検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. ダイソーで売ってるアップルウォッチバンドを買って本当にびっくりさせられた話。

ダイソーで売ってるアップルウォッチバンドを買って本当にびっくりさせられた話。

NEWS

2023.06.28

アップルウォッチのバンドは酷使されている

アップルウォッチを愛用している皆さんは、アップルウォッチを1日のうちどのくらいの時間身につけていますでしょうか。

外出時だけ着けるファッションウォッチと違ってアップルウォッチは心拍数を24時間計測し、睡眠時でもログを取ってくれるので筆者は1日のうち23時間くらいアップルウォッチを身に着けています。

しかも、スポーツ時も外しませんので、時計本体とバンドには汗によるダメージも加わります。

ものすごく過酷な条件でアップルウォッチのバンドを使用していることになりますね。

ですので購入して1年以上経つと、ボロボロになったり臭くなったり破損したりすることもあります。

アップルウォッチを着けていて、バンドを交換しない人ほほうが少数派なのではないでしょうか。

実際にアップルウォッチの替えバンドは他のスマートウォッチの替えバンドに比べて圧倒的に売れているようです。

アップルウォッチの購入場所は?

では、みんなどこで買うのでしょうか?

まず思いつくのは、純正バンドをアップルストアで買う、ということでしょうか。

アップルウォッチの本体を購入した場所(ストア)であれば安心です。

その他の選択肢としては、ビックカメラやヨドバシカメラのような量販店でしょうか。

こういった大手量販店では、純正の替えバンドも売っていますし、サードパーティー製の少し価格を抑えた替えバンドも売ってます。(純正バンドはやっぱりお高いですので。)

また、Amazonなどでもアップルウォッチの替えバンドはたくさん売っていまして、こちらは安いものだと1000円以下で買えるものもあります。

着け心地はともかく見た目にはほとんど変わらないものが、アップル純正よりもずっと安く売っています。

100円ショップでもアップルウォッチの替えバンドは売っていた

でも究極に安く買おうとしたら、、、それは100円ショップではないでしょうか。

実は先日、ダイソーで200円(100円ではないですが)のアップルウォッチバンドを見つけてしまい、思わず衝動買いしてしまいました。

売っていたのは「44mm(45mm・42mmにも対応)」のシリコンバンドで、カラーは「グレー/ホワイト」「レッド/ブラック」「ブラック/グレー」の3パターン。

筆者がいつも使用しているのがナイキモデルのホワイトでしたので、「グレー/ホワイト」を購入。

手に取ってみると、感じとしてはナイキモデルのバンドよりも少し柔らかい素材。

止め金具は少し横に長い俵形をしています。

個人的にはナイキモデルの丸型は、本来止める場所とは違う外側の穴に入ってしまうので、こっちの俵形の方が間違えずにしっくりきます。

柔らかい素材なのですが、2層構造になっていて強度的には全く問題なさそうです。

横に並べてみても、どちらが高級なのかはよくわからないのではないでしょうか。

着けた感じもまったく違和感がないです。

というか、むしろ新しさもあるのでダイソーのバンドの方が着けていて気持ちいい気すらします。

重さを測ったら、なんとダイソーの方はアップル純正の半分の重さじゃないですか。

着けてみてダイソーの方がしっくりきたのもこれで頷けます。

純正の替えバンドとこのダイソーバンドを並べて「どちらを買いますか」と言われたらダイソーの方を買ってしまうレベルです。

びっくり! 純正のバンドはダイソーバンドの30個分?

実はアップル純正バンドは6500円くらいの金額で販売されています。

Amazonで詳細を見る

それならダイソーバンド税込220円を30個買ってもいいですね。買わないですけど。

それにしても、220円というのは使っていてちょっと飽きたら捨ててしまっても惜しくない金額。

こんなに安くて、使い捨て感覚でアップルウォッチのバンドを交換していたら、SDGs的には良くないかもしれませんね。

アップルはむしろSDGs的な考えから「大切に使ってほしい」ので替えバンドの金額を高くしているのでしょうか。(そんなことはないでしょうけど)

とにかくダイソーのアップルウォッチバンドは1つ買ってみて損はないです。

気になる方は近くのダイソーへ急いで行ってみてください。

●アップルウォッチ SE(40mm)

価格:40,800円

Amazonで詳細を見る

●ライター 杉本陽介
スポーツ好きアラフィフ男子。常にスマートウォッチを両腕に着け、1日12,000歩を目標にしている。

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示