検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. あっ、やっちゃた…が一目瞭然  GoBe2と一緒なら痩せられる

あっ、やっちゃた…が一目瞭然  GoBe2と一緒なら痩せられる

REVIEW

2019.07.01

カロリー摂取量が自動で計測できる唯一の存在

日々増えゆくウエストサイズ、もう夏が直前なのにTシャツ一枚なんて無理! そこに救世主のように現れたのがアクティブトラッカー「Gobe2」。この「Gobe2」、何がすごいかと言えばカロリー摂取量を自動的に記録してくれるところなんです。これまでウエアブルデバイスを通じて、何度もダイエットを試みてきました。もちろん、効果はあったのですが、継続する上で一番ハードルが高かったのが、カロリー摂取量の記録でした。ステーキ300gは大体700カロリーで、同時にライスも2杯ぐらい食べたから500カロリーぐらいと、あと付け合わせもあったら…ギャーもう無理って感じです。正直なことを言うと、カロリー摂取量の記録はほぼ3日坊主で終わっていました。
そこで「Gobe2」です。内蔵した6つのセンサーによって皮膚を介し低周波信号を送り、細胞内のグルコース量を読み取ることで、自動的に摂取カロリー、消費カロリーを記録してくれます。なにかを食べたら15分から20分でグラフに反映されるんです。あー楽すぎる。カロリー管理がぐっと身近になりました。

GoBe2は実に6つのセンサーを内蔵。裏蓋から低周波信号を体内の細胞に送り、カロリー摂取量、消費量を自動的に記録。また加速度センサーなどによってアクティビティーも記録してくれます。

やめられない肥満食品の摂取が記録されてしまう

ダイエットの一番の敵はなんと言っても肥満の原因になる過剰な飲食。でもカロリー摂取量を記録していないダイエットだと、ワークアウトの時間ばかり重視してしまうんです。「GoBe2」でカロリー摂取量を確認してみると、なかなか痩せない理由の一つが、食生活にあることが一目瞭然です。まずは以下のデータをご覧ください。


昼前なのに、ぐ〜んと上がったカロリー摂取グラフ。原因はこのラーメン。当然太麺&大盛りです。こればかりは止められないと思っていましたが、記録を見るとやはり肥満の原因なのですね。自重せねば。


22:00なのにこのカロリー摂取…。夕食は外食し、まだ足りずにコンビニ足した結果がこれ。完全に夕食のカロリー摂取を超えてます。これはアカン。


暴飲暴力を反省し、翌日は納豆とササミでカロリー控えめ。粗食ながらグラフで結果が出るとこの上ない満足感が得られるから不思議。でも、よく見たら両品タンパク質。GoBe2なら摂取した栄養素も見られるので、栄養管理にも役立ちます。

びょ〜んと上に伸びたグラフとそのとき食べたものを見ると、これは太るわ…って納得してしまいます。人間が本当にヤバイっと思うときって、はっきり視覚で認知したときなんだってのが、よく分かりました。暴飲暴食が自動的に記録されてしまうことの効果はテキメンで、3食全部ラーメンなど、頭ではダメってわかっていてもやってしまうことを自重するようになりました。ダイエットには運動も効果的なので、週末はできるだけワークアウトするようにしていますが、「Gobe2」なら摂取カロリーと燃焼カロリーの差がスマホアプリで比較でき、栄養素摂取量まで表示してくれるので、カロリーバランスがひと目で分かるので、日々の食生活にも気を配るようになったんです。Tシャツ一枚で過ごす季節までに腹まわりをすっきりさせる目標が「GoBe2」で現実的になりました。

その日の摂取カロリーと消費カロリーの差を簡単に比較でき、自然とバランス良い食生活に目が向きます。摂取した栄養素も記録してくれるので、メニュー選びにも役立ちます。
アプリではダイエットのプランも選択可能。ちらほらTシャツ1枚で過ごせる日も増えてきたので、もちろん短期です!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  3. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

  9. Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. GarminとFitbitが対応する「Visaのタッチ決済」とは。 コンビニや飲食店でも使えるお店が多数!

  2. 元飛込日本代表選手・馬淵優佳が出演するスマートバンド『GoBe3』のイメージ動画が公開

  3. Fitbitウェアラブルデバイスでの糖尿病管理で血糖値やHbA1Cが大幅に改善することをHealth2Syncが台湾での臨床研究で証明

  4. FitbitとJMDCが法人向け『Fitbit Premium』の日本市場における独占販売契約を締結

  5. Garminからウェルネスライフへと導くGPSスマートウォッチのエントリーモデル『VENU SQ』『VENU SQ Music』を12月3日(木)に発売

  6. Garminがヘルスケア事業に本格参入! グローバルプロジェクト『Garmin Health』を日本でもスタート

  7. スイスウォッチの職人が手がける「JUUK」Apple Watchブレスレットが予約受付中!

  8. 【2020年版まとめ】おしゃれなレディーススマートウォッチの選び方とおすすめモデル7選

  9. Garminとアウトドアウェアブランド WOOLRICHのコラボが実現! マルチウォッチケースのプレゼントキャンペーン実施中

  10. ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が11月27日よりSuica対応に!

TAG

タグをさらに表示