検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. smartnews
  3. Apple Watchの「アクティビティ」アプリはダイエット意識向上に役立つ!

Apple Watchの「アクティビティ」アプリはダイエット意識向上に役立つ!

smartnews

2021.02.14

1日の歩行距離や消費カロリーを計測可能なモデルが多いスマートウォッチ。ダイエットの目的での購入を考えている人も多いでしょう。本記事では、実際にApple Watchを使用するなかで「ダイエットの意識向上に役立った」と感じたApple Watchの「アクティビティ」アプリについて説明します。

Apple Watch(アップルウォッチ)は日常動作まで消費カロリーとして計測!


Apple Watchの公式サイトで「毎日のアクティビティパートナー。思わず動きたくなる」というキャッチコピーとともに、目玉機能の一つとして紹介されている「アクティビティ」アプリ。ザックリ説明すると、1日の活動の中で消費したカロリーや、運動した時間などを記録してくれるアプリです。

1日の歩数や、その歩行に伴う大まかな消費カロリーは、スマートフォンでも概算値を計測ができます。一方でApple Watchでは、歩行以外の日常動作や運動の消費カロリーもより正確に記録してくれるのが大きな魅力。なぜなら腕に着用するApple Watchでは「腕の動き」「加速度センサー」「心拍センサー」「GPS」などをもとに消費カロリーを計測するからです。

そのためApple Watchの「アクティビティ」アプリでは、仕事中の階段の上り下りから、子どもと遊んだときの動作、家の掃除まで、あらゆる動きによって消費されるカロリーが「アクティブカロリー」として記録されます。

目指すは3つの「リング」の完成

そして「アクティビティ」アプリでは、下記の3つの項目がリング状のメーターとして表示されます

・1日の動きの中で消費したアクティブカロリーを示す「ムーブ」(赤のリング)
・早歩き以上の運動を行った時間を分数で示す「エクササイズ」(緑のリング)
・立ち上がって1分以上体を動かした時間の合計が1 時間単位で表示される「スタンド」(青のリング)

この3つの項目は、数値の上昇に応じて時計回り状に伸びていきます。そして1周すれば、1日の目標を達成。つまり、このアプリで毎日の目標となる「アクティビティリングの完成」は、3項目が1週した状態(各々の目標値を達成した状態)のことです。そのため、日中にアクティビティリングを見たときに、「今日はムーブが足りないな」「エクササイズがこのままじゃ達成できない」と気づくことが、運動へのモチベーションになるわけですね。

Apple Watchで日常生活でのカロリー消費が上昇しやすくなる!

なお「ムーブ」の数値は、料理やごみ捨て等の家事の動作でも上昇します。「エクササイズ」の項目も、家から駅までの移動を速歩きにするだけで、きっちりカウントしてもらえます。「室内で何か体を動かすことをしよう!」「普段よりちょっと早めに歩こう」と意識すれば、意外と簡単に目標が達成できてしまうわけです。

また「スタンド」の目標達成に向けて、「1時間に1分以上は立ち上がって動こう」と意識することは、デスクワークが中心の人には気分転換の上でも良いこと。少し立ち上がって同僚のデスクに話に行ったり、体をほぐすストレッチをしたりするだけでも、「ムーブ」の数値は上昇します。1時間に1分でも立ち上がる時間を作れれば、そこで身体も動かせて、結果的に消費カロリーも増えるわけです。

目標数値も変更が可能

なお「ムーブ」の目標数値は変更が可能。上記の画像のように、「少しだけ」「適度に」「たくさん」の3段階の運動量を選べて、さらに細かなカロリー設定もできます。ガッツリ動いてカロリーを消費し、短期間で痩せたい人は「たくさん」に設定するといいでしょう(そのぶん毎日動き回る時間が増えて、疲れもタップリ溜まるでしょうが)。そのほか、自己ベストを達成したり、大きな目標をクリアした時はバッジをもらえたり、友達とリングの達成度合いを競争できたりと、モチベーションアップの仕組みが複数用意されているのもいいところ。

Apple Watch導入でダイエット成功の可能性も?


「ダイエットのために運動しよう!」と決意したものの、「着替えるのが面倒」「走って疲れるのはやっぱイヤ」などと思って結局何もしない……という人は多いでしょう。ですが、Apple Watchなどのスマートウォッチがあれば、日常生活の中できっちりカロリーを消費し、少しずつ痩せていくことが可能になるかもしれません!

実際のところ、筆者もApple Watchを使い始めてから、毎日の消費カロリーを気にするようになり、「リング完成のためにもう少し歩こう」など身体を動かす機会も増加。30代になってから増加に歯止めがかからなかった体重がピタッと止まり、年に2kg程度の微減ですが減少へと転じました。

そして「行動を数値化する」「1日単位などの細かな目標を設定する」というのは、仕事で大きな目標を達成するうえでも有効なメソッドですが、それはダイエットでも同じこと。自分の身体の活動状況を可視化してくれるApple Watchは、ダイエットの意識向上に役立つものといえるでしょう。

なお今回はApple Watchの「アクティビティ」アプリを例に説明しましたが、他のスマートウォッチにも似たような消費カロリーの計測機能が備わったものは多くあります。日常生活の動作や運動を細かく記録してくれるスマートウォッチは、あなたのダイエットの確実な助けになってくれるはずです!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • はてなブックマーク
  • LINEで送る
     
 

RANKING

  1. Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介

  2. Apple Watchのオシャレな女性向けスチールバンド10選【2021 最新版】

  3. 高級感のあるApple Watch保護ケースBEST20 【2021年 最新版】

  4. Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?

  5. Apple Watchの「ブレイデットソロループ」2ヶ月半使用レビュー。良い点・悪い点を徹底紹介!

  6. Apple Watchを抑えたのはあのブランド!「これから欲しいスマートウォッチブランド」ランキング

  7. スマートウォッチのブランド人気ランキング! 回答者424人が選んだ1位は?

  8. 見た目はアナログ時計が好き、でもスマートウォッチの機能が欲しい人へおすすめ!今話題のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

  9. 1万円以下も多数! 格安なのに高性能なバンド型スマートウォッチ10選

  10. Xiaomi Mi Smart Band5のウォッチフェイスを『鬼滅の刃』『名探偵コナン』『ドラえもん』やピカチュウに変更する方法

NEW CONTENTS

  1. 【Galaxy】のスマートウォッチにも来た!疲労度の目安になる血中酸素濃度測定機能を追加!!【Galaxy Watch3】にアップデート

  2. 話題沸騰!イヤホン内蔵スマートウォッチ「wearbuds Pro」予約開始記念プレゼントキャンペーン実施

  3. 【Apple Watch】や【Garmin】を猛追! 勢いに乗る中国・韓国ブランドのスマートウォッチのおすすめ10本はこれ!!

  4. 見た目はアナログ時計が好き、でもスマートウォッチの機能が欲しい人へおすすめ!今話題のハイブリッドスマートウォッチ7選!!

  5. 【自転車NAVITIME】クルマ通りの多い道を避けてナビすることが可能に!

  6. 血中酸素レベルが測定できるコスパスマートウォッチ『realme Watch S』日本上陸

  7. 自分のためじゃなく人のため。コロナ禍で“私は安心”を知らせる画期的なアイテム「リアサモ」って何?

  8. iPhone 12,Apple Wach,Air Podsを同時にスマート充電!MagSafe認証ワイヤレス充電スタンドがBelkinより登場

  9. 【Garmin】約34gのシリーズ最軽量&安価なゴルフ用スマートウォッチ『Approach S12』発表! ハンディ型『Approach G12』は2万円切り!

  10. 自宅のデスクにぴったりなのは23.8インチで高解像度のIPSモニター! LG「24QP750-B」がちょうどいい

TAG

タグをさらに表示