検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Wear OS搭載スマートウォッチの魅力を徹底解説!

Wear OS搭載スマートウォッチの魅力を徹底解説!

REVIEW

2021.02.20

スマートウォッチの2大派閥といえば、Apple Watchと、Google率いるWearOS搭載モデル陣営だ。完成面でApple Watchの後塵を拝していた感の強いWearOS陣営だが、使い勝手がぐんと向上していると評判。ここではWear OSがはじめての人にもできるだけわかりやすく、その魅力を徹底解説する。

そもそもAndroidユーザーはApple Watchを使えない


残念ながらApple WatchのiPhoneユーザーだけのものだ。なぜならApple WatchはiOSのみでリリースされている「Watch」アプリを使いペアリングしないと、使い物にならないからだ。だから、アンドロイドユーザーはAppleWatchを買ってはいけない。その昔、ソフトがなければPCはただの箱と言われたものだが、iPhoneがなければ、Apple Watchはただのアクセサリーなのだ。

もちろん、独自OSを搭載したフィットネスに特化したスマートウォッチはスマホのOSを選ばず使用できるが、アンドロイドユーザーがサードパーティアプリで楽しんだり、メール通知を受け取って腕元で返信したり、音声アシスタントを使用したりと、AppleWatchのような機能性を求めるなら、Wear OSのスマートウォッチがオススメだ。

WearOSはPlayストアからアプリをダウンロード可能だ。

WearOS端末とスマホのペアリングは、Apple WatchとiPhoneと同じようにスムーズで、迷うようなことはないだろう。使用するGoogleアカウントを入力すれば、Googleアプリと即座に連携する。ある意味スマートウォッチの最大の機能ともいえる「通知」も、Apple Watchと同じ快適さで機能するし、Gmailなどはウォッチ上のキーボードや手書き入力で返信できるなど、Googleアプリに関しては流石に使い勝手がいい。

小さいが意外にも打ちやすいキーボード。

通知などの基礎機能はWearOSも全然問題なし

通知やレスポンスに関しても悲観する心配はない。むしろ、Apple一社供給のiOSと違い、複数のメーカーからウォッチ本体を選べるので、好みのモデルを見つけられる可能性もそれだけ高い。ラウンド型のスマートウォッチが欲しい人は、Wear OSのモデルが候補に多く挙がるだろう。

さまざまなアプリも追加が可能


Wear OSスマートウォッチは、追加でアプリをインストールできるのも大きな魅力。WearOS端末には「Playストア」がプリインストールされているので、腕元でアプリを検索しスマホレスでダウンロード&インストールできる。インストールしたアプリのアップデートは自動で行われ(設定した場合)、アップデートされると逐次通知もしてくれる。

「Play アプリ」がプリインストールされている。
検索は音声、ソフトウェアキーボードで行えるほか、「ウォッチフェイス」「ツール」「仕事効率化」など、Play ストアが用意したカテゴリーごとに選ぶことも可能だ。
インストールボタンを押すと、ウォッチ内でダウンロードが始まる。
アップデートの自動更新も設定できる。

お気に召すままの豊富な文字盤

AppleWatchユーザーなら真っ先に挙げるであろう不満点が文字盤の少なさだ。自由に製作することを禁じられた文字盤は完全にAppleに管理されており、Appleが用意したものに満足できなければ、毎日腕時計を見るのが憂鬱になる。その点、WearOSは自由だ。

アプリをダウンロードできる「Plyaストア」には、膨大な数の文字盤が存在し、無料ダウンロードできるものも多数ラインナップする。ウォッチフェイスは通常アプリのように、ウォッチ本体インストールし、使用することが可能だ。他人と文字盤が被りたくないという人はWearOSの自由度は魅力になるだろう。

Playストアには、様々なウォッチフェイスが百花繚乱。
新規ウォッチフェイスのインストールははまず[画面長押し]→[ウォッチフェイスの選択画面]→[一番右までスワイプ]→[他のウォッチフェイスを見る]をタップすることから。
他のウォッチフェイスがの一番下に[他のウォッチフェイスをインストール]があるのでタップ。
すると、「Playストア」のウォッチフェイスリストに飛んでくれる。
気に入ったウォッチフェイスを選んでインストール。
「ウォッチフェイスを設定」をタップすれば、インストールした文字盤が適用される。
「Playストア」にも「人気のウォッチファイス」リストが存在する。
※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  5. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  6. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  7. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  10. 左手にApple Watch、右手にFitbitを着けっぱなしで過ごした4日間のデータ比較。スタンフォード大の研究は正しいか

NEW CONTENTS

  1. NOMADのApple Watchスポーツバンドの限定カラー、1年ぶりの販売再開

  2. Withingsのハイブリッド型スマートウォッチ「ScanWatch Light」が販売スタート

  3. Xiaomi Smart Band 8 ProとRedmi Watch 4を比較レビュー【どちらもハイコスパなスマートウォッチ】

  4. オシャレなタフネススマートウォッチ「Amazfit Active Edge」販売スタート

  5. Appleデバイスのレザーアクセサリー専用の保湿クリームが新発売

  6. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  7. Suuntoのスポーツ向けスマートウォッチ「SUUNTO RACE」の新色3モデルが発売

  8. Xiaomi Smart Band 8 Pro使用レビュー。大画面の万能モデル!

  9. Xiaomi関連のスマートウォッチの専門ブランド “Mibro (ミブロ)”がついに日本正式発売!

  10. 『呪術廻戦スマートウォッチ』が3月29日(金)より販売スタート!

TAG

タグをさらに表示