検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの地図、Apple標準「マップ」と「Googleマップ」の機能の違いは? 使い分け方も解説!

Apple Watchの地図、Apple標準「マップ」と「Googleマップ」の機能の違いは? 使い分け方も解説!

NEWS

2021.08.19

Apple標準の「マップ」と「Googleマップ」のApple Watchアプリ。

2大地図アプリともいえるこれらの両方をApple Watchにインストールしている方も多いのではないでしょうか?

それぞれのアプリでできることや違い、上手な使い分け方を紹介します。

Apple標準「マップ」でできること

Apple標準の「マップ」では、スマホ版の「マップ」アプリと同様に、地図の表示や店舗や施設などの検索、経路案内を利用できます。

地図画面はメニューの「位置情報」から表示します。

スクロールで場所を移動したり、デジタルクラウンを回して拡大/縮小したりも可能。

拡大すれば、店舗名や道路の一方通行といった詳細な情報まで確認できます。

また、「検索」では、コンビニ、カフェ、ガソリンスタンドといったカテゴリー別に現在地付近の店舗や施設を探すことが可能。

カテゴリーを選ぶと現在地から近い順に店舗の一覧が表示され、目的の店舗をタップすれば、住所や電話番号、営業時間といった情報を見たり、現在地からの経路案内を表示することができます。

「Googleマップ」は経路表示のみ

一方で、Googleマップの場合はApple Watch上での地図表示などには対応しておらず、iPhoneで設定した経路案内を表示する機能のみとなります。

経路案内を使いたい場合は、まず、iPhoneのGoogleマップアプリで目的地を検索して経路を表示し、「開始」をタップします。

この状態でApple Watchアプリを開くと、「現在の経路」に到着予定時間が表示されているはずです。

ここをタップすれば、経路案内を見ることができます。


経路案内には、移動のために必要な情報がコンパクトにまとめて表示されます。

たとえば移動手段に電車を選んだ場合は、次に乗る電車の路線や時刻、発車番線、どの駅まで乗るのかといった情報を時系列で見ることができます。

また、徒歩ルートの場合は、次に右折・左折をする地点までの距離などが表示され、曲がる地点が近づくと振動で知らせてくれます。

ただし、これと同様の経路案内機能はApple標準の「マップ」でも利用可能。

単純に機能を比較すると、地図表示ができず、経路案内を使うのにiPhoneからのの操作も必要となるGoogleマップはメリットが少ないようにも思えます。

どう使い分けるのがベスト?

アプリとしての使い勝手を考えたら、Apple Watchからの操作だけで多くの機能を利用できるApple標準マップのほうが優位性があります。

手元ですぐに現在地付近の地図を見たい、近隣の店を探したいといった場合は、迷わずこちらを選ぶのがよいでしょう。

一方で、GoogleマップのApple Watchアプリが役立つのは、「事前にiPhoneやPCから下調べした場所に行く場合」です。

スマホやPCで地図を検索するときは、Googleマップを使うという人が多いのではないでしょうか。

その場合、外出先でApple Watchに経路を表示するのに、再度Apple標準マップで同じ場所を検索し直すのは非効率です。

そのようなシチュエーションでは、iPhoneのGoogleマップの履歴から目的地を表示し、「経路」を開始するのがスマートな方法ということになります。

両方のアプリをうまく使い分ければ、外出先での移動もよりスムーズになるはずです。

そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

●執筆者:酒井麻里子 

ITライター。スマホ、PC、ガジェットなどのレビューや企業取材、アプリ・サービスの解説記事を執筆。Twitterでは、デジタル関連の気になる話題や、ちょっと役立つ小ネタを発信。
https://twitter.com/sakaicat

【関連記事】

Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

【動画付き】Google マップ 首都圏の鉄道のリアルタイム表示が可能に

Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

 

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  2. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  3. 1日300kcalだけで平気なの?Apple Watchの「ムーブ」のカロリーは何の数値か

  4. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  5. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  6. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  7. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  8. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

  9. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  10. Androidユーザー必読! WearOSスマートウォッチ15選【2022年最新版】SKAGENからG-SHOCK、LOUISVUITTONまで

NEW CONTENTS

  1. スーツにも似合う本革素材を採用したApple Watch本革バンド「GeeUmber」でApple Watchを大人っぽい雰囲気に。

  2. Apple Watch Ultraで利用できるOceanic+アプリケーションは、Appleの最も屈強な腕時計をパワフルで使いやすいダイブコンピュータに変える

  3. クリスマスのプレゼントにもぴったりなクロコ&リザード製・Apple Watch専用ウォッチバンドがメンズ​革小物ブランド「キプリス」から発売

  4. SpigenとCaseology「Amazonプライムデー」に合わせて最大70%OFFのセール価格で販売!

  5. 年末年始にむけて充電器やUSBハブをアップデートするチャンス!AmazonブラックフライデーでBelkin製品が最大78%OFFで販売

  6. 人気スマートウォッチ「wena 3」とイタリア発のブランド「スピニカー(SPINNAKER)」のコラボレーション『CROFT – wena 3』が発売

  7. Spigenの姉妹ブランド、CYRILLが11月25日(金)~2022年12月1日(木)まで「ブラックフライデー 記念セール」を実施

  8. かっこいいデザイン大集合!Apple Watchアクセサリー対象の「ブラックフライデーセール2022」を2022年11月25日(金)より開催。

  9. ROOX OnlineでApple Watchバンド2本以上購入すると、バンド収納ポーチがもらえるキャンペーンを開催

  10. ディーゼル、Wear OS by Google Platforms搭載の”次世代スマートウォッチ”「THE GRIFFED GEN 6」を発売。

TAG

タグをさらに表示