検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. 「HUAWEI Band 4 Pro」のここがスゴい!機能を徹底紹介!

「HUAWEI Band 4 Pro」のここがスゴい!機能を徹底紹介!

REVIEW

2020.01.22

最近は1万円を切る価格でも、高性能・多機能な製品が増加しているスマートウォッチ。1月17日に発売開始となった「HUAWEI Band 4 Pro」はそんなコスパ最高なスマートウォッチの代表格。今回の記事では、その主な性能を解説します!

水泳を含む11種類のワークアウトに対応

ワークアウト
多くの人が「スマートウォッチでやってみたいこと」に挙げるランニング等のワークアウトの記録。HUAWEI Band 4 Proは、屋外でのランニング、ウォーキング、サイクリングのほか、プールでの水泳も含めて11種類のワークアウトに対応しています。

GPS搭載で、ワークアウトの記録にはスマホとの接続不要

ワークアウト 記録
HUAWEI Band 4 Proは、スマートフォンとの接続なしで、ランニングの時間/距離/速度/心拍数/消費カロリーなどのデータを記録。トレーニングをリアルタイムに記録しつつ、運動後にスマートフォンと同期して、トラッキングの確認・共有をできます。

心拍数や睡眠をスマートにモニタリング

心拍数 睡眠 モニタリング
専門的な光学デバイス、処理チップ、AIアルゴリズムの搭載により、心拍数をより正確にモニタリングし、24時間リアルタイムに計測。心拍数が最大平均心拍数を超えた場合、振動してお知らせしてくれます。
また睡眠中は、睡眠の状況を継続的に計測。心拍数のモニタリングにより、「深い睡眠」「浅い睡眠」「レム睡眠」「目覚めている時間」と4段階に分類し、睡眠に関する課題・情報の提供も行ってくれます。

スマホの着信やメッセージも通知

通知
手首を上げるだけでメッセージや電話の通知を確認できます。スケジュールや天気などの情報表示、スマホをなくした際に役立つ「スマートフォン探索」機能なども搭載。HUAWEIのスマートフォンと連携すれば、自撮りやグループ撮影に便利な「リモート撮影」も行えます。

バッテリーの稼働時間が向上!

バッテリー
前モデルと比較して、通常使用のバッテリ持続時間が向上し、約12日間駆動となりました。なおGPS使用時の駆動時間は約7時間。ワークアウトの記録時以外は、GPSの設定をオフにしておけば、長期間充電なしで使用できます。

カラーは3色。ウォッチフェイスも自由自在

ウォッチフェイス HUAWEI
現在日本国内で販売されているカラーはピンクゴールド、シナバーレッド、グラファイトブラックの3色。またAndroidでは、HUAWEI Watch Face Storeで、さまざまなスタイルのウォッチフェイスをダウンロード可能。ラインナップは今後も更新予定です。

この性能で1万円以下は間違いなくオトク!

これだけ性能が充実していて、1万円を切る価格は間違いなくオトク! 「一通り性能の揃ったスマートウォッチを安く購入してみたい」という人には、今オススメの1本です。

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示