検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchのワークアウトで「消費カロリー」をゴールにする方法を解説。ダイエットに有効活用できる!【Apple Watchの小ネタ・裏ワザ】

Apple Watchのワークアウトで「消費カロリー」をゴールにする方法を解説。ダイエットに有効活用できる!【Apple Watchの小ネタ・裏ワザ】

NEWS

2021.10.03

ウォーキング、ランニングから水泳、ピラティスまで、さまざまな運動の消費カロリーを計測してくれるApple Watch。

ダイエットや体重維持の目的でそうしたワークアウトを行って、消費カロリーをチェックしている人も多いでしょう。

そのような使い方をする方や、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を継続してダイエット中の方には、「少し身体を動かして、あと100kcalだけ消費しておきたい」といったApple Watchの使い方をする人もいるはずです。

今回の記事では、そうした使い方に最適な、「ワークアウトで消費カロリーをゴールにする方法」を紹介します。

なお、Apple Watch等のスマートウォッチのダイエット活用法を詳しく知りたい方は下記の記事をご確認ください。

【あわせて読みたい】

Apple Watchやスマートウォッチのダイエット活用法を解説! 注目すべきは「日常生活全体の消費エネルギー」

ここから詳しく解説!

まずは「ワークアウト」のアプリを開きます。

さまざまなワークアウトの種類が表示されますが、ここではウォーキングを選ぶことにしましょう。

普段はこのウォーキングの部分をタップして運動をスタートすると思いますが、今回は右上の「・・・」の部分をタップします。

すると以下のような画面になるので、消費カロリーをゴールに設定したい場合は「キロカロリー」を選択。

なお「距離」を選択すると距離をゴールに、「時間」を設定すると時間をゴールにできます。

「キロカロリー」を選択した場合は以下のような画面が表示されます。

アクティブカロリー(身体を動かすことによって消費するカロリー)を何キロカロリーに設定するか決めて、「開始」をタップしましょう。

このように消費カロリーをゴールに設定する方法は非常に簡単です。

実際に消費カロリーをゴールに運動してみた!

そして実際に消費カロリーをゴールに設定して、運動もしてみました。

上は150kcalを目標にランニングしたときのワークアウトの結果です。

何分のランニングで150kcalを消費できるかは、その人の身長・体重や運動強度(ランニングの速さ)等によって左右されますが、中肉中背の中年男性の筆者の場合は、1kmを6分程度のペースで15分ほど走ったところ、150kcalを消費できました。

次はサイクリングで150kcalをゴールに運動!

次はサイクリングで150kcalのゴールを目指してみました。

腕元でゴールを設定してスタートです!

なお買い物に行くついでに計測をしているので、とりあえず目的地のお店を目指します。

25分ほど走って目的地のお店に到着しました。

画面の左上には自転車のマークがあり、その周りに赤い線が半円程度まで進んでいますが、この赤い線がゴールの達成状況。

つまり、25分走っても75kcal程度しか消費できていないわけです。

都心部をゆったりしたペースで、信号で停まったりしながら走ると、このくらいしかカロリーは消費できないものなんですね……。

一度計測をストップして買い物をしたあと、帰り道で計測を再開。

帰り道で約20分、行き帰りの合計で45分ほど走ったところで150kcalのゴールを達成となりました。

帰り道のほうがカロリー消費の効率がよかったのは、買い物した重い荷物を背負っていたからなのかな……と想像しています。

全体の結果はこんな感じでした。

ランニングだと15分程度で消費できた150kcalを、サイクリングでは45分かけて消費したわけですが、平均の心拍数を見るとランニングのほうが40ほど数字が上。

サイクリングでもサイクリングコースを高スピードで走るなどして運動強度を上げれば、もっと短い時間で150kcalを消費できると思います。

同じ150kcalを消費するにも、運動の種類や強度によってこれだけ差が出るので、みなさんも様々なワークアウトを試してみながら、自分にピッタリのカロリー消費方法を見つけてみましょう!

あわせて読みたい

Apple Watchの「アクティビティ」アプリはダイエット意識向上に役立つ!

Apple Watchの運動量計測の精度を上げる7つの方法。消費カロリーが増えない人は必見! 

自転車を30分のんびり漕ぐと何キロカロリー?Apple Watchで計測!

     

関連記事


     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series 8の色選びを大量の写真・動画と7000字で徹底解説!

  2. 石田ゆり子、二宮和也、齋藤飛鳥……。Apple Watchを使っている有名人40人を動画・画像付きで紹介します!

  3. 2022年6月時点の「Suicaが使えるスマートウォッチ」20選。Apple Watch、Garmin、Fitbit、SONYの主要モデルを網羅!

  4. Apple Watchで使える電子マネーを完全解説!【2022年版】 Suica、QUICPay、iDをApplePayで使う方法とその便利さとは

  5. この写真、実はApple Watch! 完成度高すぎの「G-SHOCK風カスタム」の秘密を投稿者に聞きました。

  6. 超スムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK

  7. Apple Watchのケース、41mmと45mmのどっちがいい?小柄な女性は41mmが無難だが、男性の場合は?

  8. 「買ってはいけないスマートウォッチ」の特徴6つ。謎ブランドの格安モデルや「Amazonの商品名に機能列挙」は要注意!

  9. 音声入力やiPhoneのアプリ開き直しより早い! Apple Watchのメール返信で、入力にiPhoneのキーボードを使う裏ワザ

  10. Apple WatchはLINEも使えてやっぱり便利! 「4つの返信法」「既読を付けない読み方」ほか、便利な使い方と疑問を徹底解説

NEW CONTENTS

  1. アップルウォッチ専用バングル「エアバングル」に待望の第2弾で新色登場。マクアケで先行販売を開始。【株式会社サンユー】

  2. アウトドアに最適な機能を搭載し、耐久性に優れた「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」が発売

  3. 革製品の老舗ブランド土屋鞄からアンティックな風合いのApple Watch専用レザーバンドを発売

  4. モバイルアクセサリーブランドのmiak(ミアック)からiPhone・Apple Watch・AirPodsを同時充電する3in1 Wave ワイヤレス充電スタンドが発売

  5. 朝倉未来コラボの超高級Apple Watchケースが登場。200万円超えのモデルも!

  6. CASETiFYと『ONE PIECE』のコラボ最新作。新型iPhone 14シリーズにも対応!

  7. グレード2チタン使用のNOMAD Apple Watchバンドの最高級ライン、新サイズが発売

  8. GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場

  9. CASETiFYから新型 iPhone 14 シリーズ対応ケースが登場!

  10. Apple Watchをメゾン級に変身させるEPONASレザーバンドに、高級時計にも対応した「ハイブリッドレザーバンド」が登場。先行販売開始

TAG

タグをさらに表示