検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. カロリー摂取量を自動計測するGoBe2なら痩せられる!

カロリー摂取量を自動計測するGoBe2なら痩せられる!

REVIEW

2019.07.01

カロリー摂取量が自動で計測できる唯一の存在

日々増えゆくウエストサイズ、もう夏が直前なのにTシャツ一枚なんて無理! そこに救世主のように現れたのがアクティブトラッカー「Gobe2」。この「Gobe2」、何がすごいかと言えばカロリー摂取量を自動的に記録してくれるところなんです。これまでウエアブルデバイスを通じて、何度もダイエットを試みてきました。もちろん、効果はあったのですが、継続する上で一番ハードルが高かったのが、カロリー摂取量の記録でした。ステーキ300gは大体700カロリーで、同時にライスも2杯ぐらい食べたから500カロリーぐらいと、あと付け合わせもあったら…ギャーもう無理って感じです。正直なことを言うと、カロリー摂取量の記録はほぼ3日坊主で終わっていました。
そこで「Gobe2」です。内蔵した6つのセンサーによって皮膚を介し低周波信号を送り、細胞内のグルコース量を読み取ることで、自動的に摂取カロリー、消費カロリーを記録してくれます。なにかを食べたら15分から20分でグラフに反映されるんです。あー楽すぎる。カロリー管理がぐっと身近になりました。

GoBe2は実に6つのセンサーを内蔵。裏蓋から低周波信号を体内の細胞に送り、カロリー摂取量、消費量を自動的に記録。また加速度センサーなどによってアクティビティーも記録してくれます。

やめられない肥満食品の摂取が記録されてしまう

ダイエットの一番の敵はなんと言っても肥満の原因になる過剰な飲食。でもカロリー摂取量を記録していないダイエットだと、ワークアウトの時間ばかり重視してしまうんです。「GoBe2」でカロリー摂取量を確認してみると、なかなか痩せない理由の一つが、食生活にあることが一目瞭然です。まずは以下のデータをご覧ください。


昼前なのに、ぐ〜んと上がったカロリー摂取グラフ。原因はこのラーメン。当然太麺&大盛りです。こればかりは止められないと思っていましたが、記録を見るとやはり肥満の原因なのですね。自重せねば。


22:00なのにこのカロリー摂取…。夕食は外食し、まだ足りずにコンビニ足した結果がこれ。完全に夕食のカロリー摂取を超えてます。これはアカン。


暴飲暴力を反省し、翌日は納豆とササミでカロリー控えめ。粗食ながらグラフで結果が出るとこの上ない満足感が得られるから不思議。でも、よく見たら両品タンパク質。GoBe2なら摂取した栄養素も見られるので、栄養管理にも役立ちます。

びょ〜んと上に伸びたグラフとそのとき食べたものを見ると、これは太るわ…って納得してしまいます。人間が本当にヤバイっと思うときって、はっきり視覚で認知したときなんだってのが、よく分かりました。暴飲暴食が自動的に記録されてしまうことの効果はテキメンで、3食全部ラーメンなど、頭ではダメってわかっていてもやってしまうことを自重するようになりました。ダイエットには運動も効果的なので、週末はできるだけワークアウトするようにしていますが、「Gobe2」なら摂取カロリーと燃焼カロリーの差がスマホアプリで比較でき、栄養素摂取量まで表示してくれるので、カロリーバランスがひと目で分かるので、日々の食生活にも気を配るようになったんです。Tシャツ一枚で過ごす季節までに腹まわりをすっきりさせる目標が「GoBe2」で現実的になりました。

その日の摂取カロリーと消費カロリーの差を簡単に比較でき、自然とバランス良い食生活に目が向きます。摂取した栄養素も記録してくれるので、メニュー選びにも役立ちます。
アプリではダイエットのプランも選択可能。ちらほらTシャツ1枚で過ごせる日も増えてきたので、もちろん短期です!
     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  7. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  8. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  2. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  3. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

  4. Garminから初心者向けフィットネスGPSウォッチ最新モデル『Venu Sq 2』『Venu Sq 2 Music』が新登場

  5. iPhone/AirPods/Apple Watchを3台同時充電! 3in1タイプのマグネット内蔵ワイヤレス充電器をエレコムが新発売

  6. Apple Watchは水泳練習の良きパートナーになれる。水泳で徹底使用レポート

  7. Amazfit、最新スマートバンド「Amazfit Band 7」を発表

  8. NOMADの薄型AppleWatchスポーツバンドから新色スノーホワイトが登場

  9. 買う前に読んで! Apple Watch Ultraを普段遣いした人への注意点6選

  10. あれ、Series 7とほぼ一緒!? Apple Watch Series8[速報]使用レビュー【動画あり】

TAG

タグをさらに表示