検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 「体温測定スマートウォッチ」の怪しいTwitter広告を調査してみた!

「体温測定スマートウォッチ」の怪しいTwitter広告を調査してみた!

NEWS

2020.08.07

スマートウォッチのニュースやレビューをお届けしている当サイト。Twitterでもスマートウォッチに関することを書いたり・検索したりしているせいか、タイムラインに表示されるプロモーション(広告)のツイートでも、スマートウォッチ関連のものがよく表示されます。特に表示回数が多いのが、上記画像の「体温測定スマートウォッチ」というキャッチフレーズの製品(ツイートの画像をモザイク加工したものです)。この製品が怪しさ満点だったので、ちょっと調べてみました。

格安の体温測定スマートウォッチは眉唾もの

Photo by niklas_hamann on Unsplash

 

なぜ怪しいと感じたのかというと、当サイトの過去の記事でも詳しく書きましたが、Apple Watchをはじめとした大手メーカーのスマートウォッチには、体温測定機能を搭載しているモデルが一つもないからです。そもそもスマートウォッチを着用する手首という部位は、体温を測定するのに向いていない場所(体温計の測定部位は脇、耳、口などが普通です)。また電子体温計は薬機法で「管理医療機器」に分類される医療機器なので、輸入・製造等には認可も必要になります。

そうした背景を考えると、体温測定が可能なスマートウォッチが発売されたら、それは高すぎるハードルを超えた超画期的な製品なわけです。しかし、上記のプロモーションで表示されたスマートウォッチの価格は8,980円と、スマートウォッチとしては安めの価格帯。メーカー名、ブランド名、モデル名の記載も一切ありませんし、ニュース記事で見たこともありません。サイト上では「測定したデータは参考用だけなので、医療用途に使わないでください」との記載もありますが、やはり体温計としての精度は低いものなのだと推測できます。

Twitterのリプライでも疑念の声が

Photo by MORAN on Unsplash

この「体温測定スマートウォッチ」の広告を怪しいと思ったのは筆者だけではなかったようで、この製品のプロモーションツイートには、以下のようなリプライも寄せられていました。

・Twitter社は薬機法違反の疑いがある製品については、そのあたり明確にしてから広告に載せるべき
・体温とか心電図とか書いてありますが、医療機器としての認可はあるのでしょうか
・この商品3個注文して2個不良だった!最低ー。
・ツイッターさん、ここの広告載せないほうがいいと思われ…
・購入してみたけど発送も遅い(国内発送で1週間)。値段5000円~8000円。もちろん1番高い商品をツイートして大損。製品の性能は値段の割に全然使えない。バンドが取り付けにくい。電池の消費が激しい(Xiaomi製品と比べ)。万歩計がデタラメ。結局、同じ中国製のXiaomiの方が良かった(3000円)

販売サイトの問い合わせ先がホットメールだった

 

当該サイトのスクリーンショットです

販売元のサイトもチェックしてみました。この「体温測定スマートウォッチ」を販売サイトで扱う商品は、ガジェットではなくアパレル製品が中心。そこに混じってスマートウォッチも販売されていますが、いずれもブランド不明のもの。スマートウォッチ専門サイトの我々が見ても、「いい製品」と思えるものは一つもありません。また「特定商取引法に基づく表示」を見てみると、記載されている住所は中国のもの。問い合わせ先のメールアドレスが@hotmail.comとフリーメールなのも不安を誘います……。

当該サイトのスクリーンショットです

そしてレビューが285件(!)もついていますが、どれも★は4~5。ここまで絶賛が多いと逆に怪しいですし、あれだけ体温測定機能を謳っていたのに、体温測定機能についての感想は一つもなし。「このレビュー、ホントなの?」という印象を持ちます。

サイト名で検索しても酷評が複数


そしてサイト名で検索をしてみると、この販売サイトの評判をまとめたサイトが出てきました。そこには「全く同一のレビューで投稿者名・日付だけが異なるレビューが存在」「Amazonと同じレビューが使い回されている」との記載が。そこにまとめられている購入者のツイートには、「商品の質がひどく、破れている服でも返金には一切応じず。(連絡がとれない)。」「詐欺に限りなく近いです。商品以前に、この会社に電話しても繋がりません」といった言葉が並んでいました。怪しいスマートウォッチだな……と思って検索をしたら、販売しているサイト自体がかなり危険なところだったようです。

通販でスマートウォッチを購入するなら信頼できる大手サイトで!

Photo by Christian Wiediger on Unsplash

体温測定機能を謳う怪しいスマートウォッチはAmazonなどのサイトにも多数ありますが、Amazonの場合はおかしな製品が届いても、多くの商品は返品することができます。しかし、身元の知れない通販サイトだと、連絡もとれずお金も返ってこない……というリスクもあるわけです。スマートウォッチをネット経由で購入するときは、信頼できるサイトから購入するようにしましょう!そして、「体温測定を謳うスマートウォッチは眉唾ものと考えるべき」「メーカー名、ブランド名も不明(もしくは表示されてても超無名)なスマートウォッチはハズレが多い」ということもぜひ覚えておいてください。

スマートウォッチの体温測定機能についてはコチラの記事もぜひ!

Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  9. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  10. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

NEW CONTENTS

  1. SpigenがApple Watch Series 6/SE用ケースを発売!

  2. 抽選で50人に1人、Garmin vívoactive 4 Black Slateが当たる! ソニー銀行が太っ腹な口座開設キャンペーンを実施中

  3. 9月29日は「ワールド・ハート・デー」。全世界で最も重大な死因の心臓血管病予防のため、安静時心拍数について学びましょう

  4. GPS内蔵&10日間持続バッテリー搭載! コスパ抜群のスマートウォッチ『HUAWEI WATCH FIT』が10月2日発売

  5. 定価1万円以下でGPS内蔵とコスパ抜群の最新スマートウォッチ『TicKasa Vibrant』。その実力を検証!

  6. 縄跳びの回数も正確に記録! Xiaomi Mi スマートバンド 5の「ワークアウト」機能を体験レビュー

  7. 6,000万曲聴き放題のApple Music、ビックカメラ公式アプリからの加入で4か月無料のキャンペーン!

  8. ファーウェイのオンラインストア「HUAWEI STORE」がオープン! 新作スマートウォッチの限定発売や記念キャンペーンも開催

  9. カシオのEDIFICEがF1チーム「Scuderia AlphaTauri」とのコラボレーションモデルを9⽉25⽇に発売!

  10. GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

TAG

タグをさらに表示