両手を振れない状態で歩いているときは、その歩行は運動量に加算されにくくなります。そんなときはワークアウト Appを使って、「ウォーキング」を選択しておくと、腕を振らずに歩いても運動量を加算できます。というのも、普段のApple Watchの運動量は「腕の動き」と「加速度センサー」を頼りに記録されますが、ワークアウト App を使った場合は、「加速度センサー」、「心拍センサー」、「GPS」がデータ算出のもとになるため。両手に荷物を持って歩いているときなども、ワークアウトの「ウォーキング」を選んでおくと運動量が増えやすいはずです。

⑤正しいフィット感・正しい装着方法を確かめる


きつすぎたり緩すぎたりすることなく、しかも皮膚が呼吸できる空間が保たれるようなフィット感で装着することで、Apple Watchの各センサーは正しく機能します。なお運動中については少し例外で、「Apple Watch のバンドをきつめに巻き、終わったら少し緩めるようにすると、運動量がより正確に反映されやすくなる」とのアドバイスが公式サイトにありました。また各センサーは。Apple Watch が手首の上側に来るように装着した場合にだけ正常に機能。ウォーキングやランニングのワークアウト中に「省電力モード」をオンにした場合も、心拍センサーは無効になってしまうのでご注意を。

⑥運動時は最も適したワークアウトを選択する


ワークアウト App を使うときは、実際に行う運動内容といちばん合うものを選択しましょう。たとえば、ルームランナー (トレッドミル) でランニングをする場合は、「室内ランニング」を選択。リストにないワークアウト (筋力トレーニングなど) を行う場合は、「その他」を選択します。Apple Watchではどのワークアウトでも、心拍センサーとモーションセンサーが連係して運動量を計測しますが、「その他」のワークアウトの選んで、センサーが値を読み取れないときは、早歩きと同程度の運動量を算出してくれます。

⑦Apple Watch を調整する


Apple Watchは屋外でウォーキングまたはランニングするたびに、さまざまな速度における歩幅を学習。加速度センサーが継続的に調整されます。そうした調整をしておけば、ワークアウト App でのカロリー推定値の精度、アクティビティ App でのカロリー、距離、ムーブ、エクササイズの推定値の精度も上がっていく……というわけです。なおApple Watchの調整には、GPS の受信感度がよく、上空の見通しがよい、平坦で開けた場所で20分程度のウォーキングまたはランニングを繰り返すことが必要。詳しくは下記の公式サイトの記事を参考にしてください!

ワークアウトとアクティビティの精度を高めるために Apple Watch を調整する – Apple サポート
https://support.apple.com/ja-jp/HT204516

計測精度が上がればダイエットも捗る

こうした7つの方法でApple Watchの運動量の計測精度が上がれば、消費カロリーを正確に記録することが可能に。ダイエットも計画的に行いやすくなります。Apple Watchでダイエットに励みたい人は、上記の方法をぜひ試してみてください!

Main Photo by Photo by Jozsef Hocza on Unsplash

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  9. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  10. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEW CONTENTS

  1. ファーウェイのオンラインストア「HUAWEI STORE」がオープン! 新作スマートウォッチの限定発売や記念キャンペーンも開催

  2. カシオのEDIFICEがF1チーム「Scuderia AlphaTauri」とのコラボレーションモデルを9⽉25⽇に発売!

  3. GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

  4. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

  5. Apple Watch Series 6とSEに対応の高級レザーバンド『EPONAS』に新色が登場!

  6. 摂取カロリーが自動計測できるスマートバンド『GoBe3』が10月1日より販売スタート! 一部で先行予約受付も

  7. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  8. SUUNTOがアウトドア新機能のアップデートを発表。オフラインでのルートナビ、バッテリーセーブGPSモードなどを新搭載!

  9. 暖かさをまとうブランド「ONVEIL」がモバイル電熱ヒーター内蔵のヒートマフラーやヒートブランケット」を発売

  10. Apple Watch購入検討者も注目! iPhoneを月額860円から借りられる、ソフマップの「レンタルスマホ・スーパープレミアム」

TAG

タグをさらに表示