検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの地図、Apple標準「マップ」と「Googleマップ」の機能の違いは? 使い分け方も解説!

Apple Watchの地図、Apple標準「マップ」と「Googleマップ」の機能の違いは? 使い分け方も解説!

NEWS

2021.08.19

Apple標準の「マップ」と「Googleマップ」のApple Watchアプリ。

2大地図アプリともいえるこれらの両方をApple Watchにインストールしている方も多いのではないでしょうか?

それぞれのアプリでできることや違い、上手な使い分け方を紹介します。

Apple標準「マップ」でできること

Apple標準の「マップ」では、スマホ版の「マップ」アプリと同様に、地図の表示や店舗や施設などの検索、経路案内を利用できます。

地図画面はメニューの「位置情報」から表示します。

スクロールで場所を移動したり、デジタルクラウンを回して拡大/縮小したりも可能。

拡大すれば、店舗名や道路の一方通行といった詳細な情報まで確認できます。

また、「検索」では、コンビニ、カフェ、ガソリンスタンドといったカテゴリー別に現在地付近の店舗や施設を探すことが可能。

カテゴリーを選ぶと現在地から近い順に店舗の一覧が表示され、目的の店舗をタップすれば、住所や電話番号、営業時間といった情報を見たり、現在地からの経路案内を表示することができます。

「Googleマップ」は経路表示のみ

一方で、Googleマップの場合はApple Watch上での地図表示などには対応しておらず、iPhoneで設定した経路案内を表示する機能のみとなります。

経路案内を使いたい場合は、まず、iPhoneのGoogleマップアプリで目的地を検索して経路を表示し、「開始」をタップします。

この状態でApple Watchアプリを開くと、「現在の経路」に到着予定時間が表示されているはずです。

ここをタップすれば、経路案内を見ることができます。


経路案内には、移動のために必要な情報がコンパクトにまとめて表示されます。

たとえば移動手段に電車を選んだ場合は、次に乗る電車の路線や時刻、発車番線、どの駅まで乗るのかといった情報を時系列で見ることができます。

また、徒歩ルートの場合は、次に右折・左折をする地点までの距離などが表示され、曲がる地点が近づくと振動で知らせてくれます。

ただし、これと同様の経路案内機能はApple標準の「マップ」でも利用可能。

単純に機能を比較すると、地図表示ができず、経路案内を使うのにiPhoneからのの操作も必要となるGoogleマップはメリットが少ないようにも思えます。

どう使い分けるのがベスト?

アプリとしての使い勝手を考えたら、Apple Watchからの操作だけで多くの機能を利用できるApple標準マップのほうが優位性があります。

手元ですぐに現在地付近の地図を見たい、近隣の店を探したいといった場合は、迷わずこちらを選ぶのがよいでしょう。

一方で、GoogleマップのApple Watchアプリが役立つのは、「事前にiPhoneやPCから下調べした場所に行く場合」です。

スマホやPCで地図を検索するときは、Googleマップを使うという人が多いのではないでしょうか。

その場合、外出先でApple Watchに経路を表示するのに、再度Apple標準マップで同じ場所を検索し直すのは非効率です。

そのようなシチュエーションでは、iPhoneのGoogleマップの履歴から目的地を表示し、「経路」を開始するのがスマートな方法ということになります。

両方のアプリをうまく使い分ければ、外出先での移動もよりスムーズになるはずです。

そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

●執筆者:酒井麻里子 

ITライター。スマホ、PC、ガジェットなどのレビューや企業取材、アプリ・サービスの解説記事を執筆。Twitterでは、デジタル関連の気になる話題や、ちょっと役立つ小ネタを発信。
https://twitter.com/sakaicat

【関連記事】

Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

【動画付き】Google マップ 首都圏の鉄道のリアルタイム表示が可能に

Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

 

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示