検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 文字盤のカスタマイズや睡眠機能etc.「WatchOS7」で「Apple Watch」にできるようになったこと総まとめ

文字盤のカスタマイズや睡眠機能etc.「WatchOS7」で「Apple Watch」にできるようになったこと総まとめ

NEWS

2020.08.20

Apple Watch WatchOS7

『Apple』は6月22日(米国)、開発向けイベントWWDC20にて、Apple Watch用の新OS「WahchOS7」を発表しました。ついに実装された「睡眠」分析機能やウォッチフェイスのカスタマイズ機能、さらには自動手洗い検出機能、ワークアウトの強化など幅広いアップデートが行われ、今秋にリリース予定です。さっそく進化ポイントを詳しくチェックしていきましょう。

「睡眠」トラッキング

watchos7
 サードパーティからは多数リリースされていましたが、ようやく『Apple』が公式に「睡眠」機能を実装します。睡眠時間をトラッキングできるのはもちろんのこと、健康的な睡眠ルーティーンのため、目標とする就寝時刻や睡眠時間を設定できます。何気に便利なのが、目標の就寝時刻まで1時間を切った時点でバッテリー残量が少なかった場合に充電を促すアラートをしてくれる機能。目覚めたらバッテリーが残り5%なんてことが減りそうです。また、快適な目覚めを実現するため、起床用の触覚フィードバックや穏やかなアラーム音が用意されます。
watchos7
スリープモードでは画面が暗くなり、サイレントモードがオンになります。
WatchOS7
起床時は、日付のほか、バッテリー残量や天気を表示します。

ウォッチフェイスをサードパーティに開放

watchos7
 ついに「Apple Watch」のウォッチフェイスが自由化されます。「WatchOS7」からサードパーティのカスタマイズが可能になり、WebサイトやSNSから共有できるようになります。『Apple』からも新しいウォッチフェイスが発表され、目盛り上で速度を測れるタキメーター文字盤やカラーフィルターを施せるフォト文字盤が用意されています。
 また、これまで1つのウォッチフェイスには、アプリにつき1つまでしかコンプリケーションを設置できませんでしたが、「WatchOS7」では複数のコンプリケーションを配置できます。
 さらに今回のアップデートで、「カメラのリモート操作」「スリープ」「ショートカット」がコンプリケーションとして新たに文字盤に配置可能になります。

「タキメーター」文字盤では、タキメーターによって速度を計算できます。
watchos7
「WatchOS7」では、1つのアプリから複数のコンプリケーションをウォッチフェイスに配置可能です。例えば、サーファー御用達アプリ「Dawn Patrol」ならば、「水温」「波」「風速」と複数のコンプリケーションを同時に文字盤に配置可能です。

ワークアウトに新エクササイズ登場


「WearOS」に比べて少なかったワークアウトの種類も追加されます。追加されるのは、「ダンス」「コアトレーニング」「筋力トレーニング」「クールダウン」。「ダンス」は心拍センサーや加速度センサーなど、複数のセンサーからの情報を統合することで正確に消費カロリーを算出することができ、ヒップホップ、ラテン、カーディオダンス、ボリウッドでその有効性が検証されています。
「Apple Watch」で収集したデータは、iPhoneに自動で転送され、「アクティビティ」アプリで閲覧が可能ですが、この「アクティビティ」アプリの表示も大幅に改善され、より見やすくなる予定です。

公式手洗いアプリ

watchOS7
 感染症対策の重要性が再認識されている中、「Apple Watch」も公式手洗いアプリをリリースしました。このアプリは、本体のセンサーでユーザーが手洗いしはじめたことを自動感知、20秒のカウントダウンタイマーが起動し、手洗いが短すぎると注意されるというもの。また、自宅に帰ると、手洗いを促される機能も実装しています。ユーザーの手洗いの頻度はiPhoneに送られ、「ヘルスケア」アプリで見ることができます。

聴覚の健康をモニタリング

watchOS7
「AirPods」をはじめとするワイヤレスヘッドフォンの普及によって、ずっとヘッドフォンをしたままの人が増えてきました。「WatchOS7」では、聴覚の健康を守るため、ユーザーがヘッドフォンで聴いている時間とボリュームをモニタリングし、週の基準を超えるとアラートします。iPhoneの「ヘルスケア」アプリで、高い音量で聴いている時間を確認でき、それを基にヘッドフォンの最大音量レベルを調整することができます。

「マップ」がサイクリングに対応

watches 
 国内での対応は未定ですが、「マップ」がサイクリングに対応し、自転車に最適化されたルートを「Apple Watch」上でナビできるようになります。

「Siri」が翻訳をできるように

WacthOS7
「WatchOS7」で「Siri」での翻訳が可能になりました。「WearOS」ではGoogle翻訳が使えたので、「Apple Watch」ユーザーにはうれしいアップデートです。しかも、翻訳はネットワーク越しではなく、デバイス上で処理されます。

「WatchOS7」は「Apple Watch3」以降に対応

 大幅に進化した「WatchOS7」ですが、残念ながら「Apple Watch 3」以降のサポートとなり、「Apple Watch 1」および「AppleWatch 2」はアップデートできません。「Apple Watch 3」以降のデバイスは今秋の正式リリース後、無料でアップデートできます。

Apple公式サイト

https://www.apple.com/watchos/watchos-preview/

Apple公式NEWSROOM

https://www.apple.com/newsroom/2020/06/watchos-7-adds-significant-personalization-health-and-fitness-features-to-apple-watch/

まとめ

今回は、Apple Watch用の新OS「WahchOS7」により、新しく追加された機能やカスタマイズ機能をご紹介しましたが、一般的な機能について知りたい方は以下記事が参考になります。

スマートウォッチって何ができるの?高機能なオススメモデル5選と一緒にご紹介!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  6. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  9. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  10. 1980円~と超激安!ドンキが7種の新作スマートウォッチ発売

NEW CONTENTS

  1. Apple Watch Series 6とSEに対応の高級レザーバンド『EPONAS』に新色が登場!

  2. 摂取カロリーが自動計測できるスマートバンド『GoBe3』が10月1日より販売スタート! 一部で先行予約受付も

  3. Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見!

  4. SUUNTOがアウトドア新機能のアップデートを発表。オフラインでのルートナビ、バッテリーセーブGPSモードなどを新搭載!

  5. 暖かさをまとうブランド「ONVEIL」がモバイル電熱ヒーター内蔵のヒートマフラーやヒートブランケット」を発売

  6. Apple Watch購入検討者も注目! iPhoneを月額860円から借りられる、ソフマップの「レンタルスマホ・スーパープレミアム」

  7. 最新Apple Watchにも対応! カラバリ豊富なGRAMASのApple Watchバンドでコーディネートを楽しもう

  8. Apple Watch Series 6の選び方を約1万字で解説! カラー、サイズ、シリーズ、セルラー or GPS……すべて教えます

  9. 世界初の布製ヒーター「HOTOPIA」内蔵のブルゾンも!バッテリーの力で「冷え」を解決する『Doヒート』の新シリーズ

  10. 処理速度20%アップの触れ込みはホントだった! Apple Watch Series 6のサクサクな操作感が分かる動画を紹介

TAG

タグをさらに表示