検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. 「体温測定スマートウォッチ」の怪しいTwitter広告を調査してみた!

「体温測定スマートウォッチ」の怪しいTwitter広告を調査してみた!

NEWS

2020.08.07

スマートウォッチのニュースやレビューをお届けしている当サイト。Twitterでもスマートウォッチに関することを書いたり・検索したりしているせいか、タイムラインに表示されるプロモーション(広告)のツイートでも、スマートウォッチ関連のものがよく表示されます。特に表示回数が多いのが、上記画像の「体温測定スマートウォッチ」というキャッチフレーズの製品(ツイートの画像をモザイク加工したものです)。この製品が怪しさ満点だったので、ちょっと調べてみました。

格安の体温測定スマートウォッチは眉唾もの

Photo by niklas_hamann on Unsplash

 

なぜ怪しいと感じたのかというと、当サイトの過去の記事でも詳しく書きましたが、Apple Watchをはじめとした大手メーカーのスマートウォッチには、体温測定機能を搭載しているモデルが一つもないからです。そもそもスマートウォッチを着用する手首という部位は、体温を測定するのに向いていない場所(体温計の測定部位は脇、耳、口などが普通です)。また電子体温計は薬機法で「管理医療機器」に分類される医療機器なので、輸入・製造等には認可も必要になります。

そうした背景を考えると、体温測定が可能なスマートウォッチが発売されたら、それは高すぎるハードルを超えた超画期的な製品なわけです。しかし、上記のプロモーションで表示されたスマートウォッチの価格は8,980円と、スマートウォッチとしては安めの価格帯。メーカー名、ブランド名、モデル名の記載も一切ありませんし、ニュース記事で見たこともありません。サイト上では「測定したデータは参考用だけなので、医療用途に使わないでください」との記載もありますが、やはり体温計としての精度は低いものなのだと推測できます。

Twitterのリプライでも疑念の声が

Photo by MORAN on Unsplash

この「体温測定スマートウォッチ」の広告を怪しいと思ったのは筆者だけではなかったようで、この製品のプロモーションツイートには、以下のようなリプライも寄せられていました。

・Twitter社は薬機法違反の疑いがある製品については、そのあたり明確にしてから広告に載せるべき
・体温とか心電図とか書いてありますが、医療機器としての認可はあるのでしょうか
・この商品3個注文して2個不良だった!最低ー。
・ツイッターさん、ここの広告載せないほうがいいと思われ…
・購入してみたけど発送も遅い(国内発送で1週間)。値段5000円~8000円。もちろん1番高い商品をツイートして大損。製品の性能は値段の割に全然使えない。バンドが取り付けにくい。電池の消費が激しい(Xiaomi製品と比べ)。万歩計がデタラメ。結局、同じ中国製のXiaomiの方が良かった(3000円)

販売サイトの問い合わせ先がホットメールだった

 

当該サイトのスクリーンショットです

販売元のサイトもチェックしてみました。この「体温測定スマートウォッチ」を販売サイトで扱う商品は、ガジェットではなくアパレル製品が中心。そこに混じってスマートウォッチも販売されていますが、いずれもブランド不明のもの。スマートウォッチ専門サイトの我々が見ても、「いい製品」と思えるものは一つもありません。また「特定商取引法に基づく表示」を見てみると、記載されている住所は中国のもの。問い合わせ先のメールアドレスが@hotmail.comとフリーメールなのも不安を誘います……。

当該サイトのスクリーンショットです

そしてレビューが285件(!)もついていますが、どれも★は4~5。ここまで絶賛が多いと逆に怪しいですし、あれだけ体温測定機能を謳っていたのに、体温測定機能についての感想は一つもなし。「このレビュー、ホントなの?」という印象を持ちます。

サイト名で検索しても酷評が複数


そしてサイト名で検索をしてみると、この販売サイトの評判をまとめたサイトが出てきました。そこには「全く同一のレビューで投稿者名・日付だけが異なるレビューが存在」「Amazonと同じレビューが使い回されている」との記載が。そこにまとめられている購入者のツイートには、「商品の質がひどく、破れている服でも返金には一切応じず。(連絡がとれない)。」「詐欺に限りなく近いです。商品以前に、この会社に電話しても繋がりません」といった言葉が並んでいました。怪しいスマートウォッチだな……と思って検索をしたら、販売しているサイト自体がかなり危険なところだったようです。

通販でスマートウォッチを購入するなら信頼できる大手サイトで!

Photo by Christian Wiediger on Unsplash

体温測定機能を謳う怪しいスマートウォッチはAmazonなどのサイトにも多数ありますが、Amazonの場合はおかしな製品が届いても、多くの商品は返品することができます。しかし、身元の知れない通販サイトだと、連絡もとれずお金も返ってこない……というリスクもあるわけです。スマートウォッチをネット経由で購入するときは、信頼できるサイトから購入するようにしましょう!そして、「体温測定を謳うスマートウォッチは眉唾ものと考えるべき」「メーカー名、ブランド名も不明(もしくは表示されてても超無名)なスマートウォッチはハズレが多い」ということもぜひ覚えておいてください。

スマートウォッチの体温測定機能についてはコチラの記事もぜひ!

Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  2. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  3. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  4. Apple Watch Series7の色選びで迷った方へ!定番のブラック系、シルバー系から新色、素材ごとの色の違いまで徹底解説!

  5. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  6. 夏でも涼しいApple Watchバンド18選。1本333円のモデルも!!

  7. Garmin『Forerunner 255』使用レビュー。ランニング&日常使用に便利な機能が盛りだくさん!

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  10. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

NEW CONTENTS

  1. Apple Watchがキラキラ煌めくWEARPLANETのラインストーンカバー発売

  2. 熱中症情報をスマホやApple Watchに通知する「Yahoo!防災速報」アプリが便利!

  3. iPhoneで開きすぎたSafariのタブを一括削除する方法

  4. iPhoneからApple Watchの場所を探す方法&紛失モードの設定法を解説!

  5. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  6. 「残布を活用したApple Watchバンド」のクラファンが開始。近大生とのコラボ企画

  7. Apple WatchのSuicaの利用履歴を確認する方法

  8. 自動開閉で爽やかな朝日で起床! SwitchBotカーテン使用レビュー

  9. 歩くだけでApple Watchの「ムーブ」1000kcal超えは超大変! 実践レポート

  10. クラシックスタイルなFOSSILの新作スマートウォッチ「GEN 6 HYBRID」が発表

TAG

タグをさらに表示