検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

GarminランニングGPSウォッチの最新入門モデル『Forerunner 165/165 Music』を2月29日(木)に発売

NEWS

2024.02.23

高精密な計測とランニングサイエンスにもとづく高機能。計測分析からトレーニング提案まで、楽しく最適なランニングをウォッチが指導。

アメリカ発データ活用のプロフェッショナル、ガーミンジャパン(以下 Garmin)は、プロアスリートからランニング愛好者まで、幅広いランナーの“トレーニングパートナー”として支持されるランニングGPSウォッチ「Forerunner」シリーズより、『Forerunner 165(フォアランナー 165)』『Forerunner 165 Music(フォアランナー 165ミュージック)』を2023年2月29日(木)に発売します。

なお本製品は、2月29日(木)〜3月2日(土)に開催される「東京マラソンEXPO 2024」のGarminブースにて初披露し、Garminスタッフによる解説やタッチ&トライ、また購入が可能です。


『Forerunner165(フォアランナー165)』  『Forerunner165 Music(フォアランナー165ミュージック)』

「Forerunner」シリーズは、Garminの強みである高精密なGPS測位と先進のトレーニング機能で、あらゆるランナーのパフォーマンスをサポートする、Garminを代表するランニングGPSウォッチです。シリーズ(当初は「ForeAthlete」)発売以来、進化を重ね、幅広いラインアップを展開しています。

距離やペースなどランニングに役立つ計測機能だけでなく、ランニングサイエンスに基づきパフォーマンスアップへ導く多彩なセンシング技術やトレーニングプログラム、トレーニング中の安全をサポートする機能なども備え、レベルや目的に合わせて一人ひとりに合った精度の高いトレーニング状況の分析と提案を提供します。

新モデル『Forerunner 165』は、ランニング初心者におすすめのエントリーモデル。1.2インチ、AMOLEDディスプレイを採用し、発色がよく鮮やかで、奥行き感もあるカラーディスプレイと、大きな数字や文字、一目でわかるグラフなどを活用したディスプレイは、直射日光下などランニング中でも見やすく、ランニングウォッチ初心者にわかりやすくデザインされています。操作は5つのボタンとタッチスクリーン操作のダブルインターフェイス。ランニング中は誤作動を防ぐためのボタン操作、日常ではタッチ操作とシーンに合わせた操作が可能です。

『Forerunner 165』は、ランニング未経験者でも無理なく始めることができ、結果や進歩が数値化されることで続けるモチベーションの維持につながるさまざまなランニング機能を搭載しています。

無料アプリ「Garmin Connect Mobile」とのペアリングにより、「Garminコーチ」という独自のコーチング機能が活用できます。バーチャルでランニングコーチとレースの目標を設定し、それに応じた無料のトレーニングプランを受けることが可能。ランニング後の効果分析も提示し、長期的にサポートします。

パフォーマンスの指標である「VO2 Max(最大酸素摂取量)」などランニング中のリアルタイム評価機能だけでなく、目標タイムやペース配分保つのに役立つ「PacePro」、トレーニング効果の確認、ランニング後に次のトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を教えてくれる「リカバリーアドバイザー」など、先進のランニングサイエンスに基づくさまざまな指標やアドバイスを提供する機能を搭載。さらに、ウォッチでランニングのパワーを計測する「ランニングパワー」、ピッチや歩幅、接地時間(GCT)などのランニングフォームに関する指標を計測する「ランニングダイナミクス」など、体力やフォームを見える化する機能も加わり、パフォーマンスアップをサポートします。

Garminの誇るナビゲーション機能は、4つの衛星を使ったGNSS測位システムを提供。様々な環境下でも精度の高い位置情報による確かなコースナビゲーションを提供します。

もちろん、スマートウォッチとしての機能も充実。心拍数、呼吸数、歩数、消費カロリーなどベーシック機能に加え、体のエネルギー状態を数値化する独自の指標「Body Battery」、ストレスレベル、睡眠の質を測る睡眠スコアなど多彩なヘルスモニタリング機能を搭載しています。

Suica※にも対応する電子決済機能や各種通知機能も標準装備しています。

※Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

『Forerunner 165 Music』は、複数のストリーミングサービスに対応する音楽機能も装備。ウォッチに最大450曲を保存できるので、ウォッチ一つで音楽を楽しみながらのランニングが可能です。

ラインアップは『Forerunner 165』がベーシックなブラックグレー、ホワイトグレーの2色、音楽機能を備えた『Forerunner 165 Music』が、ブラックグレー、ホワイトグレーに加え、カラフルなターコイズ、ベリーの4色を展開します。

世界中のトップランナーから厚い信頼を得ているランニングウォッチシリーズの最新モデル『Forerunner 165』は、無理なく、楽しく、達成感あるランニングを始める、そして続けるための頼れるパートナーになるはずです。

製品概要

Forerunner 165 (フォアランナー 165)

カラー:   Black Gray(ブラックグレー)/ White Gray(ホワイトグレー)

価 格:   39,800円(税込)

Forerunner 165 Music(フォアランナー 165 ミュージック)

カラー:   Black Gray(ブラックグレー)/ White Gray(ホワイトグレー)/ Turquoise(ターコイズ)/ Berry(ベリー)

価 格:   44,800円(税込)

発売日 :   2024年2月29日(木)    予約開始:2月22日(木)

Forerunner 165 Black Gray, White Gray

Forerunner 165 Music Black Gray, White Gray, Turquoise, Berry

 

主な機能

デザイン、素材

■AMOLEDディスプレイ搭載。運動中でも見やすいデザイン
ディスプレイにAMOLEDを採用することで、見やすく、奥行き感と鮮やかな色合いを実現。1.2インチのディスプレイに、コントラストを活用したカラーと読みやすく大きな数字・文字表記で、ランニング中でも確認しやすいデザインです。

■切り替え可能なタッチスクリーン操作
5つのボタン操作に加え、タッチスクリーン操作が可能に。ランニング時は誤作動を防ぐボタン操作、スマートウォッチとしての日常使用はタッチスクリーンでと、シーンに合わせて使い分けられます。

初心者に最適なトレーニングが実現できる先進のランニング機能

■Garminコーチ

目標に応じて、専門的なアドバイスと無料のトレーニングプランを提案する機能です。無料アプリ「Garmin Connect Mobile」に距離やタイム、具体的なレースなど目標を入力すると、ランニングプログラムやワークアウトを提案。ランニング後の効果分析もウォッチに表示し、手元を参照しながら最適なトレーニングが行えます。

※アプリ「Garmin Connect Mobile」とのペアリングが必要です

■手首ベースでの「ランニングパワー」と「ランニングダイナミクス」

どれだけのパワーを発揮しているかを計測できる「ランニングパワー」を搭載。視覚的にわかりやすい曲線グラフでリアルタイム表示し、さらにランニング後には、平均と最大を含むランニングパワーの概要、ランニングパワーとランパワーゾーンを提供します。

ピッチや歩幅、接地時間(GCT)などのランニングフォームに関する指標を計測できる「ランニングダイナミクス」機能も搭載。

※ランニングダイナミクスは、ウォッチからの計測のみとなります。

■PacePro

目標タイムや好みのペース配分、コースデータに基づくガイドで、ペースを保つのに役立ちます。

■おすすめワークアウト

現在のトレーニング負荷に基づいて、フィットネスレベルを考慮したランとバイクのワークアウトメニューを提案。入力した目標から自動作成することも可能です。7日分のワークアウト提案も可能です。また、トレーニングレディネスとワークアウトの連動も行えます。

■VO2 Max(最大酸素摂取量)

パフォーマンスの指標である最大酸素摂取量を計測。

■トレーニング効果

有酸素および無酸素トレーニングの効果に関するフィードバックから、ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているか確認することができます。

■リカバリーアドバイザー

ランニング後、次のトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を教えてくれます。

■LiveTrack

ランニング中の現在地や心拍数などの情報を、あらかじめ設定した友人や家族にリアルタイムで知らせることができます。

■事故検出&救助要請機能

ウォッチが事故の発生を検知した場合、あらかじめ設定した連絡先にリアルタイムの位置情報を緊急送信します。

※スマートフォンとのペアリングが必要。

■レースウィジェット

レース情報、目標情報を入力することで、天気やパフォーマンスに基づくトレーニングの進捗情報やヒント、レース当日の予測タイムなどを表示し、レースに向け最高のコンディションを整えます。アプリ「Garmin Connect Mobile」を活用し、レース当日と前日のコンディションをサポートする「My Day」機能を搭載。またレース結果に基づいたレース後ケアやトレーニングなども計画できます。

※スマートフォンとのペアリングが必要。

左から、ランニングデータ、ランニングパワー、ランニングダイナミクス、PacePro、おすすめワークアウト左から、ランニングデータ、ランニングパワー、ランニングダイナミクス、PacePro、おすすめワークアウト

 

Garminならではの高精密なGPS機能とロングバッテリー

 

■GNSSによる精度の高い位置計測

GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)の4つの衛星を使った測位システムで、精密な位置情報を提供します。(場所によっては稼働時間に影響を与えます)

■Garminならではの長時間バッテリー

GPSモードで約19時間、スマートウォッチモードで約12日間を実現。トレーニングから睡眠まで長期的に身体の状態を把握できます。

ウェルネスライフ&スマートライフをサポートする多彩な機能

■充実したヘルスモニタリング機能

心拍数、呼吸数、歩数、消費カロリーなどベーシック機能に加え、体のエネルギー状態を数値化する独自の指標Body Battery、ストレスレベル、睡眠の質を測る睡眠スコアなど多彩なヘルスモニタリングを搭載。睡眠計測は、昼寝検知機能も搭載しています。より効果的にフィットネスのパフォーマンス向上やウェルネスライフのサポートに役立てられる「血中酸素トラッキング」※にも対応しています。

※血中酸素トラッキングによる測定は、医療目的で使用されることを意図するものではなく、あくまで一般的なフィットネスとウェルネスの範囲で利用することを目的とするものです。

■HRVステータス(心拍変動ステータス)

睡眠中の心拍数の変動をモニタリング。健康状態について、より深い洞察が可能になります。悪い・低い・アンバランス・バランスの4段階でステータスを評価

■豊富なスポーツアクティビティ&フィットネス機能

ランアクティビティは、ランニング、トラックラン、トレイルラン、ウルトラランなど多彩な競技種目に対応。その他、サイクリング、筋トレ、ヨガ、水泳(室内・オープンウォーター)、ゴルフ、テニス、HIIT(高強度インターバルトレーニング)など25種類以上の内蔵スポーツアプリで、トレーニングをサポートしています。

■週間運動量

どれくらいの時間、どのような活動をしていたかがわかる機能。スポーツアプリのアクティビティ中にデータフィールドとして表示することもできます。

■フィットネス年齢

実年齢や運動量、安静時の心拍数、身長・体重などから「身体の年齢」を推定する機能です。

■女性のための健康トラッキング

Garminの無料アプリ「Garmin Connect Mobile」をスマートフォンにダウンロードしてペアリングすることで、生理周期や妊娠をトラッキング。毎日の症状を記録して、エクササイズや栄養に関するアドバイスを確認できます。

■ヘルススナップショット

2分間のセッションを記録して、心拍数や心拍変動、呼吸数、ストレス、血中酸素レベルなどの主な統計データを記録することができます。

■モーニングレポート

朝起床時に、天気やHRVステータス、Body Batteryや前夜の睡眠スコアなどをお知らせ。

■音楽機能(『Forerunner 165 Music』のみ対応)

Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの一部のプレミアム音楽配信サービスからプレイリストを同期することができます。最大450曲をウォッチに保存可能です。

※サードパーティ音楽プロバイダとのプレミアムサブスクリプションが必要となる場合があります。

■Suicaに対応のキャッシュレス決済機能

Suica※による決済機能が追加。電車移動やランニング途中の買い物も現金を持たず簡単決済できます。

※Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

左から、HRVステータス、Body Battery、血中酸素トラッキング、睡眠スコア、モーニングレポート左から、HRVステータス、Body Battery、血中酸素トラッキング、睡眠スコア、モーニングレポート

製品仕様

  • 重 量:                  39 g
  • サイズ(W×H×D):43×43×11.6 mm
  • ディスプレイ:         直径1.2インチ AMOLED
  • 解像度:                  390×390 ピクセル/カラー
  • ベゼル素材:            繊維強化ポリマー
  • レンズ素材:            化学強化ガラス
  • バンドサイズ:         20mm(シリコン)
  • 稼働時間:               スマートウォッチモード 約11日間/GPSモード 約19時間
  • 防水機能:               5ATM(50m防水)
  • 接続機能:               Bluetooth®、ANT+、Wi-Fi(Musicのみ)、USB
  • 衛星測位:               GPS/GLONASS/Galileo/みちびき(補完信号)
  • センサー:               光学式心拍センサー、電子コンパス、気圧高度計、加速度計など
  • ランニングデータインターフェイス:PacePro、リカバリータイムなど
  • ランニングサポート機能:トレーニング効果、モーニングレポート、レースウィジェット、おすすめワークアウト、ガーミンコーチ、VO2 Max、トレーニングプラン、予測タイム、ランニングパワー、ランニングダイナミクス(手首ベース)など
  • ライフログ機能:心拍数、呼吸数、Body Battery、HRVステータス、睡眠スコア、昼寝検出、フィットネス年齢、血中酸素トラッキング、女性の健康追跡、週間運動量、ストレススコア、ヘルススナップショット、消費カロリー、ステップなど
  • スポーツ&フィットネス:ランニング、サイクリング、スイミング、筋トレ、ヨガ、ピラティスなど25種類以上
  • スマート機能※:各種通知機能(メール、SNS、ニュース等)、Garmin PayおよびSuicaなど音楽再生(Spotify®、Amazon Music、LINE MUSICに対応/最大450曲まで保存可能) ※スマートフォンとのペアリングが必要※音楽再生は『Forerunner 165 Music』のみ対応
  • その他の機能:タッチスクリーン(オンオフ切り替え可能)、事故検出・救助要請機能など
  • 標準付属品:USB-Cチャージングケーブル、製品保証書

製品詳細は、以下のURLからご覧ください。

https://www.garmin.co.jp/minisite/forerunner/series/

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  7. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  10. 左手にApple Watch、右手にFitbitを着けっぱなしで過ごした4日間のデータ比較。スタンフォード大の研究は正しいか

NEW CONTENTS

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  4. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

  5. Appleデバイスのレザーアクセサリー専用の保湿クリームが新発売

  6. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  7. Suuntoのスポーツ向けスマートウォッチ「SUUNTO RACE」の新色3モデルが発売

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Xiaomi関連のスマートウォッチの専門ブランド “Mibro (ミブロ)”がついに日本正式発売!

  10. 『呪術廻戦スマートウォッチ』が3月29日(金)より販売スタート!

TAG

タグをさらに表示