検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 【悲報】Apple Watchのサイクリング計測、「電動アシストの有無」が判別できてないと発覚

【悲報】Apple Watchのサイクリング計測、「電動アシストの有無」が判別できてないと発覚

NEWS

2022.08.21

さまざまなワークアウト(運動)を記録可能なApple Watch。

なかでも多く利用するのはウォーキング、ランニング、サイクリングなどでしょう。

なおサイクリングについては、最近は電動アシスト自転車を利用している人も多いはず。

筆者もシェアサイクルで電動アシスト自転車に乗ることがよくあり、「この電動アシストされている状態って、Apple Watchは普通に自転車に乗っている状態と区別できているのかな?」と以前から疑問でした。

そこで、その検証を実際に自転車に乗って行ってみました。

You Tubeの動画レポートもありますので、そちらもぜひチェックを。

同じルートを走って検証した結果……

検証の方法は以下になります。

・使用した自転車は電動アシストのシェアサイクル
・走った場所は平坦な河川敷
・約3kmの同じルートを、「電動アシストあり」「電動アシストなし」の状態で走ってみる
・計測はワークアウトの「サイクリング」で実施
・心拍数の影響も考慮し、1回目の走行が終わった後は、心拍数が落ち着いてから2回目の走行を行う

その結果が以下の画像のようなもの。

左側が「電動アシストなし」で、右側が「電動アシストあり」です。

なんと、消費カロリーなどの数字はほぼ変わりませんでした。

そして、電動アシストなしの状態のほうが、「心拍数も上がっている」「走っている時間も長い」という結果にも関わらず、わずかながら消費カロリーが少ない結果となっています。

逆に言うと、「電動アシストされてラクに走っている状態のほうが消費カロリーが多い」ということなので、これは非常におかしな結果といえるでしょう。

この結果が導かれた理由はなぜなのでしょうか。

筆者の推測は、「電動アシストありの状態のほうが平均速度が速かったので、消費カロリーが多い」という判断をApple Watchが行った……というもの。

ただし、Apple Watchは「ワークアウト」の計測中は、心拍数のデータももとに消費カロリーを算出するはずなので、心拍数が低い「電動アシストあり」の走行のほうが消費カロリーが高く判断されてしまうのは、やはり納得がいきません。

このあたりの計測精度も、次のSeries 8やOSのアップデートで改善されることを期待します!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

あわせて読みたい

Apple Watchやスマートウォッチをダイエットに活用するなら「日常生活全体の消費エネルギー」に注目すべし!

健康やダイエットに!スマートウォッチを使うとエクササイズが10倍効率的になる理由

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  2. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  3. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  4. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  5. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  8. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

  9. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  10. TicWatch Pro 5 Enduro使用レビュー。超多機能でアウトドアでも大活躍のWear OSスマートウォッチ

NEW CONTENTS

  1. スマートウォッチ利用者は旅行・テレワーク・ボランティア活動に積極的!? 意外な調査結果があrキラ化に

  2. スマートウォッチ所有率は2割弱。若い世代の所有が伸長(NTTドコモ モバイル社会研究所の調査)

  3. アシカンが高品質アルミで超軽量のApple Watch Ultraケースを新発売

  4. 24時間 不整脈を管理「スマートウォッチ外来」!専門医とは?『健康カプセル!ゲンキの時間』で放送

  5. Appleがこの秋リリース予定のwatchOS 11の詳細を発表

  6. Apple Watch 専用『mochitto -もちっと- シリコンバンド』がベルモンドから新発売

  7. 良コスパの入門スマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」使用レビュー

  8. Apple 1強時代に陰り?アジア系ブランドが世界のウェアラブル市場で急成長

  9. 2つの対照的なデザインコンセプトのApple Watch専用バンドがオウルテックから発売

  10. ユニクロ 東京下町3店舗に「Maker’s Watch Knot」の限定Apple Watchバンドが登場

TAG

タグをさらに表示