検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. REVIEW
  3. Wear OS搭載スマートウォッチの魅力を徹底解説!

Wear OS搭載スマートウォッチの魅力を徹底解説!

REVIEW

2021.02.20

スマートウォッチの2大派閥といえば、Apple Watchと、Google率いるWearOS搭載モデル陣営だ。完成面でApple Watchの後塵を拝していた感の強いWearOS陣営だが、使い勝手がぐんと向上していると評判。ここではWear OSがはじめての人にもできるだけわかりやすく、その魅力を徹底解説する。

そもそもAndroidユーザーはApple Watchを使えない


残念ながらApple WatchのiPhoneユーザーだけのものだ。なぜならApple WatchはiOSのみでリリースされている「Watch」アプリを使いペアリングしないと、使い物にならないからだ。だから、アンドロイドユーザーはAppleWatchを買ってはいけない。その昔、ソフトがなければPCはただの箱と言われたものだが、iPhoneがなければ、Apple Watchはただのアクセサリーなのだ。

もちろん、独自OSを搭載したフィットネスに特化したスマートウォッチはスマホのOSを選ばず使用できるが、アンドロイドユーザーがサードパーティアプリで楽しんだり、メール通知を受け取って腕元で返信したり、音声アシスタントを使用したりと、AppleWatchのような機能性を求めるなら、Wear OSのスマートウォッチがオススメだ。

WearOSはPlayストアからアプリをダウンロード可能だ。

WearOS端末とスマホのペアリングは、Apple WatchとiPhoneと同じようにスムーズで、迷うようなことはないだろう。使用するGoogleアカウントを入力すれば、Googleアプリと即座に連携する。ある意味スマートウォッチの最大の機能ともいえる「通知」も、Apple Watchと同じ快適さで機能するし、Gmailなどはウォッチ上のキーボードや手書き入力で返信できるなど、Googleアプリに関しては流石に使い勝手がいい。

小さいが意外にも打ちやすいキーボード。

通知などの基礎機能はWearOSも全然問題なし

通知やレスポンスに関しても悲観する心配はない。むしろ、Apple一社供給のiOSと違い、複数のメーカーからウォッチ本体を選べるので、好みのモデルを見つけられる可能性もそれだけ高い。ラウンド型のスマートウォッチが欲しい人は、Wear OSのモデルが候補に多く挙がるだろう。

さまざまなアプリも追加が可能


Wear OSスマートウォッチは、追加でアプリをインストールできるのも大きな魅力。WearOS端末には「Playストア」がプリインストールされているので、腕元でアプリを検索しスマホレスでダウンロード&インストールできる。インストールしたアプリのアップデートは自動で行われ(設定した場合)、アップデートされると逐次通知もしてくれる。

「Play アプリ」がプリインストールされている。
検索は音声、ソフトウェアキーボードで行えるほか、「ウォッチフェイス」「ツール」「仕事効率化」など、Play ストアが用意したカテゴリーごとに選ぶことも可能だ。
インストールボタンを押すと、ウォッチ内でダウンロードが始まる。
アップデートの自動更新も設定できる。

お気に召すままの豊富な文字盤

AppleWatchユーザーなら真っ先に挙げるであろう不満点が文字盤の少なさだ。自由に製作することを禁じられた文字盤は完全にAppleに管理されており、Appleが用意したものに満足できなければ、毎日腕時計を見るのが憂鬱になる。その点、WearOSは自由だ。

アプリをダウンロードできる「Plyaストア」には、膨大な数の文字盤が存在し、無料ダウンロードできるものも多数ラインナップする。ウォッチフェイスは通常アプリのように、ウォッチ本体インストールし、使用することが可能だ。他人と文字盤が被りたくないという人はWearOSの自由度は魅力になるだろう。

Playストアには、様々なウォッチフェイスが百花繚乱。
新規ウォッチフェイスのインストールははまず[画面長押し]→[ウォッチフェイスの選択画面]→[一番右までスワイプ]→[他のウォッチフェイスを見る]をタップすることから。
他のウォッチフェイスがの一番下に[他のウォッチフェイスをインストール]があるのでタップ。
すると、「Playストア」のウォッチフェイスリストに飛んでくれる。
気に入ったウォッチフェイスを選んでインストール。
「ウォッチフェイスを設定」をタップすれば、インストールした文字盤が適用される。
「Playストア」にも「人気のウォッチファイス」リストが存在する。
     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示