検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchで車のカギが不要になる。自動車メーカーに広がるCar Key機能対応の動き

Apple Watchで車のカギが不要になる。自動車メーカーに広がるCar Key機能対応の動き

NEWS

2023.05.29

メルセデス・ベンツ社がApple社のCar Key機能を新型Eクラスセダンに搭載することを決めたと発表しました(*1)。

Car Key機能をApple Walletに追加することで、ユーザーはApple WatchかiPhoneを使って車のドアを開閉し、エンジンを始動することができます(*2)。

つまり車のカギが不要になるのです。

クルマ選びの新たな要素になるか

Car Keyは非常に斬新な機能ではありますが、まだ世の中に広く普及しているとは言えません。

アップル社のヘルプページに書いてあるように、「この機能に対応した車両」が必要になるからです。

メルセデス・ベンツはこの機能に対応する6つめの自動車メーカーになります。先行しているメーカーと対応モデルは以下の通りです。

• BMW: 2021年以降モデルのほどんどの車種
• 比亜迪(BYD): 2022年モデル以降
• ジェネシス(現代自動車の高級車ブランド): 2023年GV60、G90
• 現代自動車: 2023年Palisade、IONIQ 6
• 起亜自動車: 2023年Telluride、Niro、Seltos

他にイギリスのスポーツカー・メーカー『ロータス』にもCar Key対応の動きがあるとの噂です。

見ての通り、Car Keyに対応したモデルは今のところ欧州とアジアの自動車メーカーのものに限られ、アメリカと日本のメジャーはまだ参入していません。

しかし、もし新車の購入を考えている消費者のなかでCar Keyに対応しているかどうかを検討材料のひとつに加える人が増えていくとしたら、どの自動車メーカーも無視してはいられないのではないでしょうか。

個人的にはとても興味があります。車社会に住んでいることもあって、現在では外出するときには財布、スマホ、そして車のカギが必携品なのですが、すでにApple WatchとApple Payの登場によって財布とスマホのほとんどの用途を腕時計で済ませることが可能になっています。この上さらに車のカギを持ち歩かなくてもよくなれば、ポケットの厚みが薄くなり、そして忘れ物や落とし物がぐっと減るのではないかと思うからです。

●執筆者プロフィール 角谷剛(かくたに・ごう)

アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州アーバイン市TVT高校でクロスカントリー走部監督を務める。年に数回、フルマラソンやウルトラマラソンを走る市民ランナーでもある。フルマラソンのベストタイムは3時間26分。公式Facebookは https://www.facebook.com/WriterKakutani

*1. メルセデス・ベンツ社公式ウェブサイトのニュースリリース

*2. アップル社公式ウェブサイトのヘルプページ:「iPhone や Apple Watch の Apple ウォレットに車のキーを追加する」

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  2. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  3. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  4. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  5. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  8. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  9. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  10. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

NEW CONTENTS

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  4. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  5. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  6. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  7. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  8. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  9. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

  10. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

TAG

タグをさらに表示