検索
         
  1. スマートウォッチライフTOP
  2. NEWS
  3. Apple Watchはカーナビ替わりになる? Apple Watchの純正「マップ」アプリを車のナビに使った感想

Apple Watchはカーナビ替わりになる? Apple Watchの純正「マップ」アプリを車のナビに使った感想

NEWS

2021.10.07

車のナビには何を使ってますか?

車の運転に必須と言ってもいいアイテムのカーナビ。

昭和の時代には全国地図を片手に(あるいは同乗者に道案内をしてもらって)目的地までたどり着いていましたが、平成の時代では紙の地図を車に乗せている人は少数派でしょう。

そして令和の今、カーナビももしかしたら徐々に過去の産物になっていくかもしれません。

なおネットリサーチ会社のマイボイスコムが行った『カーナビの利用』に関する2020年のインターネット調査によると自家用車での車載カーナビ機器の所有率は80%以上だそうで、車載カーナビ選びの基準としては、操作の簡単さ、地図のわかりやすさ、画面の見やすさ、情報の精度、、と続いていくそうです。

カーナビ付きでもスマホのナビを使う人が多い

それでは80%の人はカーナビを使い、スマートフォンのカーナビアプリは使っていないかというと実はそうではなく、車載カーナビを使用している人のうち10%弱の人は「ほぼ毎回スマートフォアプリを使う」そうで、「時々利用する」(25%)「あまり利用しないが使うことがある」(13%)を含めると実に半数の人がカーナビアプリと併用しているそうです。

車載の純正カーナビは新しい道路が開通した時などに、最新の情報が更新されていなかったり、目的地までのルートを遠回りに案内することがあり、併用する人が多数いるのだそうです。

※上記写真を含め、車内で撮影した写真はいずれも赤信号の停車中に撮影しています

人気のカーナビアプリはGoogleマップやYahoo!カーナビ、カーナビタイムなどですが、アップルユーザーであればApple純正のMapアプリを使う方もいるでしょう。

筆者は併用するならばGoogleマップ派ですが、Apple Watchをさらに併用すると便利さが増すとの情報を得ましたので、本記事ではその使用レビューをお届けします。

スマホのナビにApple Watchが加わると意外なメリットがたくさん

早速Apple Watchのナビを運転中も使ってみると、今まで知らなかった便利さが沢山あることがわかりました。

まず、Apple Watchのマップのナビを設定するには、iPhoneのマップアプリで目的地を設定しますが、この操作はカーナビで目的地を設定するのに比べてとても簡単です。

運転中などはSiriを使って目的地設定してもいいですし、目的地まで地図をスクロールさせてピンをタップすれば簡単にゴール設定ができます。

車での経路をタップして「出発」ボタンをタップすればすぐにナビがスタートします。


なおApple Watchには上記のような注意喚起のメッセージが表示され、

・到着予想時間
・現在時刻
・「マップ表示」の場合は現在地点の状況
・「ポイント表示」の場合は次に曲がる場所までの距離と曲がる方向

もそれぞれ表示されます。

Apple Watchをナビに使う意外なメリットとしては、「前方への視線をずらさずに指示が見える」ということでしょうか。

カーナビをじっくり見ようとすると、どうしても前方から目をそらしてカーナビ画面を数秒見つめることになります。

信号待ちしているような時はいいのですが、走行している時に2〜3秒前方から目を離してしまうと、前の車が急ブレーキをかけた時など、危なく追突してしまいそうな時があります。

そんな時でも、前方への注意と同じ目線で指示を確認できるのは安全です。

到着時間の表示もありますので、カーナビ画面を見る回数が格段に減ります。

また、曲がる場所や車線変更の場所で腕元への振動で教えてくれるので、過って通過してしまうことも無くなるでしょう。

意外と「この信号で曲がるのか、一つ先の信号で曲がるのか」が曖昧な時があり、そんな時も役に立ちます。

「もうここまで来れば分かった」という場所で終了ボタンを腕元で押せることも便利なポイントかもしれません。

使い勝手が悪い点といえば、「マップ表示がさすがに小さすぎて見づらい」ということと「いちいちバイブレーター機能で教えてくれるのはうっとうしい場合がある」ということくらいでしょうか。

バイブレーターは、本当に曲がる場所が曖昧な時は助けになるのですが、明らかに曲がる場所がわかる時は少し鬱陶しく、「LINEの通知でもきたのかな?」と勘違いしてしまうこともあります。

スマートフォンとの同期をさせない方法は

スマートフォンのマップアプリがあれば十分で、Apple Watchと同期させたくない場合は、設定から同期を解除できます。

車、自転車、徒歩と、ナビゲーションの種類によってオフにできるので、「自転車だけは外しておこう」とか「徒歩の時だけONにしておこう」というように設定できます。

今まで必要性をあまり感じずに、マップアプリを使用していませんでしたが、アップルの純正Mapアプリがどんどん進化していることに気づきました。

車載カーナビと併用して使用する機会がこれから増えそうです。

あわせて読みたい

Apple Watchの「マップ」と「Googleマップ」の違い&使い分け方
https://www.smartwatchlife.jp/25338/

Apple Watchの「マップ」ナビ機能は自転車移動で超便利!
https://www.smartwatchlife.jp/20610/

※本記事のリンクから商品を購入すると、売上の一部が販売プラットフォームより当サイトに還元されることがあります。掲載されている情報は執筆時点の情報になります。
     

関連記事


RANKING

  1. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  2. Google Pixel Watch 2とGalaxy Watch6を専門サイトが徹底比較! 勝つのはどっち?

  3. 「スワイプ」「フリック」「ドラッグ」「スクロール」の違い、説明できる?

  4. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  5. Galaxy watch6の「Classic」と「通常モデル」の違い8選【専門サイト解説】【選び方が分かる!】

  6. Apple WatchのSiriの誤作動を防ぐ方法。筆者は唐突に「ちんちん侍」と読み上げられ赤っ恥!

  7. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  8. Apple Watchに血圧センサーなどの健康機能が来年追加予定!? スクープが米国で話題

  9. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  10. オシャレな女性向けApple Watchバンド25選!【2023年秋冬版】流行中の「くすみカラー」「クリアカラー」のバンドも紹介

NEW CONTENTS

  1. ”3 in 1” iPhoneへの15W急速充電対応のポータブル充電器。Made for MagSafe認証で旅行にも最適な折りたたみ時たった2.6cm薄。デスクではiPhoneスタンドに。

  2. Garminの女性向け新作スマートウォッチ『Lily 2』に注目! ファッショナブルで機能充実なモデル

  3. Apple Watch Ultraの水深アプリを水深3.5mのプールで試してみた

  4. Apple Watch Ultraと8年前のGarminランニングウォッチをランナー目線で比較検証

  5. Xiaomi Smart Band 8と 8 Activeの違いを比較使用レビュー

  6. 歩数計測で役立つ加速度センサーって何? スマートウォッチやスマホに搭載!

  7. スマホにもスマートウォッチにも搭載の「ジャイロセンサー」って何?

  8. Apple WatchからSpO2(酸素飽和度)測定アプリが消える? 背後に特許権の争い。

  9. 【価格破壊】Xiaomi Smart Band 8 Active使用レビュー。3480円で性能抜群のスマートウォッチ

  10. Stravaで最人気のランニングウォッチはGarmin Forerunner 235(8年前のモデル!)と判明

TAG

タグをさらに表示