検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!

NEWS

2021.05.16

スマホ利用者のほぼ100%が使っているであろう地図アプリ。目的地さえ入力すれば、移動距離や経路、所要時間などを細かく表示してくれるので、本当に便利ですよね。

ただ、「この道で大丈夫だっけ?」と不安になると、何度もスマホを出して確認が必要。自転車で移動しているときなどは、その作業もわずらわしく感じられるでしょう。そこで便利なのが、iPhoneと連動して使えるApple Watchの「マップ」アプリのナビ機能。今回は、実際に自転車に乗ってそのナビ機能を使った使用レポートをお届けします!

【あわせて読みたい】

Apple Watchの地図、Apple標準「マップ」と「Googleマップ」の機能の違いは? 使い分け方も解説!

 

まずはiPhoneで目的地を入力

「マップ」アプリのナビ機能をApple Watchで使うには、まずiPhone上で目的地を入力。これは普通のマップの使い方と同じですね。そして目的地までの経路が出たら、画面下の「車」「徒歩」「交通機関」「配車サービス」の中から「徒歩」のルートを選択。所要時間が表示されたら「出発」をクリックします。なお今回は都営新宿線の曙橋駅付近からスタートし、副都心線の東新宿駅を目的地としました。

左が「マップ」アプリで目的地を入力したときの画面。このままだと電車移動のルートが表示されてしまうので、画面下の「徒歩」の部分をタップして徒歩のルートに変更します。


そして「出発」をタップすると、上記画面のようなナビがiPhone上で始まります!なお、今回ご紹介するApple Watchの「マップ」アプリは、iPhoneにデフォルトで入っている「マップ」アプリのこと。iPhoneでも地図アプリは「Googleマップ」をメインで使っている人は多いでしょうが、Apple Watchではデフォルトの「マップ」アプリのほうが便利に使える場面が多いです。

入力を終えたら、あとはApple Watchがナビを表示!

iPhone上で「出発」をタップすると、Apple Watchにも上記のような「マップ」アプリのナビが自動で表示されます。「まず左の道に出て、そこを右に曲がればいいんだな」と分かりますね。

右折、左折が必要なときは震えて通知

そして自転車で移動を開始。右折、左折などが必要な交差点に近づくと、Apple Watchがヴァイブレーションをはじめます。そこでチラッとApple Watchに目をやれば、上記のように「右折」の案内が表示されているわけです。iPhoneをいちいち出して確認する必要がないので、これは便利ですね! なおApple Watchをチラ見するときも、安全のため自転車は必ず停止するようにしましょう。

次に曲がる地点までの距離も表示

そして指示通りに右に曲がったあとは、次に曲がる地点までの距離もApple Watch上で表示をしてくれました。このあたりは自動車のナビと同じです。

また曲がる地点ではヴァイブレーション

そして、曲がる地点が近づいてきたら、またヴァイブレーションで通知が。うっかり通り過ぎてしまうリスクを減らせます。

もちろん地図の表示範囲も動かせます

なお、Apple Watchの画面を見たい方向にスクロールすれば、マップの表示範囲を動かすことも可能です。

ルートを外れてもナビが自動修正

「うっかり曲がり忘れちゃった!」みたいなときは、自動でルートが変更されます。このあたりも車のナビと同じですね。表示されたルートが細かな裏道を通るもので、「大通りを進んだほうが早そう」と思ったら、無視して進んだあとで再度ナビを確認するのもアリです。

無事に到着!


自転車に乗りはじめてから、一度もiPhoneを取り出すことなく現地まで到着できました!

自転車以外の移動でもぜひ活用を!

このように、Apple Watchの「マップ」アプリのナビ機能は自転車移動ではすごく便利に使えます。徒歩での移動時も、何度も右折や左折が必要な複雑なルートの場合は便利に活用できるはず。普段はGoogleマップばかり使っている人も、この機会に純正の「マップ」アプリを使ってみてはいかがでしょうか?

そのほかの「Apple Watchにできること」はコチラ!

Apple Watchにできること38選。LINEの通知受取、Suica決済、歩数や睡眠の記録……。生活が便利になり、健康意識も高まる!

●執筆者:スマートウォッチライフ編集部
日本初のスマートウォッチのウェブメディア。スマートウォッチ・Apple Watchの選び方や入門者向けの記事を多く配信しています。編集部には50本以上のスマートウォッチがあり、編集部員は常にスマートウォッチを片腕or両腕に着用。日本唯一のスマートウォッチ専門ムック本『SmartWatchLife特別編集 最新スマートウォッチ完全ガイド』(コスミック出版)を出版したほか、編集長はスマートウォッチ専門家としてテレビ朝日「グッド!モーニング」にも出演。

あわせて読みたい

自転車NAVITIME、クルマ通りの多い道を避けてナビすることが可能に!

自転車を30分のんびり漕ぐと何キロカロリー?Apple Watchで計測!

【動画付き】Google マップ 首都圏の鉄道のリアルタイム表示が可能に

Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  2. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  3. 超良コスパのスマートウォッチ「Redmi Watch 4」使用レビュー。1万円程度の大画面モデル

  4. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  5. 「TicWatch Pro 5 Enduro」5月9日販売開始。アウトドアユーザー向けの高性能スマートウォッチ

  6. 日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ」に注意喚起

  7. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  8. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  9. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

NEW CONTENTS

  1. 日本のApple Watchで心房細動履歴が利用可能に

  2. シリーズ初の蛍光色。NOMADの Apple Watch バンド限定モデルが販売開始

  3. 初代INFOBARを忠実に再現したApple Watchケースが発売

  4. ゴルフナビ機能が大好評の『HUAWEI WATCH GT 4』から 新モデル41㎜ケース径のグリーンが登場

  5. カロリー管理機能が進化した 『HUAWEI WATCH FIT 3』 5月22日(水)より発売

  6. FDAがApple Watchの心房細動追跡機能を「デジタル機器として初」承認

  7. HACRAY、超小型・超軽量の折りたたみ充電器「2in1ワイヤレス充電スタンド」発売 iPhone・Apple Watch・AirPodsを充電可能、アルミ合金と本革素材、旅行・出張に便利

  8. COROSがアドベンチャーウォッチ「COROS VERTIX 2S」を発表

  9. アウトドア用スマートウォッチ「Mibro GS Active」が登場!AMOLEDディスプレイと5つの衛星測位機能を搭載したアウトドア向けスマートウォッチが発売

  10. ゴルフ用にこそスマートウォッチを使う理由。5つのメリットを持った「HUAWEI WATCH GT 4」の体験レビュー。

TAG

タグをさらに表示