検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの「Series 5」と「Series 3」の違いを徹底解説!機能充実の最新版か、安さの旧モデルか?

Apple Watchの「Series 5」と「Series 3」の違いを徹底解説!機能充実の最新版か、安さの旧モデルか?

NEWS

2020.08.29

圧倒的な高性能を誇りながら、価格も5万円程度~とややお高めなApple Watch Series 5。なおApple Watchでは、2世代前のモデルにあたるSeries3が現在も入手可能。価格も約2万円とリーズナブルなため、「ならApple Watch Series3にしておこうかな」と思っている方は多いでしょう。そこで今回の記事では、スマートウォッチの記事を専門に扱う当サイトが、Apple WatchのSeries 5とSeries 3の違いや両者のメリット・デメリットを徹底解説します!

価格はSeries 3が2万円ほど安い!

Photo by Bhawin Jagad on Unsplash

まずは価格について比較しましょう。Series 5とSeries 3の価格は以下の通り。Apple Watch単独で通信が可能な「GPS + Cellularモデル」にするか、iPhoneと連携して使用する「GPSモデル」にするかで価格の違いはありますが、どちらもSeries 3のほうが2万円ほど安いです。

●Apple Watch Series 5とSeries 3
GPS + Cellularモデル
53,800円(税別)から

GPSモデル
42,800円(税別)から

●Apple Watch Series 3
GPS + Cellularモデル
30,800円(税別)~

GPSモデル
19,800円(税別)~

なお下記の記事で詳しく解説していますが、iPhoneと連携して使用する「GPSモデル」でもApple Watchの機能の大半は使えるので、多くの方は「GPSモデル」を選ぶ形で問題ないはずです。

Apple Watchの「GPS」「セルラー」モデルの違いは? どっちを買うべき?

Series 5はディスプレイが常時表示。とにかく便利!


Series 5とSeries 3の大きな違いの1つが、ディスプレイの表示。最新のSeries 5はディスプレイが常時表示(常に画面が表示されている状態)で、Series 3は手首を上げたときにディスプレイの表示がオンになる形式です。

Series 3のディスプレイも、手首を上げると瞬時に点灯してくれるので、「使い勝手が悪い!」ということは特にありません。ただ、手首を上げられない状況(電車の吊り革を掴んでいる、自転車のハンドルを握っている、手に荷物を持っている)でも画面が確認できて、時計にパッと目を移したときに画面を即座に確認できるSeries 5はとにかく便利! しかもディスプレイは常時表示なのに、バッテリーの持ち時間はSeries 3と変わりません。

またApple Watchの文字盤はファッショナブルな見た目のものが多いですが、Series 5はその文字盤が常時表示されているため、見た目のオシャレさも上と言えそう。「その日の服装に合わせて文字盤も変えて楽しみたい」と思っている方もSeries 5がオススメです。

ディスプレイの表示領域もSeries 5のほうが広い

photoSource:Apple

ケースサイズ(時計本体のサイズ)はSeries 5が44mmと40mmの2択。Series 3は42mmと38mmの2択です。そう聞くと「画面の大きさは大差ないのかな」と感じるかもしれませんが、Series 5は本体の端のほうまで画面が表示されるので、ケースサイズはほぼ同じでも、表示領域はSeries 3より30パーセント以上大きめ! しかも厚みはSeries 3より0.7mm薄くなっています。画面の見やすさは見た目のスマートさはSeries 5のほうが断然上といえるわけです。

素材はSeries 3はアルミ一択。5は4つの選択肢が!

Photo by Luke Chesser on Unsplash

Apple WatchのSeries 5はケースの素材が「アルミニウム」「ステンレススチール」「セラミック」「チタニウム」から選択可能。一方のSeries 3は「アルミニウム」一択です。素材の特性は各々異なりますが、Series 5で選択可能な「ステンレススチール」「セラミック」「チタニウム」などは剛性が高く(つまり丈夫ということ)、見た目の高級感も高め。そのぶん価格も高めです(ステンレススチールは税別7万2800円~、チタニウムは税別8万2800円~セラミックは税別13万3800円~)。

そのため、高級感が高く剛性も強いケースを選びたい……という方はSeries 5がオススメです。なお、いずれのシリーズでも、GPSモデルを選択した場合は、ケースはアルミニウムしか選ぶことができません。

ケースのカラーもSeries 5のほうが選択肢が豊富

Photo by Jess Bailey on Unsplash

ケースのカラー(ディスプレイ周囲の側面の色)についても、Series 5のほうが選択肢が豊富。まとめると以下のような形です。

●Series 3
アルミニウム:シルバー、スペースグレイ
Apple Watch Nike:スペースグレイ

●Series 5
アルミニウム:シルバー、スペースグレイ、ゴールド
ステンレススチール:ステンレススチール、スペースブラック(DLC)、ゴールド(PVD)
チタニウム:チタニウム、スペースブラック
セラミック:ホワイト
Apple Watch Nike:シルバー、スペースグレイ
Apple Watch Hermès:ステンレススチール、スペースブラック

 

Series 5はケースの素材が豊富なのに加え、女性に似合うピンクのバンド等と相性がよく、見た目もゴージャスな「ゴールド」のカラーがあるのがの特徴です。なお「スペースグレイ」という名前のカラーは、いわゆるブラックのこと。「チタニウム」「ステンレススチール」といった素材の名称を冠したのカラーは、いわゆる「シルバー」と思っておけば間違いありません。

Apple Watch Hermèsを買いたい人もSeries 5を!


Hermes(エルメス)とのコラボレーションモデルの「Apple Watch Hermès」に憧れを持っている方も多いでしょう。価格は13万3,800円~(税別)とややお高めですが、ラグジュアリーな雰囲気は他のApple Watchにはない魅力です。その「Apple Watch Hermès」は、現在はSeries 5のみ新品が販売中。なので「Apple Watch Hermès」が欲しい方は、自動的にSeries 5を選ぶことになります。なお「Apple Watch Nike」に関してはSeries 5でもSeries 3でも入手が可能です。

そのほかSeries 5のみにある機能

Photo by Nick Jio on Unsplash

そのほかの「Series 5のみにある機能」の主だったものを下記にまとめました。上で説明してきた違いと比べると、そこまで使い勝手や満足感を左右するものではないですが、自分が気になるものがないかチェックしてみましょう!

・転倒検出
・海外における緊急通報
・コンパス
・電気心拍センサー
・第2世代の光学式心拍センサー(Series 3は第一世代)
・加速度センサーが最大32Gに(Series 3は16G)
・スピーカーの音量が50%アップ
・容量が32GB(Series 3はGPS + Cellularモデルが16G、GPSモデルが8GB)
・チップがS5(Series3より最大2倍速い64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
・Bluetooth 5.0(Series3は4.2)

結論:安さ優先ならSeries 3、機能やモデルの豊富さ優先ならSeries 5


ここまで見てきたように、最新のSeries 5にはSeries 3にはない機能やモデルが複数。機能やモデルの豊富さを優先するならSeries 5がやはりオススメです。一方で、「Series 5と比較して、Series 3の使い勝手が圧倒的に悪いか」というと、決してそんなことはありません。ベーシックなシルバーかスペースグレイ(黒)のアルミのケースで、とりあえずApple Watchを試してみたい……という人は、価格が半額以下のSeries 3を選ぶのもアリといえるでしょう!

Photo by Simon Daoudi on Unsplash

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
 
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  3. Apple Watch Series 6の「GPS」「セルラー」の違いは? どっちを買うべき?

  4. Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法

  5. オシャレ! Apple Watchの女性にオススメのスチールバンド

  6. Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

  7. 高級感のあるApple WatchケースBEST10 【2020年秋版】

  8. 日本発売が迫るXiaomi Miスマートバンド5、日本版の公式ページが公開

  9. Apple Watch Series 6を発売初日にApple Storeに並んで購入! 新色ブルーとブレイデッドソロループの開封レポート

  10. 【2020年最新版】Apple Watch Nikeの選び方、4つのポイント

NEW CONTENTS

  1. SpigenがApple Watch Series 6/SE用ケースを発売!

  2. 抽選で50人に1人、Garmin vívoactive 4 Black Slateが当たる! ソニー銀行が太っ腹な口座開設キャンペーンを実施中

  3. 9月29日は「ワールド・ハート・デー」。全世界で最も重大な死因の心臓血管病予防のため、安静時心拍数について学びましょう

  4. GPS内蔵&10日間持続バッテリー搭載! コスパ抜群のスマートウォッチ『HUAWEI WATCH FIT』が10月2日発売

  5. 定価1万円以下でGPS内蔵とコスパ抜群の最新スマートウォッチ『TicKasa Vibrant』。その実力を検証!

  6. 縄跳びの回数も正確に記録! Xiaomi Mi スマートバンド 5の「ワークアウト」機能を体験レビュー

  7. 6,000万曲聴き放題のApple Music、ビックカメラ公式アプリからの加入で4か月無料のキャンペーン!

  8. ファーウェイのオンラインストア「HUAWEI STORE」がオープン! 新作スマートウォッチの限定発売や記念キャンペーンも開催

  9. カシオのEDIFICEがF1チーム「Scuderia AlphaTauri」とのコラボレーションモデルを9⽉25⽇に発売!

  10. GarminのSuica対応GPSランニングウォッチ『ForeAthlete 745』が10月1日(木)に発売

TAG

タグをさらに表示