検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. アップルウォッチ機種変更レポート(Series4からSeries5へ)

アップルウォッチ機種変更レポート(Series4からSeries5へ)

NEWS

2019.12.08

アップルウォッチの最新バージョンを購入した際には古いアップルウォッチからデータを入れ替える必要があります。
さすがアップル、ということで簡単に移行ができますが、それでも確かめながら移行しないと心配ですよね。
ここでは機種変更の流れをご案内します。
今回は「Apple Watch Series 4」から「「Apple Watch Series 5」への移行となります。

大まかな流れ

通販で購入したアップルウォッチでも簡単に機種変更ができます。
その順序ですが
1.Suica情報を古いアップルウォッチから取り出す
2.古いアップルウォッチをiPhoneとペアリング解除
3.新しいアップルウォッチとiPhoneを同期させて情報を復元する
4.Suicaの情報を復元する
ということになります。

「情報を取り出す」とか「情報を復元する」と記載していますが、これは同期されているiPhoneで自動的に行ってくれる作業です。

順を追って解説しますので下記をご覧ください。

Suica情報を古いアップルウォッチから取り出す

AppleWatchの自動的なバックアップにSuicaなどのクレジット情報が含まれないので、こちらは別途行う必要があります。
逆にこれだけやっておけば後はアップルの言う通りに進めていけば大丈夫でしょう。

アップルウォッチ 機種変更
iPhoneのウォッチアプリの下のほうにある「WalletとApple Pay」を選択します。

アップルウォッチ 機種変更
Suicaを使用していればそこにSuicaカードが表示されますので、それを選択してSuicaを開きます。

アップルウォッチ 機種変更
このカードを削除を選びます。「削除」というと全てなくなってしまいそうで不安ですが、「アップルウォッチから削除」という意味なので、情報はしっかり残っていますのでご安心を。

アップルウォッチ 機種変更
「WalletとApple Pay」の中にSuicaが消えています。iPhoneのSuicaアプリを見ると「Suicaがありません」と表示されます。
一旦アップルウォッチから削除すると24時間移行できなくなりますのでこのような表示になります。
機種変更した際もSuicaについてのみは翌日の操作になりますので留意してください。

古いアップルウォッチをiPhoneとペアリング解除

次はアップルウォッチ自体のペアリング解除です。

アップルウォッチ 機種変更
ウォッチアプリから自分のApple Watchを選択してその中のインフォメーションボタンをタップします。


Apple Watchとのペアリング解除を選択します。
どこにもバックアップをしていないので不安になりますが、こちらはiPhoneにしっかり記録されているので大丈夫です。

アップルウォッチ 機種変更
ペアリング解除にはApple IDとパスワードが必要ですので、お手元に情報を置いてから進めたほうがいいかもしれません。
ペアリング解除には数分かかります。

新しいアップルウォッチとiPhoneを同期させて情報を復元する

古いアップルウォッチとのペアリングが解除できたら早速新しいアップルウォッチとのペアリングです。

アップルウォッチ 機種変更
ペアリング解除が終わるとiPhoneが新しいApple Watchとのペアリングを求めてきます。
「ペアリングを開始」ボタンをタップして新しいアップルウォッチとのペアリングを始めます。

アップルウォッチ 機種変更
iPhoneをアップルウォッチに近づけるとiPhoneが反応します。

アップルウォッチ 機種変更
アップルウォッチを画面に収めるように指示が来ますので、指示通りにiPhoneのカメラをアップルウォッチに向けます。

アップルウォッチ 機種変更
すると、「ペアリングが完了しました」との画面が。

アップルウォッチ 機種変更
利用規約に同意します。

アップルウォッチ 機種変更
位置情報サービスの設定(ここではオンでもオフでも構いません)

アップルウォッチ 機種変更
共有設定の確認。

アップルウォッチ 機種変更
パスコードを4桁で設定

アップルウォッチ 機種変更
セルラー契約情報(e-SIM)がある場合はキャリアの画面に飛んで設定を行います。

アップルウォッチ 機種変更
古いアップルウォッチに入っていたアプリをインストールします。(自動的にインストールされます)

アップルウォッチ 機種変更
Apple Watchと同期中です、と表示されたら数分待ちます。
終わればすぐにアップルウォッチを使うことができるでしょう。
また、アプリは初回立ち上げの時にはデータを復元するのに少し時間がかかると思います。

Suicaの情報を復元する

最後にSuicaの情報を復元します。
上記で触れたように、Suica情報は古いアップルウォッチから削除すると24時間は復元できません。
翌日の作業になるはずですので急がずに行ってください。

アップルウォッチ 機種変更
iPhoneのウォッチアプリの下のほうにある「WalletとApple Pay」を選択して「カードを追加」をタップします。

アップルウォッチ 機種変更
アップルPayの画面で「続ける」をタップし、前に削除したSuicaのカードが出てくるはずですのでSuicaをタップ。

アップルウォッチ 機種変更
カードを追加の画面で「次へ」をタップするとそれだけで完了です。

いかがでしたでしょうか。
意外と簡単に移行できたのではないでしょうか。

こんなに簡単なら毎年買い替えても良さそうですね。
下記からも購入できますので、まだ機種変更してない方は是非トライしてみてください。

AppleWatch Series 5(GPSモデル)製品情報はこちら

     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示